« リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 | トップページ | 姑獲鳥の夏~2~ »

2005.07.18

姑獲鳥の夏

最初の京極堂の台詞、お、お、現象学では、ないか(^^ゞわれらは知覚を脳に集積し、脳で構成して現実を認知するにいたる、われらは、先に成立している社会に生み出され、その後、脳の作用を経て、生み出された現実を認知する。ところが、見るー見られる関係は相互に作用する。「脳は卸問屋だが、間違ったものを下ろしてくることもある」。
「あるものが見えない」(ポーの「盗まれた手紙」みたい(笑))

関口くん、不思議なことは何もないのだよ!!

おお、うれしい、これはガキには理解できめぇ、大人の映画だぞ(笑)

多重人格の原因に、幼児に性的虐待を受けたことが原因している。という精神医学の知見。
狐つきの家の伝説は、六部を殺したり、盲目の人を殺して金持ちになった家について言われているという民俗学の知識。。それそれ、「盲ケ池」という名称のある池の近所に住むあなた、それは、昔、座頭を殺して沈めた池ですぜ。

芝居の舞台のように、スポットライトが当てられ、その中で登場人物が語ったり。。。
院長の、すまけい、三谷昇の紙芝居屋さんの語り、阿部さんの探偵事務所の秘書みたいな荒川良々とか、脇も固めてましたね。

ハイボール、樽に寿屋(サントリー)の表示があったり、精神病院のようなつくりの産婦人科(そういやぁ、斉藤茂吉が院長してた精神病院は戦争で焼けました)。
ダビデの星(*1)が、ちょうちんに書いてあったり(これ、清明神社の、しるしでもあります(^^ゞ)
(*1最初関口くんが、坂をおりるとき使っていたちょうちんのしるし何だろう、ダビデの星かもと思ってたんですが、コメントいただいたあかん隊さんのご指摘のとおり、おいらが間違ってました。指摘ありがとうございますm(__)m)

「日本史」「民俗学」「精神医学」等について博覧強記な「明石散人」の名が、エンドロールに出てました。

ってハイな書き込みですが、そうです、今夜は、素人舞台の成功の余韻です。舞台の感想はまた(^^ゞ

|

« リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 | トップページ | 姑獲鳥の夏~2~ »

コメント

まってました! おもしろかったようですね! よかった。すてきな台詞が、そこここにちりばめられていたでしょう? 悠さん好みの。

あの、ここで書いてもいいのかな、と思ったのですが…。
ダビデの星って、ユダヤ教の印ですよね? たしか三角形が上下に重なる形だったのでは? 安倍晴明の☆マークとはちょっと違うような気がします。どうなのかな…。

投稿: あかん隊 | 2005.07.18 22:50

すみません。TBがだぶってしまいました。ひとつ削ってください。お手数かけます。m(_ _;)m

投稿: あかん隊 | 2005.07.18 22:53

TB消しときました。ダビデの星の、ご指摘ありがとうございます。また、間違ってたらお願いします(^^ゞ
映画の音楽どうでしたか?ってこんなとこで、お聞きしてますが、また、よかったら、教えて下さりませ(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.07.18 23:10

この映画の音楽ですか?
うーん。少し音が大きかったようにも思えます…って、そういうことじゃないですね。(汗)
ミステリーには、ありがちな感じだったかも。
特にこの映画に特化された、という印象は薄かったような気がします。音楽が入らなくても雰囲気が出せそうなシーンにも、比較的「これでもか…」みたいにBGMが流れていたようで、使い方は、少々くどかったのじゃないでしょうか?

投稿: あかん隊 | 2005.07.19 15:29

コメントありがとうございます。
音、くどかったですか(^_^;)、なんか、気になったところがあって、どこだっけ、なんて状態なんだったんで。ありがとうございます。

投稿: 悠 | 2005.07.19 15:51

こんばんは。コメントありがとうございます。
納得しました! 低音が効いていたんですね。そういえば…って思い出してみました。

今だと本屋さんの平台に3分冊の文庫本が。
ぜひ、原作を読んで感想をアップしてください。

投稿: あかん隊 | 2005.07.19 22:59

あかん隊さん、本の感想は、おいらの手にあまります^_^;映画を確認するために読んだだけですので、映画のイメージが入ってしまってます。
映画の評判聞こえてきますが(京極さんのファンからの映画の評判も)、映画は面白かったです、おいらは(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.07.20 07:53

こんにちは〜。
「面白かった」という御意見をお聞きしたら、もう一度素直な気持ちで見てみたくなってきました(笑)
映画鑑賞って、そのときの気分や、原作への思い入れや、期待度によって全く評価が違ってきますもんね。

