« ロング・エンゲージメント | トップページ | 瀬戸内海にイルカ »

2005.03.21

ロングエンゲージメント

気になってもう一回見に行きました。人物が多少複雑でして、あれぇ〜ってのがあったもんで。でも、よくできた映画でした。
ヒロインが少女のころ恋人から最初にかけられた言葉が、記憶喪失になった恋人に会いに行ったヒロインにかける言葉と一緒だったり、郵便配達員が、家に郵便を配達にくるのに砂利を蹴散らしたり、砂利がなくなったので転んだり、最重要な手紙を届けるときは、家の中まで、自転車で入り込むとか。
出てくる女優さんもみな魅力的だったし。。。恋人の死を聞いたヒロインが涙を流さないので、叔父が話しかける言葉がしゃれてたり「話したらどうだ、言葉は涙の堰をやぶる」(たぶん本当の台詞はちがうのですが、うろおぼえです)とか。で、この場面を印象つけておいて、ヒロインが涙を流すのはラストで、ヒロインが恋人に会うまでとってあるとか。
戦場のシーン、パリの戦後の闇市状態、1920年代風の建物、汽車、駅とか、もよかったし。

|

« ロング・エンゲージメント | トップページ | 瀬戸内海にイルカ »

コメント

`きゃぁ! 初めまして(ソワソワ)
でもね、トラックバック出来てないよ

投稿: b | 2005.04.03 22:29

戦場シーンが怖くて2度は観にいけそうにありません。現実的かつきれいな描写だったと思います。私のブログにコメント(トラックバック)ありがとうございました。

投稿: 徒然草 | 2005.04.09 21:18

はじめまして。
私はDVDで見ましたがとてもよかったです。
映像もセピアっぽくてとてもきれいでしたよね。
TBさせていただきました。

投稿: RAKKO | 2005.08.17 22:42

>RAKKOさん
こんばんは。謎解きの物語と、愛情+自分を信じてなぞをといていく強靭+可憐な主人公が魅力てきでした。

投稿: 悠 | 2005.08.17 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094552

この記事へのトラックバック一覧です: ロングエンゲージメント:

» 「ロング・エンゲージメント」 マトルドの気持ちになって [映画の話をしませんか?]
3つの要素がからみ合い僕には非常に良い作品に思えました。 一つが戦争の悲惨さ、そ [続きを読む]

受信: 2005.03.23 23:22

» 直感と第六感 [編む…アム…Machine…織る…Weaving]
三年前の映画『アメリ』のトトゥが確固たる自信貫くレディになって登場した。今回は『... [続きを読む]

受信: 2005.04.03 22:43

» ロング・エンゲージメント [Letra de la brisa fresca]
昨日、借りた「ロング・エンゲージメント」を見ました。「アメリ」で手もかわいい女性を演じたオドレイ・トトゥ主演の最新作。(だと思う)お話は第一次世界大戦の頃、恋人が前線で死亡したと通知を受け取った主人公マチルド(オドレイ・トトゥ)が恋人マチネの生存を信じていろいろ... [続きを読む]

受信: 2005.08.17 22:34

« ロング・エンゲージメント | トップページ | 瀬戸内海にイルカ »