« ■テキサスの日系人 | トップページ | ■二重言語国家・日本 »

2005.09.24

■日本退屈日記

サイモン・メイ 駒沢大学出版会2005-07-11発行
東京大学1年間客員教授として勤務した、ドイツ哲学の専門家の日本滞在記。

事務方との、「小学校を卒業した日を正確に記せ」「記せないなら、それが一般的であることを証明する文書を、書いてもらえ」等とのわずらわしいやりとりから、東京での太鼓奏者とフランス人作家のゲイのカップルとの哲学的会話から、能楽師梅若氏との会話等々。

梅若さんは、外国人女性と結婚されていて、その娘さんが能楽師になろうとしているとあった、この梅若さんはだれだろう??

著者は、日本は、伝統的秘密主義、和という合意、官僚主義故に、日本人社会は崩壊がおこるまで、改革が実行できない可能性が高いと予言している。官僚の秘密主義、もみ消し、統制。。。これが危機にさいしては妨げとなる、という。重大情報の流れをせきとめる妨害、過ちの組織的隠蔽が、弊害になっているという。日本の財政赤字、科学技術の世界レベルの程度、日本庶民には知らされてはいない。。。。

うーん、予言があたらないのが祈るのみですな〜せめておいらがボケずに生きている間だけでも(T_T)

|

« ■テキサスの日系人 | トップページ | ■二重言語国家・日本 »

コメント

わかりますね。>だめにならないと理解しないだろう…ってこと。
既得権益を持つ人たちは、国民や大衆というのは、自分たちのことではない…と思っているし、犠牲になる人がいるとしても「自分のことではない」って思っている人がほとんどでしょう? 東南海地震とかあるとされていて、予想される被災者の数が発表されても、自分はその中には入ってないんです。「そう思いたい」というのが「そうに違いない」になってしまったりする。それにとても「あきらめ」も早いようで、どんどん気分が変わるような…。
かく言う自分自身も、このままでいいのかどうか…。思いますよ「大変なことにならないうちに、おさらばしよう」って(爆)。

投稿: あかん隊 | 2005.09.25 01:39

あかん隊さん、コメントありがとうございます。
昔レオナルド熊のコントで
石塚(宿の客)「なんだ、部屋がちゃんとしてないじゃないか、お前のところは優良旅館って表示がでてるのになんだ」
レ(宿屋の番頭)「あれですか、あれは、優良旅館だったらいいな~って意味でつけてるだけなんですよ」
ってのがありました。お上も、「そうだったらいいな~」って思ってんじゃないかと(笑、、ではすまないんですけど(怖))

投稿: 悠 | 2005.09.25 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6095616

この記事へのトラックバック一覧です: ■日本退屈日記:

« ■テキサスの日系人 | トップページ | ■二重言語国家・日本 »