音のことですが・・・不遠寺病院が写る度にビヨ〜〜ンっていう効果音(?)がしたのがちょっと気になりました。

投稿: ミチ | 2005.07.24 07:50

おいらは、京極さんの「孤者異」@「続巷説百物語」読んだら、吹越満、小池栄子、えぇ、って感じでした(TVみてないんですけど、見たら違うと思いますが^_^;)

投稿: 悠 | 2005.07.24 08:54

コメント&トラックバックありがとうございました。
純粋なミステリーとして楽しめないのは映像のせいか、脚本のせいなのか。それでも雰囲気はよく出ていたと思いました。
読者のイメージは千差万別なのだから批判も仕方ないと思います。
京極作品はアンチオカルトなのに、オカルトファンが喜んで読んでいるという奇妙な現象がこの映画によって断ち切れればと願ってやみません。
「この世には不思議なことなどない」これに尽きます。

投稿: まつさん | 2005.07.27 08:39

>京極作品はアンチオカルトなのに、オカルトファン
じつは、「嗤う伊右門衛門」を見たときには、そのような気分で、よく、わからん映画だな、と思ってました^_^;

投稿: 悠 | 2005.07.28 08:20

あかん隊さんがおっしゃるように
ダビデの星は六芒星(漢字をど忘れ)で
晴明桔梗とは違ったと思いますよ。
映画の中でクジを斬る場面があったんですが
それの斬り方が晴明の斬り方と違うようなので
自分としてはそちらがとても気になっています(汗)

投稿: chishi | 2005.08.07 17:19

>chishiさん
おいらが覚えてるのは、rinn、zai、sya、、、、ってのでけど(確か)、映画のも、本のも、あれ、どういうのだったか、そういえば、忘れてます(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2005.08.07 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094644

この記事へのトラックバック一覧です: 姑獲鳥の夏:

» 姑獲鳥の夏 [cococo]
苦闘したのがわかります。成果は、あったのではないでしょうか。かなりのスピードで進 [続きを読む]

受信: 2005.07.18 22:42

» 映画「姑獲鳥の夏」 [ミチの雑記帳]
映画「姑獲鳥の夏」 ★★☆☆☆ ストーリー:昭和20年代の東京、夏。小説家の関口(永瀬正敏)が古本屋の店主・京極堂(堤真一)に「20か月もの間、子供を身ごもっている女性がいる」と相談を持ちかける。 京極夏彦に凝っていた事があり、このシリーズは全て読んでいるので、とても辛口になってしまった。 だいたい、このシリーズはとても映像化は不可能だし、自分の頭の中で想像していたもの(例えばカエル頭とか目眩坂とか憑き物払いの儀... [続きを読む]

受信: 2005.07.24 07:46

» 姑獲鳥の夏 [Akira's VOICE]
眠い,欠伸が出る。 けれど面白い! [続きを読む]

受信: 2005.07.26 15:33

» 姑獲鳥の夏 [まつさんの映画伝道師]
第159回 ★★★★(劇場) 「故に恐ろしきは人間なり」  これは僕の信条のひとつだ。  かつて僕は、オカルトが大好きな子供だった。「UFO」や「UMA」の類はもちろん、怪奇現象や妖怪・怪物そして超能力。  ところがこれらは純粋な子供心をことご... [続きを読む]

受信: 2005.07.27 07:14

» #29:姑獲鳥の夏 [(売れないシナリオライター)KAZZの呟き!]
KAZZのこの映画の評価   キャストが凄いこの映画 堤真一は、本当に上手い最高です メイン?キャストを好きな順に並べると。。。 堤真一、阿部寛、原田知世、松尾スズキ、宮迫博之、永瀬正敏、田中麗奈、いしだあゆみ かな? 映像化は、不可能と言われた京極...... [続きを読む]

受信: 2005.07.30 07:44

» 映画『姑獲鳥の夏』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ 前売り券をゲットしていただいたので、普段は避けている土曜日に観�... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 17:13

» 姑獲鳥の夏 [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
京極夏彦のデビュー作を満を持して映像化! 京極作品はたいした冊数読んでないけれど、 どれも面白かったし、ミステリ界の大御所!ということで 非常に期待して劇場へゴー! 何かイラスト色んな意味で、すげぇ怖いですね…スミマセンorz 「姑獲鳥の夏」2005年...... [続きを読む]

受信: 2005.09.04 23:04

« リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 | トップページ | 姑獲鳥の夏~2~ »