« 討論・日本のマスメディアと私たち | トップページ | シアタードラマシティ2005-9-17 »

2005.09.17

ダンスでコミュニケーション

岩波ジュニア新書@香瑠鼓 2005-3-18発行

「メゾン・ド・ヒミコ」@映画のダンスホールの踊りが、みんな楽しそうに踊ってて、最後のエンドロールに振り付け「香瑠鼓」ってあったのは、映画の感想で書きました。で、「メゾン、、、」関連本で、香瑠鼓さんが出てないか、見ましたが、載っているのがない(T_T)。おいら、あのダンスシーン、と「ぴきぴきぴっきー」と、ドボルザークの母の合唱が、あの映画のツボなのに。。。。。あれみんな楽しそうで、一人一人が輝いてました。

以前観た、津村礼次郎@能役者と競演していた森山開次@コンテンポラリーダンスの、森山さんが香瑠鼓さんと一緒に仕事をしていた。香瑠鼓さんも能を習ってはるってあった。
そういえば、能の写真を撮られてる森田拾史郎さんが、香瑠鼓さんを撮った写真が何枚か掲載されている。

「私がめざすのは、瞬間にその人が感じていることを表現すること」かっこいい!!

香瑠鼓さんのWORK。ミュージカル「ヘア」主演。障害児たちのためのダンス教室主催。WINKの振り付け、「慎吾ママのおはロック」振り付け等々。

|

« 討論・日本のマスメディアと私たち | トップページ | シアタードラマシティ2005-9-17 »

コメント

悠さん、こんにちは♪
TBありがとうございました。
映画の感想の方へこちらからのTBを送らせて頂きました。
あのダンスシーン大好きです。
みんなが幸福感いっぱいの顔で踊っているのを見るとこちらも幸せになってきました。
振り付けが香瑠鼓さんなのは知っていましたが、こういう本も出ているんですね。
ダンスシーンで流れていた歌はリアルタイムで知っているので、ダンスミュージック風のアレンジが新鮮でした。
母の歌はいまだに頭の中をぐるぐる回っています。
ピキピキピッキーのポーズはマスターしました(←バカ)

投稿: ミチ | 2005.10.21 08:37

映画や芝居に負けず劣らず、私、「踊り」もすっごく好きなんです。
あ、踊れませんよ、見るだけ(笑)。
自分も踊れたら、もっと楽しいんでしょうけど。

ジャンルを問わず、生の喜びを謳歌するものであれば、何でも好きだなぁ。
久々に何か見たくなってきちゃった。

投稿: snowflower_001 | 2005.10.21 10:42

■ミチさん、こんばんは。
幸福感いっぱいで、みんながきれいにみえましたよね(^^)ーーって、あのからんでるおじさん以外は。
私も、あの歌、リアルで知ってるんです(^^)、ドボルザークの歌じゃないですよ(笑)

投稿: 悠 | 2005.10.21 18:34

■snowflower_001 さん、こんばんは。
「踊る」ってのは、むつかしいですね。でも、おどれたら楽しそうってのはわかるのですが(^^)。
ジムへかよってるとき、エアロビみながら、あれは、女性だけの楽しみにしておいてはいかん、って思ってましたが、中にはいってゆく勇気はありませんでした(^^)

投稿: 悠 | 2005.10.21 18:38

はじめまして。こんばんは。
「メゾン・ド・ヒミコ」のクレジットに振付:香瑠鼓の名前を見つけ、いろいろ調べてもなかなか見あたらず、ここを探し当てました。
見てる人はちゃんと見てるものだと確信できました。うれしいです。
私の友人が仕事関係で香瑠鼓さんとつながりがあるらしく、その友人から絶対おすすめ!をもらっておりました。昨日映画でおもいっきり揺さぶられましたのでファンになるかもです。
TBできなかったのでコメントにしました。
よろしくです。

投稿: bunta | 2007.01.29 23:50

■buntaさん、はじめまして。
>見てる人はちゃんと見てるものだ
こういっていただけると、ほんと、うれしいです。
って、私も、ネット友達から香瑠鼓さんを教えていただいたんです。
>仕事関係で香瑠鼓さんとつながり
いいですね。
また、よろしくお願いします。

投稿: 悠 | 2007.01.30 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6094687

この記事へのトラックバック一覧です: ダンスでコミュニケーション:

« 討論・日本のマスメディアと私たち | トップページ | シアタードラマシティ2005-9-17 »