« <現代核家族>の誕生 | トップページ | 日本映画は再興できる »

2005.08.13

運命じゃない人@映画

遊び心まんさい、おもしろい映画だった。(配役、物語は、下の本の感想見てね(^^ゞ

冒頭駅のベンチで座っている真紀(音楽流れてる)
真紀指輪を抜く(同時に音楽とまる)
(こういう音楽の使い方いっぱいありました。車走る=音楽流れてる、車止まる、ドアあく=音楽とまるとか)
真紀、大きいバックを手に立ち上がる、と直角に右をむき歩き始める。
(この直角ってのがなんともおもしろいのです。)

宮田、行くところがない真紀をマンションにつれて帰り、去った恋人の部屋に入れる。
宮田、説明する、真紀、宮田に近づき、宮田を抱く。
宮田、マネキンのように固まる、手の形も。--真紀離れる。宮田マネキンのまま、そのうち、パントマイムのように手が動き始める。

この場面、ベッドの下からも撮られてて、このとき、宮田左足、バレリーナのようにつま先立ち、真紀の右足、爪先立ち。そのうちそっと離れる。

宮田、タクシーに乗って去ってゆく、真紀を追いかけ、携帯電話番号を聞きだし、その場で両手を挙げて、横断歩道で踊りだす。
(この前の探偵神田の「いいか、11桁の数字を知ってるか、知ってないかだけが、赤の他人と、そうじゃない人をわけるんだ」(笑)の台詞がきいてます、この場面(^^ゞ)

台詞のおもしろさは、どこかに書いたけど、ほんとおもしろい映画で、客がそろって笑うってことがあまり映画館ではないんですが、観客も笑ってましたI「日本人、これが<笑い>だ」by ヨンファ@亡国のイージス(^^ゞ)。

おいらは、詐欺師のあゆみちゃんにだまされたい(爆)

|

« <現代核家族>の誕生 | トップページ | 日本映画は再興できる »

コメント

ご覧になることができて、良かった!(ほっ)
映画らしい、細かく計算された映像としてのおもしろさもありますよね。『釣りバカ日誌』とかの笑いとは、ちょっと違っていて、案外あり得そうなところが憎いです。台詞は、本当に素敵! センスと知性を感じますね。

倉田あゆみ ですね。そうか、タイプなのですね。
「誰が見ても比較的美人」というのに弱いのかなー?(爆)

邦画の女優さんなら、「岩下志摩」。亡くなった「太地喜和子」あたりがいいな、とずっと思っていて、それ以上の人は、まだいないな。
これからの女優さんなら、「谷村美月」(カナリアに出演)が、女優としてもすてきな美人になるかな、とも思うけど。(笑)

投稿: あかん隊 | 2005.08.13 01:46

ご紹介ありがとうさんです(^^ゞ、パスしてるとこでした、こんな面白い映画。
用事で行った、大都会でも、レイトショウでしかやってないんですよ。
映画にはないが、本には書いてあった「あゆみちゃん」の詐欺の手口。
高級車が停まってるそばで、急病になる。で、車の持ち主が病院に連れていってくれる。その間に親しくなる、このやり方のみ(^^ゞ
宮田くんは、社長に頼まれて、社長の高級車で、社長をホテルに送りとどけ、帰る途中で、急病のあゆみちゃんにであう。
おいらは、車運転しないから、あゆみちゃんにあうこともないんですが(爆)谷村さん、チェックしときます(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.08.13 07:32

TBありがとうございました。

探偵神田の台詞は面白かったですね。
思わず納得しながら聞き入ってしまいました。

投稿: ライファート | 2005.08.15 00:10

> ライファートさん
台詞もですが、探偵の神田さん、かっこよかったですね(^^ゞあゆみちゃんから「きらいじゃないんだな~」って言われてましたし。
最後のエンドロールが始まり、また、映画にもどるところで、まきちゃんが、マンションをおとづれるところ、そこへ宮田のマンションを借りる予定だった、上司というか同僚の人がメモを頼りにたずねてくる、ってとこ、ちと、わかりにくかったですね。

投稿: 悠 | 2005.08.15 08:06

悠様、コメントありがとうございました。
お手数をおかけして申し訳ないです。
自分のコメントの書き方が悪かったようですね。
自分は、ラストシーン以外には1シーンしか出演していなかったと言いたかったのですが、拙い文章ゆえ全編を通して1シーンしか出演していなかったかのような文章になってしまっていました。
ほんとごめんなさい(涙)

投稿: ライファート | 2005.08.15 20:22

>ライファートさん
気になさらないで下さいね。かえって恐縮しますので。気楽にお書き込みください(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.08.15 22:39

悠様。
了解いたしました~。
まあ、お気楽極楽でいきましょう!(^^)ノ

投稿: ライファート | 2005.08.16 21:39

おもしろい映画でした。
台詞もバレリーナなつま先もナイスでしたね。

投稿: かえる | 2005.08.17 11:03

>かえるさん
こんばんは。面白かったですよね。
宮田くんの一日は、真紀ちゃんに出会ったとこだけが、日常のできごととはちがうのですが、隠れてもっと違う一日があるんですが、それが交差してて、面白い映画でした。

