« 稽古日記2005-07-21 | トップページ | 読書日記2005-07-23 »

2005.07.23

星になった少年

ストリーは、どこかで、見てね(^^ゞ
おいらが面白いと思ったとこだけ書いときます。映画はたんたんとして面白かったです。

タイで、象使いの学校へ入った少年は、他の少年のように、象を使えない。ある夜、象の声を聞き、森へ入っていくと、象が「象と仲良くなりたいか」「仲良くなりたければ、テツ(少年の名)は、早く死んで、象に生まれ変わるけれども、いいか」(テツは考える、、)「いいです」
(この象がしゃべるってのは、タイの少年のいたずらなんだけど、この間京極堂を見たばかりなので、その後、少年が死ぬことを思うと、ここで脳に仕掛けが及んだみたいでかわいそうな気がした)。

少年が日本に帰ってきて、自分ちの象を、映画撮影に使用させる。
上野動物園の飼育係りが、戦時中、象を、爆破でやられてはかわいそうなどという理由で、象を殺す場面ーー飼育係りが、ドクを塗ったジャガイモを象に食べさせようとするが、象は、それを見分け、飼育係りに投げ返すーーー劇中劇なんですが、武田鉄也が、象にかたり、ジャガイモを渡す、象が食べてしまう、、「あードクをくちゃったよ。」と嘆く。この、武田鉄也の演技し、素に切り替わる瞬間が面白かった(もちろん、どっちも演技です(^^ゞ)常盤貴子、下手でした、演技^_^;。

映画で話されるタイの言葉が、「インファナル。。」@香港映画の中で話される言葉のようにきれいだった(響きがいいって意味です)。おいらは、こういう涙=感動物語をみると、「へん、泣いてやがれ、三日もすれば、忘れちゃう涙のくせに、今だけ泣いてな!」@『鶴屋南北悪の華』@浅丘ルリ子の台詞が脳内で反応してしまうやっかいな性格で、泣けない(--;)、少年の死がなくても、少年の孤独、象を使うことの意味、象と象、象と人間の語らい、、、音楽、これで、十分感動的ではありました。少年が小学校で、「動物のにおいがする」とサッカーの仲間にいれてもらえない孤独、同じように、孤独を感じている子供にみてもらいたい映画です。

|

« 稽古日記2005-07-21 | トップページ | 読書日記2005-07-23 »

コメント

像を象と早い目に気が付いておくれやす。
1カ所2カ所なら悠さんのことやし、勘弁しますがずーっと間違って通すのは勘弁しません。
編集し直してこのコメントも削除して。

投稿: かと | 2005.07.23 08:48

は、は、は。いまごろ仕事場で気が付いてます。ありがとうさんです(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.07.23 12:29

こんにちは〜。
TBありがとうございました。
私の隣りの方はがんがんグシグシ泣いておられました・・・。
私はいわゆる「感動物語」と銘打たれると引いてしまう方なので、とても冷静に(?)観たと思うんですけど、それでもゾウの親子の別れとかはジーンときましたね。
ゾウにはお芝居とかの邪念もないですし。
タイの風景をもっと見ていたかったです。
タイ語の響きも良かったですね〜。

投稿: ミチ | 2005.07.23 20:15

おいらの場合も、うしろの席の若いカップルは泣いてました(^^ゞ映画の方は、感想にもかきましたが、たんたんと描くって感じで好感もってます。

投稿: 悠 | 2005.07.23 20:59

TBありがとうございます。いつもありがとうございます!
この映画は、たいへん涙もろい自分が、きっと泣きまくるだろう…と思っていて、敬遠しようと考えいたくらいなんです。物語よりも音楽に、泣いてしまったかもしれません。
「脳内の時限スイッチ」。自分もそう思いました。ああいういたずらは、ちょっと悪質。笑えません。
自分は、動物園の動物も、サーカスの動物も、みんな可哀想でなりません。家畜ならいいのか…って、片手オチですし、菜食主義でもないので、都合のいい話なんですけど。少年は気の毒だったけど、引き離されて連れてこられたゾウくんは、可哀想ではないのかな? 働いた後に「楽園」(人間が考える)があれば、それでいいの?

