« 国家の罠 | トップページ | 同時代としての短歌 »

2005.04.13

短歌その形と心

馬場あき子著 日本放送出版会 1990刊
短歌を読んでないよね〜ってんで、探したらあったのがこの本。
短歌は、
 たっぷりと真水を抱きてしづもれる昏き器を近江と言へり
たっぷりと真水を抱きてーーーうん??「水を抱く」まーま、女性が枕をだく、枕が水とイメージしよう。
昏き器をーーーー水が入った器のことだったの(^^ゞ
近江といえりーーーみずの入った器が近江=琵琶湖が真中にあるのねぇ
         近江は逢う身、、、恋人に逢う前の姿
と読んでいくと、イメージが転換する、このイメージが重層的に現れる、といおもしろさがある。

もうひとつ、
 「薄情」という美しき文字をゼッケンとして再逢はめやも
美しき「薄情」ーーーえっ、薄情って美しいの?
ゼッケンを胸にーーーえっ、そんなのつけるの?
再逢はめやもーーーーえっ、ゼッケンつけてだれにあうの??
全体が何かを暗示している、暗喩となっているこの歌、何故感動するのだろう。
意味をたどると、私は薄情だったよ、昔、でも、そのころ、薄情な私にであった人に、私は薄情だった、と言ってでも逢いたい。。。
こういう心情に、何故かこころの琴線がひびくのである。<<<<薄情者!!お前は(^^ゞ

山崎方代の歌  母の名は山崎けさのと申します日の暮れ方の今日の思いよ
     (馬場さんの解説で、傾城阿波鳴門の「父の名は阿波の十郎兵衛、母の名は、、、」を意識しているという)うーん、そうか。イメージが重なるほうが面白いよね(^^ゞ能の詞章なんぞは、全部、和歌からの文句から、5、7,とか抜いて作ってるんじゃないかって思うときもあります(^^ゞ。
馬場さんが習ってるのは、確か、喜多流だ。

|

« 国家の罠 | トップページ | 同時代としての短歌 »

コメント

近江は逢う身、そうかあ。
意味深なんやね。

投稿: かと | 2005.04.13 21:33

>薄情だった、と言ってでも逢いたい

琴線にふれたの?どんなぁ~~


----悲しみを見せられないからよけい悲しい

投稿: b | 2005.04.13 21:34

かとさん、急がしいのやから、こんなとこで油売ってていいの(^^ゞ
>悲しみを見せられないからよけい悲しい
そか、bさんは、悲しいも、うれしいも、みんなわらっちゃうんだよね<<!!

投稿: 悠 | 2005.04.13 22:10

>悲しみを見せられないからよけい悲しい

>悲しいも、うれしいも、みんなわらっちゃうんだよね

どっちも切ないね。

投稿: かと | 2005.04.13 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094568

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌その形と心:

« 国家の罠 | トップページ | 同時代としての短歌 »