« 姜尚中に聞いてみた! | トップページ | 邦画@最近の映画 »

2005.09.03

悠亭日乗2005-09-03

謡の稽古日なんだけど、どうも、行く気がしない。っても、この前もサボってるし。やめればいいんだけど、やめたくもなし。おいらスランプかも。

「ドラゴン桜」ってドラマがあるんだけど、脚本家の名前を見ていたら、秦建日子ってある。えぇ、秦恒平の息子じゃんって、思って、調べると、やっぱり息子さんでした。秦恒平は、能「清経」等に題材をとった、「清経入水」とか「安宅」とかを書いていた人、昔、昔、太宰治賞をとったはず(たしか、「清経入水」で)。清経入水って、清経の物語とからめて、主人公の恋がかたられる手法で、この物語が発展したのが「初恋」。「みもごりの湖」の女性主人公は、滋賀五個荘出身にしてあった。
江藤淳の後任として東工大におられてだいぶ前に定年でやめられている。

もうひとり、京都市役所勤務で「思想の科学」編集委員等されていた北沢恒彦さんの著書も愛読していたが、北沢さんと、秦さんが、お母さんの事情で、兄弟別れ別れに養子に出された兄弟であるというのを知り、数奇なこともあるんだと思ったことがある。

この北沢さんの息子さんが、小説家の黒川創。才能は継承されてゆくんですね(^^ゞ

さ、稽古いかなきゃ(-_-;)

|

« 姜尚中に聞いてみた! | トップページ | 邦画@最近の映画 »

コメント

頑張ってください、貧乏神さま

えっ何時までもそればっかりじゃないって♪ ドラゴン桜私もみてるよ~~♪

早くもお昼だよ、だれか作ってよお昼、嫁さんほしい、主夫でもええけれども

投稿: b | 2005.09.04 12:05

bさん、貧乏神@「筵八幡」演ったとき、見に来ていただいたんだ(^^)
いまだに、お顔をしらないのですが、こんど、どこかで、見られたら声かけて下さいな(^^)

投稿: 悠 | 2005.09.04 14:39

悠さん、こんにちは。
TBありがとうございました!
脚本家の方のこと、存じ上げませんでした。
オリジナルは漫画を読みかじったことがあるのですが
ドラマ版の面白さにハマりました。
お父様も高名な方だったのですね。
教えてくださりありがとうございます!

投稿: ちーず | 2005.09.11 15:08

ちーず さん、こんにちは。
週刊現代を読んでましたら、秦さんがエッセーをかかれている。つかこうへいさんとこに関係されてた方で、JCBにお勤めだったとかでてました。

投稿: 悠 | 2005.09.11 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094680

この記事へのトラックバック一覧です: 悠亭日乗2005-09-03:

» ドラゴン桜 第10話 [どらま・のーと]
『友情か受験か?最後の決断』 突如、東大受験を辞めると言い出した直美(長澤まさみ)。 桜木(阿部寛)はただ頷くだけで引き止める様子も見せない。 一方、直美の判断に驚き、理由を問いただす勇介(山下智久)。 直美は、母・悠子(美保純)が脳梗塞で入院し、代わりに店..... [続きを読む]

受信: 2005.09.11 15:26

« 姜尚中に聞いてみた! | トップページ | 邦画@最近の映画 »