投稿: あかん隊 | 2005.08.04 03:10

>あかん隊さん
感想いつもおもしろく読ませてもらってます。
少年が働いた後の象の楽園を考えていたってことは、少年は、楽園がなきゃ、使い捨てにされる象ってのを考えてったってことなんだ、人の都合で翻弄される象、少年ってことを考えてたんだ、って、今頃きづいてます。なんか、少年って孤独ですよね。

投稿: 悠 | 2005.08.04 07:51

こんばんは。
人間がいちばん勝手で恐ろしい生き物なのだと思いましたよ。タイでゾウを使う人がいる環境は、まだ自然だと思えますが、日本でのゾウは、いったい何なのかな、と思いました。
昔は、インドなどで戦争でも使われたゾウですけど、飼い慣らして、くさりで繋いで、いいようにこき使う人間が、どんなにゾウへの思いやりがあったとしても、どこかおかしい。詭弁です。
少年よりもゾウの気の毒なこと。そしてタイでゾウ使いになるしか生きる術のない環境にいる少年たちのことを考えて、大泣きでした。

投稿: あかん隊 | 2005.08.04 23:04

タイの少年も気の毒な環境の子ばかりでしたし、食べてるものも大変なものでしたし、、、、

投稿: 悠 | 2005.08.05 09:04

<タイの少年のイタズラ・・・脳に折り込まれて>
私も同じこと考えましたよ!
彼が早死にしてしまうことの暗示なのはわかっていても
本当にこういう逸話があったとしたら
脳に刷り込まれちゃったのかなぁって。

投稿: chishi | 2005.08.07 19:57

>chishiさん
脳への刷り込みってあるんだ、なにも不思議なことはない、関口クンって、言いそうになりますね(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.08.07 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094647

この記事へのトラックバック一覧です: 星になった少年:

» 『星になった少年』 [京の昼寝〜♪]
彼は、逝きました。夢に向かって急ぐように。 ■監督 河毛俊作 ■脚本 大森寿美男 ■原作 坂本小百合 ■音楽 坂本龍一 ■キャスト 柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優、倍賞美津子、武田鉄也 小川哲夢(柳楽優弥)は、家族思いの優しい少年だったが、両親の不和や小学校でのいじめが原因で、内にこもりがちだった。 しかし、ある時両親が経営する動物プロが購入した仔象・ランディと出会い、その神秘的な力に触れ次第に心... [続きを読む]

受信: 2005.07.23 10:46

» 映画「星になった少年」 [ミチの雑記帳]
映画「星になった少年 Shining Boy & Little Randy」★★★☆☆ 子役と動物で涙を絞らせるような映画は苦手なので見ません。 でもこの作品は「誰も知らない」で素晴らしい演技をした柳楽優弥くんの主演作だからチョイス。 ストーリー:学校でいじめにあっていた哲夢(柳楽優弥)だったが、両親が経営する動物プロダクションが購入した仔ゾウのランディと出会い、象使いになりたいと願うようになる。そして哲夢はタイのゾウ訓練�... [続きを読む]

受信: 2005.07.23 20:11

» 星になった少年 Shining Boy & Little Randy 【概論】 [まつさんの映画伝道師]
第163回 ★★★☆(劇場) 【B面】 (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「偶然なんですが、僕は哲夢さんの弟さんと一緒に仕事をしたことがあったみたいなんですよ」  継父・耕介役の高橋克実はインタビューでそう答えていた。  主人公・... [続きを読む]

受信: 2005.07.28 23:29

» 星になった少年 [cococo]
坂本龍一の曲のせいで(?)、最初からぼろぼろ泣き通しの映画でした。ゾウも、ゾウ使 [続きを読む]

受信: 2005.08.04 03:02

» 映画『星になった少年』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ この前に見た「姑獲鳥の夏」の保険として何を用意しよう... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 19:59

» 星になった少年~Shining Boy and Little Randy~ [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
ゾウさんのつぶらな瞳と豊かな自然の映像、 またそれにぴったりな坂本龍一教授の雄大な音楽…。 これだけの予告でも惹かれましたが、 さらに主演は「誰も知らないNobody Knows.」で 第57回カンヌ映画祭にて、 最年少で主演男優賞を受賞した柳楽優弥くん。 受賞後初...... [続きを読む]

受信: 2005.09.14 22:31

« 稽古日記2005-07-21 | トップページ | 読書日記2005-07-23 »