« ダンスでコミュニケーション | トップページ | SHINOBI »

2005.09.18

シアタードラマシティ2005-9-17

シアタードラマシティ@大阪で、「ドレッサー」を観ました。
時代は第二次世界大戦前、空襲警報がなったり、爆弾の音がなったりしている、楽屋。

座長@平幹二朗、ドレッサー@西村雅彦、妻@松田美由紀、マッジ@久世星佳、アイリーン@勝野雅奈恵、、、。

座長が突然ぼけてきた、劇場では、客がはいっている、ぼけている座長を、おだてたり、すかしたりしながらドレッサーがリア王の舞台の準備をすすめる。

座長がメークしながら、リチャードⅢ世、オセロー、マクベスの台詞をいったり、はじめの台詞が出てこなくかったりとか、なんとか、舞台がはじまる。舞台では、座長リア王を勤めたみたい。で、その間の、座長と妻との会話、じつは座長、サーナイトの称号をもらうために、前妻とは正式に離婚していなくて、これを妻から責められている。座長を慕う新人劇団員アイリーンにせまったりしている。その間、間にはなされる、批評家への嫌悪、経営問題、いい役をつけてくれ交渉にくる役者、脚本をよんでくれという座員との会話。
批評家をけなしてるけど、劇評は残してある、ドレッサーに客の評判がいいと聞くと、喜ぶ。

まー舞台の裏側をみせて、また、舞台でのリア王を創造させ、カーテンコールで、「戦争という状況にもかかわらず、舞台を追求してます」との座長の立派な挨拶とか、劇をつくる人々についての演劇についてのメタ演劇です。

マッジの出番がすくないのがちと不満なんですけど、面白かったです。

平さん、シェイクスピアの舞台やってるから、やはり貫禄で、「ドレッサー」って題名なんだけど、座長を批判する視座をもつ、ドレッサー西村さんがちとかすんだかな??西村さん、座長に愛をささげる、多少ホモっぽい役なんだけど、ちと抑制がかかったかな??
(座長一筋ってのが、ちと、みえなかった(^^ゞ)

脚本家さんは、ロナルド・ハーウッド。戦場のピアニスト、お正月映画の「オリバー・ツイスト」の脚本家さんです。ドレッサーは映画にもなってます。

|

« ダンスでコミュニケーション | トップページ | SHINOBI »

コメント

こころそぞろの悠賛へ
風知草のとみです。
謡を習っておられるとは羨ましいです。昔,2年,お稽古したことございました(。、ヾ。
行動のインセンティブが似ていますね。
もしかして,今日,大人計画七人の恋人のチケット並びしてらっしゃりたりして…。あの方かも。
メタ演劇流行ってますね。芸道は成功と転落が分かりやすく,自己実現ということに観る者が置き換えやすいからと思われます。
戦場のピアニスト,この休み中に復習します。

投稿: とみ | 2005.09.18 16:23

とみさん、こんにちは。
大人計画は舞台みたことがないのですよ。TV、映画で劇団員がでてるのは、よくみてるんですけど、荒川良々、阿部サダヲ、松尾スズキ、紙岩さんだっけ、、、、と。今日は仕事してますんで、通勤と、机の前から以外は動いてません(T_T)

投稿: 悠 | 2005.09.18 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094688

この記事へのトラックバック一覧です: シアタードラマシティ2005-9-17:

» ドレッサー [風知草]
ここのところ,バックステージものの観劇が続いている。 バックステージものの名作「 [続きを読む]

受信: 2005.09.18 15:23

« ダンスでコミュニケーション | トップページ | SHINOBI »