投稿: 悠 | 2005.08.17 21:42

TBありがとうございました。
友人だからではないですが、ホントに
これからが楽しみな監督だと思っています。

投稿: 熊澤良二 | 2005.09.01 18:48

熊澤さん、コメントありがとうございます。
ほんと、楽しみな監督さんですね。名前はインプットしましたので(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.09.01 21:13

こんにちは〜♪
こちらでは昨日が初日だったんですよ。
神田のセリフはいちいちうなずける事ばかりでした。
「11桁の〜」も「30歳になったら運命の出会いとかないんだぞ〜」もなんだか印象深いです。
悠さん、あゆみちゃんに騙されたいの?(笑)
いやぁ、ちょっと意外な好みでした(爆)

投稿: ミチ | 2005.10.09 07:52

■ミチさん、こんにちは。
>いやぁ、ちょっと意外な好みでした(爆)
そうでしょうね。おいらの周りには、あゆみちゃん、いなかった^_^;
結婚前の男性は、ぜひ、この映画みてみてほしいです。君の生きているこの時代には、「蝉しぐれ」みたいに、君をしたって黙って待っていてくれる人などいないのだよ(笑)。

投稿: 悠 | 2005.10.09 11:27

TB&コメントどうもありがとうございました!
この映画、今年私が見た邦画の中では、かなりの上位に入る映画です。
大金投じた駄作が多い中、低予算でもこんなに上質の映画が作れるということに素直に感動しました。
もっと多くの人に見てもらいたいんですけどねぇ。

投稿: snowflower_001 | 2005.10.10 20:45

■snowflower_001さん、こんばんは。
絶対、いろんな劇場で公開されて、TVに売って、次の映画の資金にしてほしいですよね(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.10.10 21:26

TB返しありがとうございます。
私は神田君に説教されたいっ(笑)そして、宮田君のタクシーを追いかける勇気も欲しい(爆)
予備知識無しにこういう作品に会えるのって、すっごい楽しいですよね。

投稿: もじもじ猫 | 2005.10.12 23:28

■もじもじ猫さん、こんばんは。
ほんと、つかいたい台詞満載でしたね。おいらは、「おれがあんたなら自殺してるよ」って台詞を、使うチャンスをうかがってます(笑)

投稿: 悠 | 2005.10.12 23:46

あー、やっぱり映画館で見ればヨカッタ・・・
と後悔中です・・・(涙)
京都での上映回数、少なかったですよねえ・・・ブツブツ・・・。
ダレに一番親近感覚えるかで、その人の性格分かりそうですねえ(笑)

投稿: RIN | 2006.03.06 19:45

■わんしゃんはお♪RINさん。
>ダレに一番親近感覚えるかで、その人の性格分かりそう
は、は、は。あゆみちゃんは、この間、相棒@TVでみたときは、大学助手の固い役をやってました。やっぱりこの映画の方がよかった(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.03.06 21:18

こんばんは!echo&コメ、ありがとうございました!
美女に騙されて、痛い目にあってください!
またよろしくお願いしますね。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006.07.29 22:44

■こんばんは、猫姫さん。
美女に騙されて、、、、、おいらの場合、小心者だから、騙してくれないんですよ、おかげで、痛い目みないですんでます(爆)

投稿: 悠 | 2006.07.29 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094667

この記事へのトラックバック一覧です: 運命じゃない人@映画:

» 運命じゃない人 [cococo]
出だしは、ちょっとだるかったのに、中盤以降は、めちゃくちゃ楽しくなりました。時間 [続きを読む]

受信: 2005.08.13 01:37

» 亡国のイージス ヘナチョコ自衛隊全面協力のヘナチョコ映画 [Blog・キネマ文化論]
●亡国のイージスをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 ある日、東京湾沖で訓練航海中のイ [続きを読む]

受信: 2005.08.13 07:58

» 運命じゃない人 [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
本日3本目は「運命じゃない人」です。   さぁ〜、きました!きました!きましたよ(笑) 期待以上、メチャメチャ面白かった もう最高でした。文句なしこれはもう傑作でしょう。 練りに練られた見事な脚本には拍手を送りたいです。   僕はほとんど予備知識ゼ... [続きを読む]

受信: 2005.08.14 14:26

» 運命じゃない人 [ウゴウゴエーガ!]
渋谷ユーロスペースで「運命じゃない人」という映画を観てきた。 少し早めに行ったのだが、ユーロスペースを探すのに手間取ってしまって上演ギリギリで滑り込んできた。 いや〜あんなところにこっそりあるとは・・・ ユーロスペースさん中々の隠密能力ですね。 (って、下... [続きを読む]

受信: 2005.08.15 00:06

» 『運命じゃない人』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
カンヌで評判をよんだその構成、脚本に拍手。 一つずつパズルのピースが埋め込まれていくのが快感。 時間と空間を共有しても僕と君は別の世界を生きているのだなぁ。 おもしろかったー。そして、ホロリ。 ベストセラー本だとか流行りものの映画化が主流の邦画界で こういう練りこまれたオリジナル脚本作品に出会えるのは嬉しい。 5つの物語がパラレルに進行するユーモラスなサスペンス。 『パルプ・フィクション』を思い出すような構成なんだけど、 主人公はギャングじゃなくて、普通の会社員、ちょっと... [続きを読む]

