« 消費社会 | トップページ | クライシス・オブ・アメリカ »

2005.03.30

将門、走れメルス等

この間、友達と偶然出会い、友達は走れメルスを見て、将門をみてない、私は、将門をみてスルメをみてない、ってので、お茶しました。
二人とも、去年以来で、一番印象が残ってるのは「SHIRO」だった。
で、会話。
相方「将門どだった?」
kuma「うーん、おいらは70年代ひきづってんなら、もうちょい、なんとかしてほしい、ものたりない」
「で、どだった、メルス?」
相方「うーん、やっぱし、あつかってる時代が古いって思ってた」
kuma「でもさ、野田さんとか、蜷川さんだと、緊張してみるよね。あれ、なんだろう、とか思っても、なんか深い意味があるってみてしまってるよね~」
相方「そうそう、なんか、きちっと椅子に座って見る感じ」
共通「知らない作者、演出家で、なんだこれっって見て、え、えっ、これ何でこんなに面白いの、惹かれるのって芝居が見たいよね」「そうそう、黒澤明だって、最初は、娯楽映画つくる人だと思ってたよね^^;」
相方「夢」あたりから芸術家になったら面白くなくなったよね」
kuma「私はいつごろからみなくなったろ?」

と会話を終わる。

|

« 消費社会 | トップページ | クライシス・オブ・アメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094560

この記事へのトラックバック一覧です: 将門、走れメルス等:

« 消費社会 | トップページ | クライシス・オブ・アメリカ »