2019.04.30

「Scala-無限階段」「もう一人のメディア」「河鍋暁斎展」「芦屋ジャズフェスティバル」

「Scala-無限階段」「もう一人のメディア」10連休1日目@静岡芸術劇場

「Scala-無限階段」は、舞台の上に階段、上手に机と椅子が置かれている。男優、女優が、机に座流のだが、軟体動物のように重力で、下に流れて行く。階段の下に落ちては、風船のように舞台に戻ってくる。地面に身をゆだね、地面から重力の跳ね返しで、舞台に戻ってくるそんな感じ。これが延々とつづく。重力に任せたら気持ちいいだろうなと。野口体操ってのあるんだけど、そんな感覚かな。

「もう一人のメディア」二人の子をなしたイアソンの裏切りに、二人の子を殺すメディア。メデイアを復讐する女。殺害との間で葛藤する女の二つの人格に分けて描く。舞台、衣装、俳優の動作も簡素で、舞台脇では、パンソリ、ギターなどが音響を担当する。どこか、能を思わせるような舞台でした。

「河鍋暁斎展」(前期)兵庫県立美術館(連休2日目)暁斎が描く狂言の舞台絵っての見た記憶があって、行ってきました。で、舞台絵は展示されてませんでした。思い違いか?それとも、後期展に展示されるんだろうか。河竹黙阿弥の歌舞伎(洋装をした男女が出ている)。河竹黙阿弥も暁斎も江戸・明治を生きた人だったんだ。共済の蛙合戦は、幕府の長州征伐の絵だ。県立美術館、海辺にたっており、しばらく山側に登ると、「海抜3メートル」を電柱に書いてました。それにしても高層マンションが立ち並んでしました。

「芦屋ジャズフェスティバル」(連休3日目)関西では、この季節、高槻、茨木、東近江でジャズフェステイバルが開催されている。神戸にしばらく住んでたんだけど芦屋を歩いたことはないなーと、まずは、芦屋に出かけました。ルナホールというところで、女性ピアニスト高木里代子さんの演奏他を聞いて、クロードチアリさんを聞こうとしたが、会場は満席で立ち見のお客さん、うーん、無理と思って、散策して、大阪で牛タンを食べて帰る。

今日近所のジャズ喫茶に行くと、5月2日にお店である、ジャズ+タップダンスのライブに誘われる。

5月3日、4日は、高槻のジャズフェス、4日、5日は茨城のジャズフェスがある(4日は二つが重なる)。喫茶の客から、おすすめを仕入れて帰る。で、連休は、なんちゃってジャズ生活を送っています。

| | コメント (0)

2019.04.22

映画「多十郎殉愛記」「マローボーン家の家族」

「多十郎殉愛記」邦画 時代劇 殺陣ってな連想して見てきました。後半は、チャンバラのシーンが延々と続く。死闘。うーん満足。

「マローボーン家の家族」古い洋館にイギリスから逃れて住む家族。母と兄妹は、凶悪な父親から逃げている家族。母が死に、兄妹4人で世間と交流を絶って生活している。「鏡をみるな」「21歳になるまで家を出るな」などという掟を守っている。

長男と図書館勤務の娘との交流。電気の点滅(モールス信号)で会話する、兄と幼い弟vs司書との会話。家族と、司書が出会う骸骨のような形をした岩、「our histry」と題された絵物語。予想もしない結末。

近所のジャズ喫茶で、菊池康正さんのライブの前に楽器演奏者の個人レッスンがあるってんで、レッスン風景を見せてもらおうと行ってきました。トランペット、ギター等。もともと、私は、リズム音痴なんですけど、歩いてリズムを取る、足踏み、手、腰でリズムを取る、あーそうすりゃいいんだって、目から鱗。康正さんのアドバイス、一音の始めと最後で、音の大きさを変える、すっと音を落とす、最後は音が出なくて息が出てるだけってのも。

関西は、4月終わりから連休明けまで、高槻、吹田、芦屋、東近江で、ジャズフェステバルをやっていて、予定組まなきゃです。

 

 

 

| | コメント (0)