受信: 2005.08.17 11:00

» 【映画】『運命じゃない人』大傑作+大推薦+絶対必見! [Badlands 〜映画と芝居と音楽と〜]
TITLE: 【映画】『運命じゃない人』大傑作+大推薦+絶対必見! URL: http://bonobono.cocolog-nifty.com/badlands/2005/08/post_74a9.html IP: 127.0.0.1 BLOG NAME: Badlands 〜映画と芝居と音楽と〜 DATE: 08/17/2005 08:18:23 PM [続きを読む]

受信: 2005.08.17 20:18

» 傑作。とにかく観て欲しい◆『運命じゃない人』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
8月24日(水) ゴールド劇場にて 日本映画で、しかもそれほど有名な俳優が出ているわけでもないのに、映画ファンの間ではとっても評判の良い作品。しかも、宣伝用のチラシの裏面には、あの黒沢清監督までが「これはもう巨匠の映画だ」と絶賛している。オダギリジョーも「す...... [続きを読む]

受信: 2005.09.01 12:58

» 映画「運命じゃない人」 [熊澤良二のフロク]
私の昔からの友人が映画監督として、デビューした。 そしてカンヌ映画祭に出品、4賞を受賞という快挙を成し遂げた! 名は、内田けんじ。 この名前は近いうちに、国民的に知れ渡る名になることは間違いない。 (映画を見てそう思った・・・) 昔から不思議とみなを引き寄せる魅力がある男だったのは確かだが、自分の 道、夢を追い続けることには、他人には計り知れない努力があったのだと思う。... [続きを読む]

受信: 2005.09.01 17:49

» 運命じゃない人 [広報宣伝室ブログ]
OPPO広報宣伝室勇気です。 OPPOがぴあフィルムフェスティバルを応援していた関係で 今話題の映画「運命じゃない人」を見に行きました。 映画待ちの間に見つけた猫の集会(渋谷の街中なのにスゴっ!) 「運命じゃない人」ってすごいタイトルですよね!... [続きを読む]

受信: 2005.09.13 19:02

» 映画「運命じゃない人」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「運命じゃない人」 ★★★★☆ ストーリー:素朴なサラリーマン宮田(中村靖日)、私立探偵をしている友人・神田(山中聡)、婚約破棄で傷心の真紀(霧島れいか)、宮田の元カノ・あゆみ(板谷由夏)、ヤクザの組長(山下規介)がそれぞれの思惑と事情で過ごす一晩。 上手いなぁと脚本に感心することしきり。 登場人物が少しずつリンクしながら、時系列をいじられながら進行する映画や本はよくある。 映画「メメント」もそうだ�... [続きを読む]

受信: 2005.10.09 07:45

» 「運命じゃない人」 [もじもじ猫日記]
すっごく面白かった! 実は内容をよく知らなくて、なんとなく観たんですが、大当たり!。 友人に“一人だけ違う星に住んでいる”といわれるほど人のいいサラリーマン宮田くん。 そんな彼が、振られた彼女を忘れるため、ほんのちょっと勇気をだした一晩のほのぼのした物語 なんて始まりで、くすくす笑えるし【あ、またゆるゆる映画かな】と思っていたら、 話は一転、大金の絡んだクライムストーリーに! なのに宮田くんは事件の中心にいるのに何も知... [続きを読む]

受信: 2005.10.11 22:51

» 運命じゃない人 [悩み事解決コラム]
{amazon}  第58回カンヌ国際映画祭で、フランス作家協会賞など4賞を受賞 田けんじ監督デビュー作『運命じゃない人』いかにもイイ人の 主人公宮田君。詐欺\師の女にふられて意気消沈。ある晩婚約を破棄 されたばかりの見知らぬ女にレストランで探偵の... [続きを読む]

受信: 2006.03.17 09:10

» 『運命じゃない人』’04・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ婚約破棄となり、二人で住む家を出てきた桑田真紀(霧島れいか)。サラリーマンの宮田武(中村靖日)は、すぐに人を信じてしまう典型的ないい人。そんな宮田の親友で私立探偵の神田(山中聡)は前の彼女を引きずる宮田のために、真紀をナンパしてくる。そこに行方...... [続きを読む]

受信: 2006.03.26 22:18

» 運命じゃない人 06年155本目 [猫姫じゃ]
運命じゃない人 2004年  内田けんじ 監督中村靖日 、霧島れいか 、山中聡 、山下規介 、板谷由夏 かなり練り込まれた脚本。 1夜の出来事を、登場人物ごとの視点で、何度も見せるんだケド、、、ま、しつこいと言えばしつこいですが、そのたびに、新しい発見がある....... [続きを読む]

受信: 2006.07.29 11:03

« <現代核家族>の誕生 | トップページ | 日本映画は再興できる »