« インファナル・アフェアⅢ | トップページ | 日本文学史早わかり »

2005.04.23

SHALL WE  DANCE ?

日本版のリメイクなんだけど、日本版みてないのです(^_^;)。
そういやぁ、インフェルノ・アフェアもリメイクされるそうだ。

最後の夫婦愛を強調するところが、ながすぎたかな〜と思うけど、面白い映画でした。 ジェニファー・ロペスが、教えた通りにおどるリチャード・ギアに、ダンスは感情を込めて踊るんだ、「たとえば、彼女が引き戻すほどいとおしい」と「こちらに引き寄せる」等と教えるところ、や、ロペスとギアが、ギアが競技にでる前夜1時間だけ、「感じたままに、踊って」と行ってレッスンを行うところが面白かった。

あ、そうか、ダンスは、官能を観客の前で、芝居と同じように演じるものだ、って、当たり前のことが、私にやっとこさ、理解できた。そうだったのか、言語化できるのか、と、ダンスを見る目の「うろこ」がおちた感じです(<もっと、はやく気付け!ですが(^_^;))

カラオケの台詞入りの歌の台詞を言うのを恥ずかしがる人が多いが、ダンスを踊るのをはずかしがる人が多いのは、この「演じてる」ってとこからくるかもしれない。

PS 「コンスタンティン」は、悪魔・神・エクソシストが争う活劇がおもしろかった。
で、当分見たい映画がなくなった(^_^;)

今日のお稽古。舞台の日を間違えてて、リハーサルを除くと、稽古日は、後2回(3回あると思ってた。素人にとっては、この1回の読み間違いが致命的に痛い^^;。もう一人の新人さんの稽古もみたけど、この人は、どこかで習ってたな、おぬし,やるな。っていうほどうまい。残念(^^ゞ。
今日も「羽衣」の「ゆくへしらずも」の「し」と、「舞うとかや」の「と」の音がでない、何回もまちがってる、どうも、半音低いらしい、これが舞台までに、なおるかどうか(;_;)

|

« インファナル・アフェアⅢ | トップページ | 日本文学史早わかり »

コメント

社交ダンスは特別な人しか出来ない日本だから受けたのでかはありませんか? 
欧米ではダンスはできて当たり前の世界なのかと想像し リメイクにするのはどうかと思っていましたが 違うようですね。

どこかでダンスは人を一番解放することが出来るとききました。音楽に合わせ体を動かすと 何よりリラックスできるそうです。長い船旅ではダンスパーティーが開かても 恥ずかしがり屋の日本の男性は難しいそうです。

投稿: びわ | 2005.04.24 23:03

>恥ずかしがり屋の日本の男性
女性は、大丈夫なの?素のままの自分ってのでいるのがいいみたいな感覚があって、演じるって感覚(これは、別の人格を演じてるんですよ)ってな感覚が、ないのが、原因かなっておもってるんですけど、どんな、もんでしょう。ダンス踊るのはずかしいから、男子のやるべきもんじゃない、ってな感覚もあって(イソップのすっぱいブドウみたいに(笑))。

投稿: 悠 | 2005.04.25 07:44

一歩前に出られると ダンスは誰でも出来ますのよ、おほほ。
「恥ずかしい」より、「楽しみたい♪」って気持ちが勝つと、おっけ~ですわ。
演じるとかってことではなく、気分が盛り上がるっていうこと?競技ダンスになると別ですけど、個人の楽しみっていうのもアリですよね。
 
時間が出来たから、悠さんお薦めの映画でも観ようと思ったら、みんな、遅い時間ばかり。
おばちゃんは昼間のほうが暇なんだけどな~(^^;

投稿: Pちゃん | 2005.04.27 01:13

>Pちゃん
昔社交ダンス初心者コース12回ってのを習ったことはあるんですが、、、、。この間、真似して踊ったらすり足になってた。だめだ、こりゃ(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.04.27 16:19

TBありがとうございます。
日本人は、表だって自己表現をしないことが美徳とされてきた時代が長かったし、今でも根本的にそれは変わっていないと思っています。日本では時として「死」より辛い「恥」というものがあるように感じています。
とはいえ、最近は、日本人も自己表現がとても上手になってきていると思います。この映画の影響で、繁盛するダンス教室もあるのでは?

投稿: あかん隊 | 2005.05.02 14:05

>映画の影響で、繁盛するダンス教室もあるのでは?
さっそく週刊誌で、映画の広告、スポンサー@ダンス教室ってのをみかけました。ダンス教室はやってるみたいですね。ただし、男性はやはりすくなそうですが。

投稿: 悠 | 2005.05.03 15:15

官能を人前で!!
この記事読ませて頂いて気が付きました^^

日本人って、奥ゆかしい民族(死語かも^^;)だから、そんなことを人前でなんてぇ~って、のがこの映画の面白味のひとつなんですよね。
でも、びわさんのコメント読ませて頂くと、欧米でも社交ダンスって今ではそんなに一般的じゃないのかぁ~と、これまた納得。

官能とまでは行かずとも、自分の気持を素直に伝えられるってのが良いですよね・憧。。

投稿: ちや | 2005.06.02 20:51

コメントありがとうございます。
>自分の気持を素直に伝えられる
これって、技術がいることなのに、「素直に」ってのにひっかかって、自然でいれば、伝わると思うところが、いかんのかな、って、最近思ってます^^;

投稿: 悠 | 2005.06.03 18:09

本当にいい映画でした!!
本当に、ダンスはお芝居と同じですよね!!
気持ちのこもっているダンスは胸に「グッサリ」きますもんね!!
悠さんの記事を読んで、確かにそうやぁ~と納得しました!!

投稿: はむきち | 2005.11.20 20:38

■はむきちさん、こんばんは。
ダンスも演技も一緒のとこがあると思ったら、ダンス見る目がかわりました、おいら(笑)。楽しい映画でしたよね。リメイクだけど、ほとんど、コピー(周防さん、やった!!)といってもいいような、映画でしたし(笑)

投稿: 悠 | 2005.11.20 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094577

この記事へのトラックバック一覧です: SHALL WE  DANCE ?:

» Shall We Dance? [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1996年に周防正行の監督、役所広司、草刈民代の主演にて公開された、「Shall We ダンス?」をハリウッドリメイクした作品。 主演はリチャード・ギア、ジェニファー・ロペス。職業等の若干の設定変更以外は、完全コピーもの。竹中直人が演じた濃〜いキャラや渡辺えり子が演... [続きを読む]

受信: 2005.04.24 19:37

» Shall we Dance? [cococo]
これはもう、ただただギアさまの映画でした。自然な微笑、シャイな雰囲気、まじめで律 [続きを読む]

受信: 2005.05.02 13:58

» 試写会「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
試写会「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?」開映14:00@東京厚生年金会館 「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?」Shall we Dance? 2004年 アメリカ 配給:ギャガ・ヒューマックス 監督:ピーター・チェルソム 製作:サイモン・フィールズ 脚本:周防 正行、オードリー・ウェルス 撮影:ジョン・ド・ボルマン 美術:キャロライン・ハナニア 衣装:ソフィ�... [続きを読む]

受信: 2005.05.06 06:15

» 映画「Shall We Dance」見てきました♪ [日々あれこれ]
水曜日は女性優待日。 [続きを読む]

受信: 2005.06.02 21:45

« インファナル・アフェアⅢ | トップページ | 日本文学史早わかり »