« 私はヒットラーの秘書だった | トップページ | 短歌の作者と短歌の中の主人公 »

2005.06.15

クローサー

そうだ、この映画で、アリス(若い女)、ダン(記者)、アンナ(写真家)の3人の物語とすると、アリスとダンは恋に落ちる、でも、満たされないダンは、アンナに恋し、アンナは、ダンに恋しながらも、医師と結婚しながらも、ダンと不倫を続けるって物語なんだ。アリスだけが、男女で、互いに隠し事なく過ごそうとし、もし、真実があらわになって、男女の関係がダメになったら、それはそれで仕方がない、と思っている。ダンとアンナは、互いに結婚してしても、どこか、満たされないものがありながら結ばれている。

こういう物語なんだ、これは、普通だ(ってこともなく、まーよくあるって意味で)。

ところが、変態とも思えるラリー(って映画の感想多かったですが(^^ゞ)がはいって、じゃ、性は?ってすべてに問いかける。このラリーがノイズなんだ。
このノイズが入って、はじめて、アンナーダン ダンーアリスの恋物語が現代の恋愛として理解できる。そういう構造になっているのだ。まーオートバイ乗ってる子が音を出さないと乗ってる気がしないってんで、音をだす、それに似てます(^^ゞ

わからないけど、引かれるってのは、ノイズをいれるダン、ダン=ノイズが入って、はじめて、現代の恋愛が分かるって構造になってるからだと思う。日本人には、あからさまなダンは、ノイズ過ぎるかもしれない。でも、ダンがいないと、せいぜい、渡辺淳一の小説みたいなもんだったんだ、この映画(^^ゞ

|

« 私はヒットラーの秘書だった | トップページ | 短歌の作者と短歌の中の主人公 »

コメント

ややこしい話のように見えて、そうでもないかもしれないと思ったこの映画。なんだかなー、という気持ちしか残らなかったような気がしてます。自分の「倫理観」が、邪魔して(爆)。

投稿: あかん隊 | 2005.06.15 22:01

ダンが出てこなきゃ、単純な筋なんですよね、絶対、ダンがノイズ過ぎます、日本人には強烈で、クローサーの訳者あとがきで、「風俗上相応しからざる表現が頻出する。。。やむをえず。。」なんて書かれてました(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.06.15 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094619

この記事へのトラックバック一覧です: クローサー:

» クローサー [cococo]
I can't take my mind off you. 少し進んでは、少し戻 [続きを読む]

受信: 2005.06.15 22:00

« 私はヒットラーの秘書だった | トップページ | 短歌の作者と短歌の中の主人公 »