« 能の大衆性 | トップページ | 寄席の世界 »

2005.03.12

田村

2日ばかりの付け刃の自主稽古で稽古にいったものだから、調子がとれない(^^ゞ
「ここは強吟やから、あらけなく謡わないと。。。」師「あらけない声はあってるんやから。。。」うーん、そうだったんだ。
で、やはり謡は自主稽古していかないとあかん、声ができあがってない。できあがるちゅうのは、毎日舞台でてる役者さんが声がかすれてる状態ににてるかな(^^ゞで、さぼりすぎたし、また、さぼるかもしれんので、舞台は「田村」ではなく「羽衣」にきまる。がんばります。
仕舞は、手に力がはいったりしてる、師匠みたいに、ふっと手を出してそれで決まってるちゅうところを見習いたい。師匠が一緒に動いてくれてはるから何とかなってるけど、ひとりでってなると、できるかな??

「膏薬練」@狂言は、いよいよ、こまかな動作のチェックがはいってくる。半歩ひいて体を半身にして台詞を言うところとか、指折るところの指定とか、うーん、チェック状態を抱えて、金縛り状態。これは、相方がぎっくり腰で、入院したので、舞台にかけるのが伸びたので、たっぷり稽古できそう(^^ゞ

|

« 能の大衆性 | トップページ | 寄席の世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094546

この記事へのトラックバック一覧です: 田村:

« 能の大衆性 | トップページ | 寄席の世界 »