« 葛城と棒縛り | トップページ | 愛の神、エロス »

2005.05.17

第3の男

あらすじ 第2次世界大戦後のドイツ。アメリカの三文小説化のホリーはハリーの斡旋で仕事にありつこうと、ドイツに来る。その当日ハリーの葬式が行 われている。猫男爵、恋人、大佐などが葬儀に参加している。大佐は、ハリーを、偽ぐすりの犯人だと追っている。恋人はハリーの作った偽パスポートで入国し ている。恋人は、ロシア警察に逮捕されそうになる。じつはハリーは生きている。ホリーは、恋人をすくうべくハリー逮捕に協力し、ハリーを射殺する。

このホリーは狂言回しだけど、彼がいなければ、ハリーは死ぬことはなかったし、恋人と幸せに暮らしていたかもしれない。警察に協力し、恋人を助ける のだけど、恋人がドイツを離れるのを見送りにきているので、恋人は、ホリーが、警察に協力したことをしり、自分だけ助かるのを拒否し、ホリーに「犬みた い」という。この恋人がいさぎいいのです。最後、ハリーの葬式の後、ホリーが、恋人をまっていると、恋人は、ホリーに見向きもせず歩いていく(かっこいい な~(^^ゞ)。ほんと、ホリーの正直と小正義には困ったもんです(^^ゞ。アメリカ人は、正直者で、正義感だからいけないや(笑)。この正義感なんとか なんないですかね(^^ゞ。女性が、ちょっと悪に惹かれるってのがよーーくわかりました(笑)。

 

|

« 葛城と棒縛り | トップページ | 愛の神、エロス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094594

この記事へのトラックバック一覧です: 第3の男:

« 葛城と棒縛り | トップページ | 愛の神、エロス »