« 岡本喜八監督作品 | トップページ | 現代短歌そのこころみ »

2005.04.30

「ロベール・ドアノー展」

写真展。何必館@京都。何必館は、おいしんぼ等ででてくる北大路魯山人の常設美術館。
八坂神社で、狂言の素人会をしている、見に行ったついでに、ふと、よりました。パリの人々の日常を切り取った写真。
街頭で、周りを気にせず、キスしている恋人たち。
美術館で、老夫婦が、作品をみている、婦人は、作品の感想を述べている、聞いている連れの夫の目線をたどると、別作品の裸婦のお尻。
カウンターでほほずえをついている男を書いた作品をまたに挟み、絵の中の男とむかいあってほほずえをついている男。

ピカソの前のテーブルには、ピカソの手のようなパンが置いてある。
写されているパリの老人たちは、おしゃれでかっこいい。帽子、コート、職業服。
戦後直後にとられた子供たちの写真の中のこどもも、ため息がでるほど、おしゃれ。
多分、ドイツ兵と戦うために、街に瓦礫をつみあげるついでに、アスファルトのような道路をめくる人々 題名はたしか、パリをめくる だったかな??

たま、たま、入ったんだけど、よかった。

http://www.kahitsukan.or.jp/doi.html

|

« 岡本喜八監督作品 | トップページ | 現代短歌そのこころみ »

コメント

昨日暑い中、市中引き回しの刑ならぬギャラリー巡り。
何カ所か行きましたが西利まで行ったのにお向かいへ行くのを忘れた。
某所でされていた先生にこの間はお出で頂きましてありがとうございますと挨拶したら、え、どなたでしょう、コンタックスサロンで、ああ、たまたまよっただけですよ。
ほんなもん偉い先生が私の写真を見に来るわけないじゃん、ギャラリーの担当者と長い時間話し込んでいて帰りがけにざっと見て行かれただけ、今度ここでやりますから見に来て下さいと声をかけていかれたし、見に行かないのも失礼かなと出かけたが。
もうちっと他の言い方できんかなあ、もう後が続かなかった、とここでぼやいてもしょうがないけど。

投稿: かと | 2005.04.30 10:37

「どなたでしょう」「コンタックスサロンで。。。」「ああ、たまたまよっただけですよ。」
ほんと、「見た感想ぐらいいえんのか!」って思いますよね。そりゃ、何必館へよられた方が、、、、(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2005.04.30 11:57

はじめまして。
トラックバックありがとうございます。

ドアノーの作品、ほんに楽しいですよね。
「パリをめくる」…時代背景知らなかったので、そういうこととは露知らず^^;
ただ、当時の土木工事の風景を小洒落ていうとこうなるんだ…笑。。と微笑んでいた私でした・苦笑。

投稿: ちや | 2005.04.30 17:30

そういえば、先日、ドアノーのあの有名な、
「市庁舎前のキス」の写真が、約2100万円もの高値で
落札されたというニュースが。。。
たしか年配のご婦人だったような。。。
今、京都で開催中なんですね。

投稿: アゲハ蝶 | 2005.05.01 09:24

>ちやさん
ほんと、洒落てますよね。おフランスは、そうみえますもんね(^^ゞ
>アゲハ蝶さん
その新聞記事がどこかに頭にあったので、よったのです^^;被写体となった方、ご婦人の方が新聞にでてました。撮影当時は、演劇学校の学生さんだとか、紹介されてたようね気がします(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.05.02 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ロベール・ドアノー展」:

» 「ロベール・ドアノー展」 @ 何必館 京都近現代美術館 [日々あれこれ@WebryBlog]
新学期始まって、何かとバタバタしてて煮詰まり気味だったこの頃。 心の栄養補給にと京都・河原町まで。 [続きを読む]

受信: 2005.04.30 17:31

» ロベール・ドアノー展 [ばっちゃんのぐだぐだ]
22日までと聞いてあわてて出かけた。 京都八坂神社前の可必館。 パリの町から出たことがないという、ドアノーと撮られている人々との揺るがない信頼関係。 安心しきって撮られている。 どの人も屈託のない笑顔、表情豊か。 いたずらっ子、恋人達、タバコの煙をくゆらすソフト帽の紳士。 ナイフを下げた肉屋の親父もよかった。 パリの風景もしっかり写っていて。 たくさんのものを見、たくさんのことを聴�... [続きを読む]

受信: 2005.05.21 09:05

« 岡本喜八監督作品 | トップページ | 現代短歌そのこころみ »