« ホステージ | トップページ | 稽古日誌 »

2005.06.09

アメリカ 過去と現在の間

古矢旬@岩波文庫 2004-12-21 現代アメリカを動かしている、ユニテラリズム、ネオコン、原理主義(キリスト教)、、、と相互の関係を解説。おいらがおもしろかったのは、キリスト教原理主義。聖書に書いてあることを信じ、ダーウィンの進化論を排斥する。同性婚、中絶を禁じ、中絶を行う産婦人科医院をテロすることもじさない頑迷主義者。え、こんなのが力もってるのて感じ。 南部、中部に多いとか。そういやぁ、ダーウィンを教えるの禁じてたりしてる学校が話題になってたな〜。移民の国アメリカは、ヨーロッパのように聖職者、教会の組織をもたず、移民者の信仰心の問題としている古い伝統による。 うーん、映画でいえば、「ビリッジ」(??)(森をでると悪霊に殺されるという森の中で生活する人々、恋人が瀕死の傷をおったため、盲目の女性が、アドバイスを元に、薬を求めて森をでるっていう映画でした。題名自信なし(^^ゞ) この原理主義、しぶとく、生き残っていて、ケネディ、クリントンのとき、逼塞し、カーター、ブッシュのときには息を吹き返す。しぶといでんな(^^ゞ

|

« ホステージ | トップページ | 稽古日誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094613

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ 過去と現在の間:

« ホステージ | トップページ | 稽古日誌 »