« イッセイさん、追加 | トップページ | 恥ずかしい読書 »

2005.06.04

読書日記2005・06・03

「中学生のための社会科」吉本隆明@市井文学刊 2005-03-01発行
中学生ってかいてあるから、いつもよりは、理解しやすいかなって買ってきた本。「政治と文学理論を否定しきれなかった根拠は、、、、、唯物論と経験批判論にあるのだ」って、おじさん、中学生っていうか、大人にも、むつかしすぎますってば(笑)。でも、いつもの本よりはわかりいい。「今年の冬は一塩さむかったですね」という一塩が、一度、染色液に布を浸したように、というところからきている、「丹(に)ほう」が「音なう」(おどなう)、「あがなう」と「ほう」=「なう」は語尾につく語で、丹は、丹土(赤い土)からとった染料、で「丹のう」は朱色が目立った状態を示す語で、いまでの「くれないにおう」とか「朝日ににおう」とかに漠然と使われている。なんて書いてあるのを読むと、ひとつ賢くなった気がする(笑)。

「人類と建築の歴史」藤森照信@ちくまプリマー新書 2005-05-10発行
建物の起源が宗教と関係していることを知る。うーん、そうか、すべては、宗教に起源があるのか。建築史の本はピラミッドから始まるそうで、ルーブル美術館新館もピラミッドに想を得ている。諏訪大社の巨木である御柱は、ヨーロッパのスタンディング・ストーンと同じもので、神社建築は、このスタンディング・ストーンである柱を建物で覆ったものだ。出雲大社は、48m=ビルの16階分の高さをもつのは、周囲の杉の木より高く、森を眼下にみながら太陽が昇るのを眺められるようにということだ。春日神社の本殿は小さいが、これは、なんのことはない、お神輿を建築化したものだ。

うーん、そうだったのか、と、おいらは、建築になんの関心ももたずにきたが、ここでも、宗教ってのは、ひとつのキーワードなんだ。芸能の起源が宗教と関連をもつのと同じように。
E・ホッファーが、西洋の文学の起源は、文字を書く人、権力者に使える人が、政権が没落して、職を失った人が、物語を作ったことであると書いてたけど。日本の場合だと、もともと、神への祝詞とか、神にささげる言葉を記すってことからきている、ってのが折口信夫説だから。

「イン・ザ・プール」奥田英朗@文芸春秋社刊 2002-05-15刊
昨年に「来春映画公開、松尾スズキが、、、初主演」って書いてあったので、購入。ところが、映画はおいらの近所は素通り(;_;)。白デブで注射好きの精神科医伊良部+グラマーな看護師マユミのいる病院を訪れる水泳中毒、携帯中毒、火事が起こるのではないかと心配して家をでられないライター、ストーカーに追われていると妄想するコンパニオン。
治療は、伊良部が、彼らのさらに上をゆく狂気をしめし、彼らの病気を解決するというもの、これってセラピーとしては、有効ではないか、と思う(笑)

今週は、風邪引いてたんだけど、やっと、なおりつつある。おいらは、常の体重より、2kg増えると、風邪引くみたいで、2kg落ちて直ってゆく。まず、鼻水がでて、鼻がつまり、、、、せきが出て、のどに来てなおる。なんか、法則性でもあるのかと思うほど、いつも、一緒なんだ(爆)

|

« イッセイさん、追加 | トップページ | 恥ずかしい読書 »

コメント

風邪をひいてたんですか? 大丈夫ですか?
気候が不安定なので、風邪ひきさんがかなりいらっしゃるようですね。お大事に。
難しいテーマの本をこなしてらっしゃる。いろいろなことを考えるのに、読書は「いい!」ですよね。すぐに読まなくても、おもしろそうな本は買っておくタイプなので、あちこち本だらけ…。

『イン・ザ・プール』は、DVD(レンタル)でもいいと思いますよ。おもしろさは変わらないデス。

投稿: あかん隊 | 2005.06.04 09:39

『イン・ザ・プール』もし映画化されたら、誰がやるのかなって思ってました。
松尾スズキさんて人はあまり知りません。おかげではじめて知りました。
私もプール(フィットネスクラブ)に通ってますが、今のところ伊良部総合病院へは
通わなくてもよさそうです(笑)
悠さんも体調にはくれぐれも気をつけてください。

投稿: アゲハ蝶 | 2005.06.04 11:14

中韓日の学者が話し合って書いたという三国の歴史書、もし読まれたら感想を載せて下さい。

今年2度目の風邪どすか。
お大事に。

投稿: かと | 2005.06.05 00:32

あかん隊さん、アゲハ蝶さん、かとさん、お見舞いありがとうございます。中途半端に仕事にいったり、あいた時間映画、読書してるんで、「後1日じっとねてりゃ治る!」のにぐずぐずしてました>その性格を直せ!
あかん隊さん、本は増殖しますよね。たまっていくのをなんとか、と思っても、どうすればいいのか、おいらは分からない^^;
アゲハ蝶さん、スズキさんは、劇団「大人計画」の主宰者で、「タイガードラゴン」っていうTVドラマの脚本宮藤官九郎、出ている阿部サダヲ、荒川良々が所属しています。
かとさん、当面その本読む予定じゃないんですよ^^;

投稿: 悠 | 2005.06.05 01:56

宮藤官九郎の「タイガードラゴン」!!わかりました!!
ドラマのセットのモデルでもある「新宿末広亭」を一昨日、
息子が見に行ったばかりで、話を聞きました。
たしか、片桐はいりもいたっけ?

投稿: アゲハ蝶 | 2005.06.05 21:34

タイガーの阿部サダヲの妻役の猫背つばきさんが劇団員です。そういやぁ、雰囲気、片桐さんに似てます^^;後、女優さんでは、平岩紙さん、「人間の証明」@TVのギターをもったロリ娘を演じてました。

投稿: 悠 | 2005.06.05 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094607

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記2005・06・03:

» イン・ザ・プール [cococo]
がび~ん! 実によく笑った。楽しかった。松尾スズキは、気持ち悪かったが、そんなに [続きを読む]

受信: 2005.06.04 09:34

« イッセイさん、追加 | トップページ | 恥ずかしい読書 »