« スクリーンの中の戦争 | トップページ | 母音発声練習 »

2005.03.26

邯鄲

シンクロニティ(共時性)なんてことを久しぶりに思い出したら、今日の「羽衣」@謡の稽古で、「のうそのころもは、って、ちゃんと、口をあけて謡わないとあかんやろ」って注意されるし、「邯鄲」のシテ謡いの「めぐるやさかずきの♪」は、「め・ぐ・る・や、、、」って謡わないとと注意される。
で、喫茶店で「時の光の中で」@浅利慶太@文芸春秋読んでたら、劇団四季の発声訓練は、一音一音をはっきり発音し、客席にとどけるために、母音だけで発声する訓練をしてるって書いてある。
で、「のうそのころもは」を母音に直して「お・う・お・お・お・お・あ♪」と発声練習してみる。うーん、「お」が多い、謡いだったんだ(^^ゞ。
邯鄲は、羽根扇するところがあるんだけど「ずっと、扇は動いていなければ」と注意され、師匠がやって見せてくれる。師匠きれいですね、扇の使い方!って誉めたくなる(^^ゞ。今日は全然足が動かなくて、なんでだろ、なんでだろ、状態。右からださなきゃいけない足が左からでたり、つぎどっちからだっけと迷ったり。なんか変、今日は。
それと、謡と動作を併せるのは、動作が終了し、次の動作が始まるところを「要領よく」間を空けたり、のばしたりしてやるんだ、と教わる。謡いがたりないので、途中から急いで歩いたり、のびてるので、そこだけゆっくり歩くのはいけないんだ、なるほど。と、感心。

「時の光の中で」では、佐藤首相退陣の際の、TVだけの会見の裏話とか、小澤征爾のN響との事件(N響団員が小澤の指揮を拒否)の解決の裏話とかがある。やっぱり仕切りは必要なんだと思う。N響の事件を、N響団員対生意気な小澤っていう構図から、NHK巨大組織対小澤いじめという構図にもっていって解決する。演出ってのはこういうときに必要ですな〜。
離婚事件で「家事も育児もできなかった妻」って構図から「義母が取り仕切っていて育児も家事もさせなかった」とい構図をつくり、争うってのと似てるか(ちがうか(^^ゞ)。

|

« スクリーンの中の戦争 | トップページ | 母音発声練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094555

この記事へのトラックバック一覧です: 邯鄲:

« スクリーンの中の戦争 | トップページ | 母音発声練習 »