2019.04.07

「記者たち」「マイ・ブックショップ」「グリーンブック」

「記者たち」イラク戦争を巡って、大量破壊兵器を本当にイラクが持っているのか?これを理由に戦争を始めていいのか?大量破壊行為がないにもかかわらず、戦争の準備が始まって行く。ベトナム戦の二の舞になるんじゃないか?新聞社に記事を提供するジャーナリストが奮闘する。「タイムズ」紙は、大量破壊兵器が存在するとして、戦闘を正当化した記事をかいたことを戦勝終了後、謝罪している。

「マイ・ブックショップ」旧邸を買い取って、本屋を始めた主人公(未亡人)。この旧邸を芸術センターにするつもりであった、資産家夫人が、先を越され、主人公に色々嫌がらせをして、結局は本屋を追い出す。引きこもりの本好きの老人、彼は、夫人に掛け合いに行く。主人公の元で働いていた少女が主人公の志を受け継ぐ。ところどころで、ナレーションが入り、なんか、おしゃれな映画だった。

「グリーンブック」黒人ピアニストと彼に雇われた運転手。気位の高いピアニスト。乱暴で粗野な運転手。グリーンブックは、黒人のみが泊まれるホテルの案内書。黒人は、白人と同じトイレを使用できない、レストランで食事できない。という差別があった時代。黒人を差別していた運転手が、黒人の差別を怒るようになり、ピアニストと彼はうちとけるようになる。「記者たち」もそうだけど、アメリカって、すごいなっ思う。

 

| | コメント (0)

2019.03.31

「マスカレード・ホテル」@映画

なにもすることがないときは、映画をと。歩いて3分の映画館まで。で観たのが「マスカレード・ホテル」

長澤まさみがホテルの受付。木村拓哉が刑事。4つの殺人事件がある暗号で結ばれている、でも、それぞれ、は別々の犯人で、関連性はない。

原作 東野圭吾。キムタクは、いつもキムタクで、そこだけが不満かな(<だったらみるな)なんですけど。

盲目の女性客が出て来るけだけど、松たか子とは気がつかなかった。髪の毛で隠された顔は、樹木希林の若い頃に似てるなーなんて思って観てた(;;)。

自分の部屋がゴミ屋敷みたいになっていて、半日はものの整理で過ごす。ものの位置を変えると、あれって、次はいつものところにあるべきものがない(片付けたのだから当然だけど)で、それをどこにおいたか、探す作業が、、、、、、。

先週は、スマホを買い替えて、ここへアクセスしたかったら、暗証番号は?とか、聞かれる、、、、そんなの覚えてないっしょ(;;)。もう一度、前と同じように使えるようにするのに、四苦八苦してたし。これって、簡単にやってくれたええのになー。

友琵琶湖から海津大崎の桜を、何人かで、琵琶湖から出る船に乗って、眺めるんだけど、と、お誘いを受けたけど、その日は所用ありだった。

ジムで、ジョギイング(てっも時速4km)を先月から始めた。今日を外を走ったら4kmの距離を40分ほどで走れた。ってことは、時速6km。これなら、秋の市民マラソンに出られそう。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

映画

@「運び屋」クリント・イーストウッドがベトナム戦争に従事した退役軍人を演じている。彼が、麻薬の運び屋になり、大金を取得する。この運びを何回となく繰り返す。映画は、淡々と第何回めの運び、と表示される。いつかは捕まるだろうと、思いながらも、見ながら、やはり、ハラハラどきどきする。妻や家族とは疎遠になっている様子や、退役軍人会の仲睦まじい様子が対比的。

@「ROME/ローマ」1970年代のメキシコが舞台。家政婦と雇主の一家の日常が描かれる。家政婦と付き合っていた男性は、家政婦が妊娠すると行方をくらます。男性は、武術を学んでおり、日本の剣道を集団で学んでいる。韓国からの指導者が来るという会話があったので、韓国でも、剣道を学ぶ人がいたのだろうか。雇主の義母が、家政婦にベービーベッドを買うために店を訪れた際、外はデモ隊vs警察。突如デモ隊に襲いかかる団体の中に男性がいて、二人は一瞬の対面をする。このとき、家政婦は破水し、病院に運ばれる。雇主は離婚することになり、雇主の子供と母、家政婦で旅行し、海辺で、子らが溺れそうになるのを家政婦が助ける。と、いう日常を淡々と描いている。つい昔の邦画の趣がある。

