« 山猫 | トップページ | 第3の男 »

2005.05.15

葛城と棒縛り

能は、もう一番「頼政」。着いたときは、宇治の戦いの語りのところであった。面を着けてるせいか、肝心の声が聞き難いので、まー、立ち見で時間をつぶす。で、次が狂言「棒縛り」。なんと、狂言見ながら眠ってしまった(--;)(能見て寝ることはあっても、狂言でってのはなかったのに)茂山千五郎、茂山七五三(しめ)の兄弟の演技は、最後、主人(茂山逸平)と兄弟がからむところだけ見た(^^ゞ。七五三さんの方が面白かった。声の調子もいい。客席に若い女性が多かったのは、七五三さんの息子茂山逸平(TVとかにでてます)のせいか(^_^;) 。
次が「葛城」。これは、葛城の神が、役行者から岩橋造りを命じられ、これを夜に行ったのがたたって、責められている、弔ってくれ、と僧に頼むってのが内容。いやぁ、この葛城の神は、女体で、「若女」の面を着けた姿がろうたけて、なまめかしい。さっきまで、狂言で寝てたせいじゃないよね、って、確かめたくなる(^_^;)責められるのを耐える女性の色っぽさって、これが日本のエロスではないかいな、と思うほど。 忍ぶ恋とかにも通じるかな?昼ドラの「真珠夫人」みたいなものか(ってみてませんけど(^^ゞ)。

(神は)「三熱の苦しみに」ってあったので、辞書で調べると、熱風・熱砂に身に焼かれる、悪風に衣服を奪われる、鳥に捕食されるって苦しみ。うーん、これって、想像すると、きついですわね^^;。演じている役者さんは、面をはみ出した大顔、たぶん肥満体+老人なんだろうなって思うけど(^^ゞ。それと金剛流の舞だったんだけど、「角とり」(=舞台真ん中から、右まで行って、正面に向きを変える)ってのが、観世流より派手でした。狂言(=茂山)でやってる角とりは、金剛流のやり方でした(^^ゞ

|

« 山猫 | トップページ | 第3の男 »

コメント

ははは、悠さんでも寝るんだ!
うち等が寝てもだいじょうぶやね。
以前観世会館へ行ったことがあるけど
激しい鼓の伴奏付きで歌い込まれるとき
クライマックスというのか、何を歌うてはるのかぜんぜん分からなくて困りました。
述懐のような場面でも言葉の意味を一生懸命考えながら聞いて見てないといけないから疲れます。
狂言はほんまに理解してるかどうか分かりませんが一応笑えます。
それでも寝ないで見てきた私はえらい!(えへん!)(笑)

投稿: かと | 2005.05.15 23:23

狂言はわからなければ、笑えません。笑えるのは、理解できてるからです。狂言で寝るってのは不覚だった。能も眠たいときがあって、あの太鼓、笛がまた眠りを誘いますんや。眠れぬ夜には、邦楽を(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.05.16 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094593

この記事へのトラックバック一覧です: 葛城と棒縛り:

« 山猫 | トップページ | 第3の男 »