« 妖怪大戦争 | トップページ | サウスバウンド »

2005.08.21

僕が選んだ洋画・邦画ベスト200

洋画であげられてるの100のうち、みたものは、「第三の男」「裏窓」「ドクトルジバゴ」「俺たちに明日はない」(前2はDVD、後2は劇場)6本。
2003-12-10 文春文庫 小林信彦著(単行本は、2000-12)。

邦画は、「酔いどれ天使(D)」「青い山脈」「生きる(D)」「幕末太陽伝」「炎上」「薄桜記」「人間の条件」「宮本武蔵」「飢餓海峡」「心中天網島」「男はつらいよ」「仁義なく戦い」「愛のコリーダ(D)」「ツゴィネルアイゼン」「Shall we ダンス?(D)」15本(DVDでみたのはDと記す)15本。

おいらは、中村錦之助、東千代之介。日活映画、裕次郎、小林旭なんか覚えてるな。それと、橋幸夫の映画、覚えてる。それと、黒澤さんの「蜘蛛の巣城」も見てる。小林旭の渡り鳥シリーズの「旭が歌をうたいながら登場する際、悪役は、ビール瓶を握り締めたままで絶対におそいかからない」(あーーそだった、そうだった(^^ゞ)。こういうB級テイストの映画って評価されないんだよね。「とらさんは、評価されるのに」(そう、そう)。

イーストウッドは、ジェイムス・ディーンより1歳年下っだったんだ。おいらの見てた、プレスリーの映画についても書いてる(^^ゞ。
おいらの、みたこともない、映画評がおもしろいのも、B級テイストの面白さ好き、二コール・キッドマンのファンってところが共通してるからかも知れない(笑)

「日本人は笑わない」(by ヨンファ←えいかげんにせぃ)ってこれ、著者の新潮文庫(1997-11-01刊)。漱石が、「猫」に引用している「こういう詐欺師の物語があった。。。」というミステリーの題名、作者を探し当てて指摘したのは、1961年、山田風太郎(SHINOBIの原作者です(^^ゞ)。
漱石が落語を聴いていて、これを引用してるってのが、指摘されたのも、最近の話かな。漱石って、明治、大正時代、小説家としては、評価されてなかった。求道生活の報告書みたいな、小説がはやってたから。こういうエンターテイメントあり、の小説の評価はひくかった。ユーモアの<喪失>しているのが日本だと喝破している。

おいらには、高校生のころ、京都のオランダ美術展に友達と行って、「フローラー」って書かれた女性の絵の前で、「おいおい、これさ、英語なら、フラワーだよね。まー日本で言えば、花子ちゃん」って言ったとき、絵を眺めていた品のいい老嬢から、きつい目で、にらまれたトラウマが残ってます(ほんと、一緒に笑ってほしかった)。

でも、おいら、大阪の環状線(山手線みたいなもの(^^ゞ)に乗ってて、高校教師の友達が「悠よー、おれの教え子ベンチャ・ビジネスで成功してるねん」おいら「ふーん、お前だって成功してるやん」友「?」おいら「お前だって、べんちゃら・ビジネスやってるやん」
(これで、前の乗客がふきだしました(^^ゞ)。べんちゃら=おべんちゃら(関西弁ではおべっかのことをこういう)(この話、面白いから、何回かしてる、どっかで、聞いた君、同じ話をするな、というなかれ(^^ゞ、大阪人を笑わせるのは、大変なんだから(笑))。

|

« 妖怪大戦争 | トップページ | サウスバウンド »

コメント

「青い山脈」だったかなぁ?私の叔母あたりが、エキストラで出たとかで、
子供の頃、そのときの撮影時に撮った写真をたくさん見た気がします。
今でも実家に残されています。今、懐かしく思い出しました。

「おべんちゃら」は中部圏でも通じる言葉です^^
私も使わせてもらおうっと(笑)

投稿: アゲハ蝶 | 2005.08.22 08:20

アゲハ蝶さん、こんばんは。
「青い山脈」吉永小百合さんでしょう。聞いたことありますよ。お城のそばの学校内での撮影でしてたでしょ(^_^)お城のそばでは、忍者赤影だっけのTVドラマの撮影、篠田正治監督の「槍の権左」の撮影なんかに、出くわしたことがありますし、つい、1年くらい前には、北大路欣也さんの「子連れ狼」だかの撮影にでくわしました。

投稿: 悠 | 2005.08.22 18:41

やっぱりそうでした!!「青い山脈」でした。
叔母はお城のそばの学校に通っていました。
叔母は悠さんと同じ団塊の世代なんだぁ。。。
と、妙に納得!!
うん、あそこのお城はいつも時代劇なんかの撮影場所ですよね。

緒方直人主演の「郡上一揆」のときは、こちらの人間は
(特に子供)み~んなエキストラに借り出されました^^
映画って面白いなぁ~って思った瞬間でした^^

投稿: アゲハ蝶 | 2005.08.22 21:38

ぶひひ~~、私も、吹いた♪
お友達に ■■■■■ 座布団5枚はぃ!

投稿: b | 2005.08.22 22:30

違った、悠さんに■ ぼけてきた(笑)

投稿: b | 2005.08.22 22:31

アゲハ蝶さん、おはようさん。
じゃ、知り合いか、知り合いの知り合いかもしれませんね、叔母さんは。
ワンシーンの撮影の時間って、長いってことがわかりますでしょ、エキストラ経験すると^_^;

投稿: 悠 | 2005.08.23 06:10

bさん、おはようございます。
■ありがとうね。ほんとよくできたギャグでしょ、われながら(笑)。
明日は、関東方面でお仕事だから、今夜からでかけます(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.08.23 06:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094672

この記事へのトラックバック一覧です: 僕が選んだ洋画・邦画ベスト200:

« 妖怪大戦争 | トップページ | サウスバウンド »