@「天国でまた会おう」原作の小説は読んでいるんだけど、ストーリーは、あやふやになっている。でも、あれ、ここは、映画とは違うよな、って感じるところがあり、小説を読み直した。舞台は、第一次世界大戦とその後。どちらも面白っかったなー。「天国でまた会おう」は三部作で、これが第一部。本屋で第二部が出てるので、購入。これも文庫本(上)(下)と2巻ある。どちらも、「天国」の主人公の姉が第二部の主役。どちらも、大規模な詐欺が心地いい。

| | コメント (0)

2019.03.03

中島みゆき「夜会」20周年など

2月23日
元々は、渋谷「文化村」で10年間やっていて、その後会場が変わって、続けられてました。っても会場が代って時々開催されない年があって、やっと20周年。場所も結構いいところが取ってもらってます。
「テキーラを飲みほして」たって歌を石田匠さん(シンガーソングライター)が歌われてましたが、男歌で聞いても、この歌いいなーと思ってました。「野うさぎのように」みゆきさんが歌ってましたが、これもよかった。
カラオケ喫茶で、みゆきさんの歌を歌う人は嫌われてて、その原因が、一曲6分を超えるってな理由なのですけど。
上の歌なら3分程度のものだから、カラオケ喫茶で歌ってみるか(笑)

オペラ「ジークフリート」のゲネプロ鑑賞って機会があったんだけど、仕事が長引いていけなかった。平日に観賞するときは、1日仕事入れてはいかんなというのが反省。やなぎみわさんの「日輪の輪」も見損なったことがあるし、これで2回目。っても、もうじき毎日が日曜ってな日がやってるからーそれを楽しみに。

3月菅原直樹さん@oibokeshiのワークショップと講演@彦根文化プラザ
一度名古屋で、受けたことがあるのだけど面白かったので、もう一度。ワークショップの参加者は25人ほど。内男性は、5人。演劇で使われる、ゲームなどの後、認知症の人の介護を行うワークショップ。
認知症の人を、元の患う前の姿に戻すのが幸せか、そのまま受け入れるのがいいのか。認知症の人の誤りを正すのがいいのか、それとも受け入れるのいいのか。受け入れてしまうと、さらに認知の度合いが進むのではないのか?

「yes and」(自分の感情を抜きにして)相手の言葉を受け入れてみる。看護者「お昼ご飯の時間だから行きましょうね」
患者「わしぁ熊本へ行きたいんじゃ」看護者「熊本までいけませんよ」患者「知人が待っとるんだ」看護者「とにかくご飯ですから」、、、、、ってな会話。これより、一度受け入れて見て看護者「どなたが待ってるんですか」「それはあって話をしたいでしょうね」「でも、今から行くにしても、お腹すくからご飯食べてから」ってん流れにした方がいいのではないか。
それぞれ、看護者、認知症患者になって、体験してみました。
患者を体験して、私「あれ、したいことが思い浮かんでこない」??

看護者「おトイレいいですか」私(患者)「トイレも窓から外へ出たいだけど、手伝って欲しい」ってのが精一杯。うん、イメージが飛躍せんな(;;)

この間読んだ本に「インプットよりアウトプット」が大切って書いてたんだけど。今までは、逆だったしな〜。

見た映画「12人の死にたい子どもたち」(連続TVドラマ「派遣の占い師アタル」観てますが、その杉咲花さんも出てました) 「七つの大罪」(野村萬斎)どちらも面白かった。「サムライマラソン」(以前見た、「ジャズ大名」と同じく江戸時代末期。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019.01.19

