« バットマンビギンズ | トップページ | 宇宙戦争 »

2005.07.02

稽古日誌2005-07-01

鞍馬天狗@仕舞の稽古がはじまる。で、全部で3分くらいの仕舞で、前半部分をならったんだけど、あれよあれよっれてな間で、稽古が終わって復元しようにも、何をやってたのか、ところどころしか思い出さず、動きがつながらない。。。。まいったな~、うーーーん。

天狗だから、立ち方からしてちがう。いつもなら、足の親指をあわせてたつんだけど、肩幅よりすこし、狭いくらい足をひらく。師匠から、「あんたむきやろ(^^ゞ」って言われて「へぃ、おいらの性格は、どうせ、雑で、荒うござんしょ、、、へっ」ってなもんだけど、この1分半を3回ほど繰り返しただけなのに、しんどい、、、師匠の終わった後の「ふう~」って息からすると、やはりしんどいんでしょね、この曲。後ろ向きに飛んで、くるっとまわって片ひざになる。。。

「膏薬練」@狂言、ようやく相方の台詞がはいったみたい、途中、相方が台詞とちったので、からかってやると、怒ったのか、演技がよくなってる。。。。そうか、この曲、都の膏薬練、鎌倉の膏薬練が自分の膏薬を自慢するだけじゃなく、相方と競ってるとこ、ちゅうか、馬鹿にしてるとこあるんだな~ってきずく。そうか、そうか、ちいと、それを膨らますか(笑)。芝居ってのは、台詞があるんだけど、やってるうちに、イメージがでてきて、自分が何をやってるか、わかるところがあって、これが、面白くて、こんなのやってるんだな、って思う。頭のめぐり悪いおいらはやっぱりやってみないとわからない。

「変身」@カフカを、この前「城」@カフカ原作@新国立劇場で見てから復習のつもりでよんでたけど、ザムザって、サラリーマンが、ある日、起きたら虫になっててたって小説。虫になって、裏向きになったら起き上がれない、まー亀ちゅうかアブラ虫みたいなんで、なんかおかしいって思っても、まじめに読んでたら、「カフカが変身を友達の前で読み聞かせたら、友達は、おかしくて笑った」ってなことを読んだ。な~んだ、喜劇なんだ、ってうれしくなった。でも、日本の評論家は不条理だとか、いうんだ。不条理って、ナンセンスってな笑いじゃないかって思うんだけど(^^ゞ

|

« バットマンビギンズ | トップページ | 宇宙戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094632

この記事へのトラックバック一覧です: 稽古日誌2005-07-01:

« バットマンビギンズ | トップページ | 宇宙戦争 »