« メゾン・ド・ヒミコ | トップページ | 討論・日本のマスメディアと私たち »

2005.09.17

能楽の楽しみ

たとえば、今習っている「東北」(とうぼく)。物語は、京の東北院を訪れた旅の僧が梅の花を見ている。すると女が現れて、その梅は、和泉式部が植えた軒端の梅だといって去る。
和泉式部が現れて、道長がとおりかかったとき、「門の外法の車の音聞けばわれも家宅を出でにけるかな」と歌った昔のことを語って舞う。

別に、深い物語があるわけではない。昨年、「求塚」@能を現代劇にした鐘下辰男が、能は、「劇台本の要約くらいのことしか書いてない」って言っていた(台本、A4、1枚裏表あれば、一曲は記載可能)。
で、登場人物は有名人(たとえば、義経、在原業平の女、弁慶等)がおおい。

で、おいらたちは、衣装、面@「若女」の美しさを感じ、囃子の太鼓、大鼓、小鼓、笛、合いの手の「いーーーや」、バックコーラスの地謡さんの謡、シテ(この場合式部さん)の舞を見て、それなりの感動を得て帰る。

主人公が有名人であるから、観客は、その人に持っているイメージを投影できる。だから、謡が何を言っているかわからなくとも、それとなくわかるようになっている(ほんと、能の謡は聞いてわからなくなっている、台本を配ってくれる会もある、なぜ、こんなにわからなくなったのだろう????)。

台本のところどころには、「春や昔の春ならぬ」「久方のあまぎる雪の」なんて、文句は、どこかの和歌の部分を抜いてるだろうと思うんだけど、もう、そんなことが、わかる教養はない(でも、新作能がつまんないのは、和歌の文句をちりばめた豪華さがないことによるんだろう、作者が、和歌の言葉を抜書きするほどの教養がもうなくなっている)。

で、何がいいたいのかというと、能は、知識の浅さ、深さを問わずというか、レベルに応じて、観客を満足させるている。

ってことは、演劇にも、映画にも、あることだと思う。
だって子供から、大人までが面白いって作品があるんだから、子供は子供なりに、大人は大人なりに満足を与えられている。

卒塔婆小町と、通小町とで、卒塔婆小町を演じるのがむつかしい、とされているのは、
観世寿夫が言ってるように、卒塔婆には、最初、「卒塔婆」に座る小町のなれのはての老婆と僧のやりとり

僧「これ、卒塔婆にすわるなんておそれおおい」
老婆「なに言ってんだい、たかが朽ちた木だよ」
僧「なんぼ木でも、卒塔婆は、仏の体だ」
老婆「ふーーん、わしには、花のこころがあるから、よい供養になってるわい」

ってな「笑」があるんで、これを後の、凄惨(深草の少将の)につ落差をつくるんだけど、笑わせるのが、むつかしいからだ、ってことなんだ.
だけど、ここが笑うとこだってのが、もう、観客にわからなくなっている、う--ん、寿夫さんが、わざわざ言ってたくらいだから、能役者もわかってないかもしれん^_^;
(もちろん、おいらも寿夫さんの著作よまなければ、笑いところってのがわかっていません(-_-;))。

もう台本に「(笑)」と入れといてほしい(^^ゞ

|

« メゾン・ド・ヒミコ | トップページ | 討論・日本のマスメディアと私たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能楽の楽しみ:

« メゾン・ド・ヒミコ | トップページ | 討論・日本のマスメディアと私たち »