2019.1.19 備忘録

@「源氏物語」(語り 紺野美沙子)
  中井智弥(二十五絃箏)、相川 瞳(パーカッション)
  二人の演奏があって、25弦で奏でる事、とパーカッション、これが面白かった。
  語りは、現代語訳でのもので、文語体で聞いてみたい。
@「有頂天団地」
  渡辺えり、キムラ緑子、久世星加、笹野高史他
  笑いっぱなしの舞台でした。開演時間と、開場時間を勝手に間違えて焦りました。
  緑子さんとえりさんのあれは、絶対にアドリブで繋いだなってなとこもあったけど本当はどうなんでしょうね。
@映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
  吉田羊さん出てるってんで、みて来ました。映画館では2回上演してるんで、7時20分の回を見ようとしたら、昨 
  日から朝9時20分からの一回上演になってた。今日の朝いて来ました。うーん、主人公の語りが状況説明の入  
  る映画でドラマ感がなかったかな?
@「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」
  脚本にトム・スットパード(舞台アルカディア、 コースト・オブ・ユートピア、等の台本を書いてます)。
  オランダの富豪と結婚した孤児院出身の女性の物語、オランダの17世紀のチューリップ・バブル時代のアムステ
  ルダムが舞台。富豪カップル、メイドのカップルの「妊娠とりかえばや」物語。ハラハラドキドキしてみてました。 
  チュリップの球根は、修道院で、作ってました。修道院の孤児院では、結婚の相手も斡旋してたんだ。
  この時代のイギリス、オランダを舞台にした映画でみると、ついつい、日本の時代と比べてしまう。日本の方が環
  境は清潔な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.04

2018.12月備忘録

燐光群『サイパンの約束』@伊丹アイホール
渡辺美佐子さん他 戦前には、サイパンに日本町があった。沖縄から移住した人が多かった。街並みが綺麗で。
サイパン、朝鮮、満州 日本人は活動していた。戦争させなければ。燐光群の舞台も長いこと見てなかったな。

「女の一生」@文学座 名前は聞くものの初めてです、女の一生。こちらも戦中、中国貿易で栄えた一家。

「スカイライト」@蒼井優、浅野雅博、葉山奨之の三人。舞台にいるのは、蒼井優vs浅野雅博 蒼井悠vs葉山奨之の二人。
上演時間2時間半、膨大なセリフ劇。お芝居をみたって感じが残ってる。

この間に忘年会を3つほどこなして、調子が悪い、熱があると思って医者に行ったらインフルエンザ。今までかかったことがなかったのに(;;)。
体のことも考えないとですわ(っても、アルコールが原因の不摂生がたたったんでしょうね、きっと)アルコール控えてたんですけどね。

正月が来て今は元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.26

ソウル市民・ソウル市民1919@青年団他

以前、観たことがあるんですけど。あれっ、台本がかわってるのかな。それとも、おいらの記憶がいれちがってるのかな??
ソウルで、生活・商売をする篠崎家の日常ってかある日の一部がえがかれてます。
そのうちの1919の方は、朝鮮独立運動の弾圧があった日なんですけど。そとで、何があったのか、家族、訪問者もたしかめもしない。
1919の方はでもどりの篠崎家の主人の妹が、日本での小作の悲惨さを嘆いているのに、訪問してきた、妾の兄弟に「妾の子」と差別的なことをいっている。

前にみたときより、面白かった。

@仲間で、二胡とか、マンドリンとか、べりーダンスとか、フラメンコとかギターとかやっている会(年2回ほど)があり、琵琶の演奏付きで「那須語」をかたってきました。
は前回の会で、琵琶の先生に、「語り」とコラボやりませんかってなことから、始まったものですが、琵琶をバックに語ると、気持ちがよかった(^^)

@「母と暮らせば」@こまつ座
出演者 富田靖子・松下洸平
「父と暮らせば」、は父と、娘だったが、、
「母と暮らせば」山田洋次監督作品を、畑澤聖悟が脚本担当。これは、母と息子バージョン。
父と暮らせば、バージョンでは、亡霊は、父だったが、こちらは、息子が亡霊
井上ひさしさんは広島、長崎、沖縄の戦争悲劇を構想されていたのが、こうして実を結んだんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.11

狂言@船渡婿(ふなわたしむこ)・小傘(こがらがさ)

