« フォーガットン | トップページ | アメリカ 過去と現在の間 »

2005.06.08

ホステージ

ブルース・ウィリス、冒頭で髭面で出てきますが、署長になってスキンヘッド・髭無し、おいらは髭面が好みだな~。まー展開が読めないので(あ、これおいらの頭でねっって意味)はらはらとして面白かった。ベン・フォースター(マース役)の何するんか、わかんない恐怖感もあったし。しかし、おびただしい、人が死ぬし、篭城してた家は燃えるし、でも家族愛が歌われてたな。フォーガットンも家族の記憶を失うのを拒否し、家族を取り戻す話だし(そういえば、認知症も、親しい家族のケアの有無で、症状の進行が違うとかだし)。
それと、ミリオンダラベイビーのような、ユーモア(たとえば、マギーが、病院から車で移動するとき「行きは飛行機で、帰りは車でっていったでしょう」なんてユーモアがないしな~。
目が内向いてゆく(外のことに気づかわない)って前兆ではあるまいな(^^ゞ

|

« フォーガットン | トップページ | アメリカ 過去と現在の間 »

コメント

TBとコメントをありがとうございます。
自分もわからなかったですよ~>展開。
最初に撃たれてしまう女性の警官は、気の毒でした。ひどいな~と思いました。
確かにウィリス氏は、「ひげ」があると雰囲気が違いますね。見慣れてない分、新鮮だったかも(笑)。

投稿: あかん隊 | 2005.06.09 08:37

フォーガットンと比べると、死ぬ人の数がおおい、火事の場面があるし。。。結局マースが一番怖かった、彼のような若者にはちかずかんぞ(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.06.09 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094611

この記事へのトラックバック一覧です: ホステージ:

» ホステージ [cococo]
骨太映画。ブルース・ウィリスが、すっかりお父さんなんだよ。 なんだか、よくわから [続きを読む]

受信: 2005.06.09 08:40

« フォーガットン | トップページ | アメリカ 過去と現在の間 »