« 星になった少年 | トップページ | 「柿山伏」「空腕」 »

2005.07.23

読書日記2005-07-23

なんか一日中本読んでた気が。。舞台の待ち時間も本とにらめっこだったし、、、、・
そもそもは、第2次世界大戦、日本の場合、御前会議で降伏が決まる。ドイツの場合は、誰が、降伏を決めるのだろう、ってのが疑問になって。ヒトラーは自殺してるし、秘書の本では、ヒトラーは、後継者を指定してたし。で、結局、連合軍に、ヒットラーが指定した後継者じゃない軍人を軍の代表者として降伏文書に署名するってことでした。

読み終えた京極夏彦著「続巷説百物語」の「船幽霊」でも「これは物を壊す道具や、(戦いで)勝っても民はついてこんやろ」ってあるし。戦争で勝っても、勝っただけで、負けた国の国民を動かすには、敗戦国のシステムが動かないと、だめだよね。
船幽霊、謡曲「船弁慶」から詞章を引用してた。

後、明石散人「謎ジパング」、桃太郎の謎、金印の謎が面白かった。

で、「シカトする」の「シカト」の語源
じつは、花札の猪鹿蝶の鹿(これは季節でいえば、10月)この鹿がそっぽを向いている。
でそっぽをむくことを10月の鹿、ひっくりかえして鹿10(トウ)。==シカト(ほんとですよ(^^ゞ)
(これは、明石さんの別の本にかいてあった)

映画関連読書が続いてます。

|

« 星になった少年 | トップページ | 「柿山伏」「空腕」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094648

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記2005-07-23:

« 星になった少年 | トップページ | 「柿山伏」「空腕」 »