野村万作・萬斎 狂言公演

船渡婿(ふなわたしむこ) 野村裕基 野村万作
初めて祐基をみました。背は高いし、凛々しい。
婿(裕基)が舅(万作)が魚と酒を用意して挨拶に行こうとして、琵琶湖湖畔の矢橋から船に乗り、舅の家まで行こうとする。仙道は、婿とは知らず、酒を飲ませろ、と、船を揺らしたり、止めたりする。婿は、しょうことなく、酒を飲ます。
船頭は、家に帰って、酒をねだった男が婿だと知って、自分の髭を切って対面するが、バレてしまう。

小傘(こがらがさ) 僧 野村萬斎 新発意(しんぼち)深田博治
村に僧堂を立てたが、僧がいない、街道で、僧をリクルートしようとしている。そこへ、博打で食い詰めて僧になった主従が通りかかる。僧を迎へ法事が始まり、村人ら五人らが願い事をし、施物をおく。
僧は、小傘とい小唄(昨日見た、こがらがさ、今日は   うーーん、よく覚えられなかった)をお今日のように唱えて、村人らが、唱和している間に、施物を持って、遁走する。この小唄の文句を忘れてしまった(;;)
大蔵流の狂言に「小傘」はなかったような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.05

小さなエイヨルフ、山中千尋のジャズ、ビブリオ古書堂@備忘録

@小さなエイヨルフ  ピッコロシアター
 鵜山仁(文学座)×ピッコロ劇団 作イプセン
 妻と夫、夫と妹、の恋愛感情のもつれ、息子の死
 心理劇というジャンル

@「大人の楽しみ方24」山中千尋・ニューヨークトリオのジャズ。琵琶湖ホール
 「エリーゼのために」をジャズ風に弾いたり、ベートーベンとかを、セロニアス・モンク風に弾いたり。そもそも、元歌  
が聞いたことがなかったことにするんで、そっちの方は、楽しめなかった。八木節をジャズになんてのは、面白かった。
 
@「ビブリオ古書堂」*映画
 文庫本が8巻ほど出てて、それぞれ、本をめぐる物語なんだけど、「晩年」@太宰治、「それから」@漱石を扱ったものなどを、扱っている、ということは、シリーズ化しないのかな(;;)。

今月は、毎週末は、劇場にいるし、小さな喫茶店で、琵琶の演奏する方と、「那須語」を演じることになっていて、その稽古もしなきゃだし。
いつもは、フラメンコとか、フォークだとか、琵琶演奏とか、手品とか、それぞれの芸を披露している会合なんですけど。琵琶の演奏家ともりあがって約束しちまったおいらが悪かった。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.10.24

「竹取」@びわこホール

現代能楽集Ⅸ『竹取』竹取物語
マイムの小野寺修二さんが演出。台詞は、平田俊子。出演 小林聡美、貫地谷しおり他。
能と同じく、みんなが知っている物語をどう表現するかってな舞台でした。

天井からタレさっがったヒモを効果的につかってました。後、小道具は、畳にも見え、扉にも見える板2枚くらいかな。
基本は、マイム。おもしろかった。

備忘録
大津ジャズフェスティバル(10月15日)高原かな(VO)のみ来てた帰ってきました。なんか、昨年までより、規模が小さくなったみたい。

岡山へいってきました(10月10日)なにげに、新幹線の岡山駅で食べたランチの寿司、これがおいしくて。
(海に面してない,滋賀にすんでると、面している県の海鮮物がうまい)、
岡山城、後楽園をあるく(早朝だったもんで、お城の天守閣にはのぼれなかった。
駅で、自転車をかしてくれるので、駅から自転車で。
いつも、お城をみると、彦根城と比べてみる癖がついてて(笑)、はい、彦根城より大きかったです。後楽園も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.07

日日是好日@映画

茶道修行の物語

樹木希林、黒木華、多部未華子さんら見たさに行って来ました、習ってれば、自然の移り変わり目とかに敏感になるんだろうな、って気がする。でも、茶事に参加するための、着物揃えるの大変だろうな。

