« 時のしずく@中井久夫著 | トップページ | 坂手洋二さん作演出作品 »

2005.07.10

フライ,ダディ,フライ

娘が、ボクシング@インターハイ優勝者から顔をどつかれた。彼の父は、国会議員、時期の総理候補。父(堤真一)は、①警察へ届け出るか、②このままにするか、③加害者と素手で闘うか。
父が、加害者の高校と間違えてはいった三流高校の高校生に助けられて、父は、③をえらび、闘うすべを、高校生(岡田准一)から教わる。
堤真一の妻役に元宝塚の愛華みれ、上司に演出家・作家の鴻上尚史、バスの運転手に温水洋一、乗客に、シャル・ウィ・ダンスの徳井、田口コンビに浅野和之。

岡田准一のクールさがいいな~堤の胸を指して「おっさん、ここで、あいつより、勇気があると思ったら闘わなくていいだぜ」とか、「おっさん、恐怖の先になにが見える」「おっさん、自分のことだからいつやめてもいいだぜ」ってのがいい。現実も、母子家庭で、母との接触もない、在日韓国人。

高校生は、加害者が勝つか、おっさんが勝つか、賭けをやっている、加害者高校の生徒にも賭けを勧誘している。これを知って堤は馬鹿にされたといかるが、じつは、これによって、相手高校を巻き込んで、おっさんと加害者の闘いの場を作っている。
(おいらは、クリーンかどうかで、人を判断するんじゃなくて、何をしているか、によって判断する方がよかーないかぃって思ってんだけど、それは、おいといて)。

これ、ある程度、喜劇ぽっく出来上がっているが、ときどき、岡田准一の過去とか、堤と岡田准一の親子に似た感情とか、しめっぽく間がはいる、これがなきゃいいと思うんだけど(^^ゞ。

岡田准一、こっちの方が、タイガー&ドラゴンの落語家より、かっこよかったな~。
強いかれが、手を伸ばして、鳥になったように踊るって設定も。

|

« 時のしずく@中井久夫著 | トップページ | 坂手洋二さん作演出作品 »

コメント

こんばんは。良さそうですよね、これ。
観たいな、と思っているのですが、通常料金で観るのが、少々悔しいのでレイトショーを狙っています。(爆)
堤さんは、今週末公開の『姑獲鳥の夏』でも主演ですね。大活躍だな~!

投稿: あかん隊 | 2005.07.15 00:34

ぜひ観て下さいね(^^ゞ。
「おっさん、恐怖の先に何が見える」って台詞ですが、南方で、子供が怖い夢をみたとき、「こんどは、そのとき、周りがどんなだったか、を見て、起きたら話してごらん」ってのがあって、それと一緒で、恐怖心を消し去る方法だと思うのですが、お確かめいただいたらうれしいです(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2005.07.15 13:54

TBとコメントをありがとうございます。
楽しかったです! 観に行ってよかったと思います。
脚本が原作の方ですものね、名言ともいうべき言葉がちりばめられていましたね。最初の方で、鈴木さんがぶつぶつ言いながら、学校を間違えて入っていくところの台詞を聞き取りたかったかも。

もらったパン(?)を、めちゃくちゃ嬉しそうにがつがつ食べていた犬もかわいかったデス。

投稿: あかん隊 | 2005.07.17 06:01

>あかん隊さん
鈴木さんがぶつぶつは、聞き取れませんでした^_^;
岡田准一に堤真一がくってかかる「ローンが、、、」「部長から、、、」ってとこは、身につまされました。(って、宮使えの身ではないんですけど)

投稿: 悠 | 2005.07.17 08:39

岡田君、格好よかったですね!
それにセリフもなんかズシンとくるのが多かった。
「恐怖の先」にあるもの、自分もみたいって思いましたよ。

投稿: chishi | 2005.08.07 01:50

chishiさん、コメントありがとうございます。
>「恐怖の先」にあるもの
見たいなんておもっちゃいけません、普通が一番ですぜ(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.08.07 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094641

この記事へのトラックバック一覧です: フライ,ダディ,フライ:

» 『FLY,DADDY,FLY』 [雨が降ろうが槍が降ろうが…]
【2005年7月9日(土) 新百合ヶ丘マイカル】 金城一紀原作小説の映画版。今 [続きを読む]

受信: 2005.07.11 09:36

» 「FLY, DADDY, FLY」笑えて、泣けて、清々しい! [夕暮れの匂いに空を見上げる]
★『FLY, DADDY, FLY』原作・脚本:金城一紀 監督:成島出 出演:堤真一 岡田准一   主題歌:Mr.Children「ランニングハイ/四次元」  ⇒@『FLY, DADDY, FLY』公式サイト ========================================================= *笑って、泣けて、清々しい映画*もう、最初は笑った、笑った。もう堤さんはこういう笑いの間の取り方ホントうまいね!しごかれる時のジャージ姿のよれよれ姿は、立ってる姿だけで笑... [続きを読む]

受信: 2005.07.16 14:59

» FLY,DADDY,FLY フライ、ダディ、フライ [ネタバレ映画館]
 おっさんが高校生から人生を学んだっていいかもしれない・・・頑張れ、おっさん!  今まで見た岡田准一の映画の中では一番ハマっているのではないでしょうか。彼が演ずるスンシンはケンカが強くてクールな奴ではあるけど、人間の暖かさを理解し、相手の立場になることができるという、人間としてかなりでかい器を持った奴なのです。力がないのに復讐に燃える中年男鈴木の特訓中に、相手を殺しかねない内面を感じ取ったスンシンが「大切なもの�... [続きを読む]

受信: 2005.07.17 04:22

» FLY, DADDY, FLY [cococo]
マンガチックだな、と思ったら、やはりマンガにもなってました。明るくて、軽いものを [続きを読む]

受信: 2005.07.17 05:52

» FLY,DADDY,FLY フライ,ダディ,フライ(映画館) [ひるめし。]
大切なものをとりもどす、最高の夏休み! 実はまったく観る予定じゃなったこの作品。チラシの雰囲気からみてシュールなコメディだと思って興味がわかなかった。 でも今月号のCUTに載っている岡田くんがすんごくかっこよくて、彼目当てで観に行っちゃいました(笑) 劇場のお客さんは私と同様に岡田くん目当てであろう若い女性と、がんばる堤さんを観にきたであろう30代から40代の男性が多かった。 率直に言うと・・・すん〜ごく、お... [続きを読む]

受信: 2005.07.24 14:03

» フライ、ダディ、フライ [シネクリシェ]
 一見するとあまり飾り気のないストレートな作品にみえますが、盛りだくさんの要素が詰め込まれています。  1番目は復讐譚。この作品のもっとも骨 [続きを読む]

受信: 2005.07.31 09:05

» 映画『フライ,ダディ,フライ』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ レディースデイやレイトの時間帯は絶対混むだろうな…だって岡田君... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 01:54

» 『フライ,ダディ,フライ』 [京の昼寝〜♪]
「大切なものを守りたいんだろ、おっさん」 ■監督 成島 出■原作・脚本 金城一紀■キャスト 堤 真一、岡田准一、松尾敏伸、須藤元気、星井七瀬、愛華みれ、塩見三省、田口浩正、徳井 優、温水洋一、モロ師岡 絵に描いたような円満な家庭で幸せな生活を送っている鈴木一(堤 真一)。 そんな鈴木の生活が、ある日、あまりにも突然にガタガタと崩れ去った。 愛娘・遥(星井七瀬)が殴られて入院したのだ。 病院に�... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 21:53

« 時のしずく@中井久夫著 | トップページ | 坂手洋二さん作演出作品 »