« 真夜中の弥次さん喜多さん | トップページ | 「短歌」 »

2005.04.17

たそがれはまだ早い

アートン刊 関節夫歌集。作者は1949年愛知県生、歌人・コピーライター、佐々木幸綱主宰「心の花」会員とある。

「心の花」は、サラダ記念日の俵万智もいたところ。って、わけでもないが、口語短歌。(岡井隆、斉藤史さんも口語短歌つくってるからな)。

バブル後、路上生活者をしていたと書かれているとおり
「啄木は10円なりぬ宮部みゆき100円なりて我の飢え満つ」とかの歌もあり。

「過ぎ去りし時は戻らぬと知りしもああ女々しきは3日目のワイン」
哀感を歌った歌には、私がいいな~と思う歌がある。

たけだけしい、男歌は今はやらないんだけど、
「久しぶり革命戦士と出会えば角材の手がキーボード打つ」
って風のだけは、同時代人としては、いやだなと思う。一言いう。
私たちは(私は)、あの時代で、「革命側に属しているから価値があり、保守側だからダメだ」と考えは間違っているという認識を、いろんなバカな、無駄ことをしながら手に入れた。
日常なにげなく生活していくことに価値があり、その生活にとどかない思想なんて価値がない、そのことだけは、手に入れた。今、思い出しては、ぎゃって叫びたいことがあったけど。

って、不真面目なことを書いてるやつが、急にまじめなことを言い出したら、「眉に唾を」ってのは、私の一言にも当てはまりますが(^^ゞ

|

« 真夜中の弥次さん喜多さん | トップページ | 「短歌」 »

コメント

君は昔時計台の勇者なりや穏やかなダブルの背広よ

投稿: かと | 2005.04.18 00:42

アルマーニ似合う体に戻したし(笑)

投稿: 悠 | 2005.04.18 06:20

太めに似合うアルマーニもあり

投稿: かと | 2005.04.18 08:48

ニューヨークへ行った松井選手はアルマーニが似合うようになったとか。確かにあか抜けしてきましたね。体型だけでなくプラスα なんでしょうね。服装に無頓着な野茂選手も悪くない。 何の話したかったのか・・。

投稿: びわ | 2005.04.19 01:05

写真展無事終わりました。
遠いところを見に来て頂いてありがとうございます。

太めだったか確信無し。
もっとゆっくりしていって欲しかったのですが
残念でした。
またいつかお話したいですね。

投稿: かと | 2005.04.19 03:46

>びわさん
ただねぇ、日曜日のスーパーでみかける、普段着のお父さん、あーこの人、スーツきてるよね、って、普段着なのに、スーツ着てるみたいな体の人っていますやろ。あー気をつけなきゃっておもいますねん。って何の話だったか(^^ゞ
>かとさん
また、どこかで(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.04.19 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094572

この記事へのトラックバック一覧です: たそがれはまだ早い:

« 真夜中の弥次さん喜多さん | トップページ | 「短歌」 »