畳の縁を踏まない(これって、畳の張替えのときに、稲部分より、布部分が高いので、この部分が痛まないようにしてるんちゃうか、とか、茶碗を見るときには、体を屈めて両手を持つのも、落としたときに、茶碗が割れないためとか、柄杓で、まず口をすすぎ、手を洗い、最後に柄杓の柄に水を流すのも、水の有効活用ではないかと思ってるんですけど、どうなんでしょ(^^)。

樹木希林さん、茶道の師匠、あーこんな感じだろうなって、思って見てました。黒木華さんの「ビブリア古書堂」が見たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日この頃

終活だとか言って本の整理を始めた友人。古本屋さんに、本を取りに来てもらったとか。文学全集とか辞書とかのケースに入った本は引き取って、くれない。売れないから、というのがその理由らしい。マニア向けになるんだろうな(;;)
おいらも、本の処分しなきゃ、なんだけど。
この間、「ビブリオ古書堂」黒木華主演で映画になってるってんで、小説買って、読み始めた。全巻7。揃えて売ったほうがいいか、ってな、理由をつけて、全巻買って読んだ。ブックオフ、いくらの値段つけてくれるかな(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.29

20018・9・29 備忘録

⭐️イッセイ尾形「妄ソー劇場」(文芸カバーその2)
ゴリキー 外套 横光利一機械 川端康成ー淺草紅団 
太宰治ー斜陽

歌手がカバー曲を歌うみたいに文芸をカバーすると、、、ってな趣向
斜陽は、東北のバーで、ママがギターを持って前座を務め、白百合、学習院、神戸女学院出身のアルバイトが、北国キャンディーズってな趣向。で、演じているのは、バーのママのみ。ギターを持って、自己の栄光と没落をテーマとした歌を歌う。この歌の中身が面白かった。
機械は、劇薬を扱う業者と労働者、「近所からサリン作ってるんじゃないかって言われる」「だれかが、漏らしたんじゃない?」ってな感じで始まる、シュールなお話。
淺草紅団は、仮面(鼻から下がない仮面)を利用してそれぞれの人物を、紙芝居のおじさんが、語り演じるってな話。

昨年から始まったシリーズらしい。来年も楽しみ。

⭐️映画「散り椿」文庫本読んだし、映画ならどうなるかな〜って見てきました。やはり、小説だと長い話が省略されてる。そりゃそうだな。ストーリーが本は、登場人物のキャラが書き込んでるけど、映画は、主な人物外のキャラが省略されてるわな〜。

⭐️「ビブリオ古書店」黒木華主演の映画を見る前に読もうかなと。本に関するマニアックな知識、あー、そうだったの、えっ、そんなことあるのってな知識が披露されている。読んだら忘れてしまってます(;;)
映画を楽しみにしてます。

⭐️「食べる女」(本)小泉今日子がよかったんで、どんな風に書かれているのだろうと。短編集ですが、沢尻えりか、ユースケ・サンタマリア、壇蜜、前田敦子、広瀬アリス、シャーロット・ケイト・フォックス、が演じてたってな、人物は出てくるんだけど、小泉今日子、鈴木京香が演じてた人物が出てこない。うーん(;;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.09.23

義経千本桜のうち〜「道行は常の旅」「川連法眼館」 能「景清」

歌舞伎の義経千本桜、宙吊りで、狐が出て来る場面何回も見てるんだけど、なんで、狐が出るんだろう、って思ってたんだけど。
アーァ、こういう物語なんだと<今頃遅い

歌舞伎に清元、浄瑠璃が出るんだけど、聞いてても、ほとんど、わからない。最近の能の舞台では、謡の本文を印刷してくれているので、歌舞伎もそこだけ書いてるものを欲しい。
イヤホーンガイドを聞いてましたけど。

主演は、片岡愛之助さんだったもんで、入り口近くで、藤原紀香さん見えてました。


そういえば、9月15日野村四郎さん(万作さんの弟)の「景清」をみてる。
娘が閉じ込められている、景清に会いに来るが、景清は、ほかを探されたらと追い返す。娘は他を探しているが、さっきあったのが景清と知る。土地の人に連れら、景清にあうと、景清は、屋島の戦いで、源氏方の三保谷四郎と戦った有様を語る。という物語です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«日常生活この頃