« 蝉しぐれ〜その2 | トップページ | 堤真一@梅芸-2005-10-14 »

2005.10.13

2005-10-12

歌舞伎座幕見初体験。早起きして、関東まで仕事で出かけて、20分で仕事が終わった。え、えっ、そんなら、シアターガイドもって来るべきだった(笑)。で、確か、染五郎親子の「夢の仲蔵」どっかでやってたよな、っておぼろげな記憶で、歌舞伎座へ。ついたら劇場違いで、1時半、しょうがない中途半端な時間じゃ、と幕見の看板ででてたんで、係りの人に聞いたら、途中からでもはいっていいよってんで見てきました。「加賀見山旧錦絵」(菊之助、菊五郎、玉三郎出演)。一番天井に近い席なんだけど、1時から3時30分まで、1100円。映画よりやすい(^^ゞ。

で、4階で、イヤホンガイド耳にして、みてると、歌舞伎通になれること請け負いです。ぜひ、時間つぶしにいってくださいな。

上からみてると、自害した玉三郎を、菊之助が抱き起こしたりするところなんざ、死んだ玉三郎が自力で起き上がってるのが、よくわかります。客席に背をむけて、菊之助が、玉三郎を後ろにはこぶとこは、玉三郎足をつかって歩いてる(え、死んでるでしょう??)(^^ゞ。こういう演技ちゅうか、演出がわかるから、最後尾の席もすてたものではない。

仕舞で、正面の客に後ろを向けたとき、速く歩こうが、ゆっくり歩こうが、客にはわかんないのだから、ここで、間をなおしなさい、って教わったけど、歌舞伎もやっぱり同じことやってんだ(笑)。
仕舞は、脇席からみてる客がいるからいやなんだけど、歌舞伎も、4階からみられたらいやかも。

はやめに帰ったんで、15分遅れで地元の演劇鑑賞会の「赤い月」@文学座を見る。なかにし礼さんの原作、脚本。でも、原作者が、脚本書くと、やっぱりエピソードを全部かこうとするんで、散漫な劇になってました。おわりに、メゾン・ド・ヒミコの歌風で、歌がながれるけど、これって、郷愁をさそうのはなぜなんだろう。これって映画にもなってるけど、そんだけエピソードいれるんだったら、絶対映画のほうがいい、ってのが感想でした(映画みてませんけど)。

「円生と志ん生」@井上ひさし、「だるまさんがころんだ」@坂出洋二と反戦劇みたけど、これは、暗いだけって気がした。文学座、劇作家そだててこなかったツケがでてるかな、と、生意気な感想。

|

« 蝉しぐれ〜その2 | トップページ | 堤真一@梅芸-2005-10-14 »

コメント

こんばんは!またお邪魔します。
すごいっ! いろいろなお芝居をご覧になっていますねぇ。
しかし4Fの幕見席だと、見えてはいけないものまで見えてしまうようで(笑)。
今回は花道はあまり使わない芝居でしたっけ?
花道を多用する芝居だと、上階はフラストレーションがたまりますよねぇ。

『赤い月』って、確か獅童が出てテレビドラマ化されたお話ですよね??
文学座のお芝居って、なぜか未体験だなぁ。

『夢の仲蔵』は今週末見に行く予定です。
染五郎の忠信が楽しみデス。

投稿: snowflower_001 | 2005.10.13 23:30

歌舞伎座…何度も前を通りながら、ついぞ入ったことがありません。敷居が高い。
ふと思いついて行って、入場できるものなのですか? 可能なら行って、イヤホンガイドを聞きたいデス。

snowflowerさんも、すごくテリトリーが広そうですね。お芝居もご覧になる方は、本物だな。>自分は、偽物(爆)。

『赤い月』は、原作を読みました。映画は、常盤貴子だったので観てません。>どうして? と聞かないでネ(汗)。

なかにし礼さん、嫌いじゃないのですが、どうも「女性的」。女性にありがちな「しつこさ」「くどさ」を感じてしまう自分です。>自分はどうなのよ。はい。すみません。

投稿: あかん隊 | 2005.10.14 01:58

■あかん隊さん、おはよう。
『赤い月』の原作読まれてるんですね。常盤貴子「星になった少年」ですよね。なぜって聞いてみる(笑)
偽者、本物ってことはないですぜ。もう、すきずきがあるだけで(^^ゞ

幕見、時間的余裕がないときいいな~と。そういえば、私が行ったとき、外人さんが何人か見えてましたが、多分、歌舞伎の雰囲気味わいにこられたのかな。おいらも、係りの人に聞いてはいってます。お江戸はいいな~。こんなのがあって。
http://www.kabuki-za.co.jp/info/kougyou/0510/10kg_1.html

投稿: 悠 | 2005.10.14 05:50

■ snowflower_001さん、おはよう。
「阿修羅の。。」@天海夕希さんのとき、花道の上の席しかとれなかったのですよ(T_T)、でも、まーしょうがないかと。
そういえば、文学座、地元の演劇鑑賞会でみるだけです、おいら。座員の今井明彦さんは、他の芝居でみかけてるんですけど。「交渉人真下、、」@映画で、オーケストラのシンバル打ってて、引きおろされる役されてましたが(^^ゞ
「仲蔵」劇中劇もたのしみですよね。前のときは「関の扉」をやってました。

投稿: 悠 | 2005.10.14 06:09

おはようございます!
拙ブログへのトラバ、ありがとうございます。
幕見で、ご覧になったとのこと。
お疲れ様でした!
実は、まだ未体験の世界で…。
(^^;
ギリギリで動くことが多いので、チケット確保してからじゃないと心配で。
(--;
『夢の仲蔵』は、初演がピンと来なくて今回は見送ってしまったのですが、観た方から「大分、改訂されてるみたい」と聞いて歯軋り。
やっぱり自分で確認しなくちゃダメですね。
(><)
ところで、トラバはダブっていましたので、一つにいたしました。
舞台全般なんでもアリで、雑多な内容ですが、よろしければ又、お立ち寄りください。
今後とも、よろしくお願いいたします!
(*^^*)

投稿: midori | 2005.10.14 10:32

midoriさん、こちらでも、コメントありがとうございます。
「仲蔵」は、いつだったろ、帝劇で「モーツァルト」やってるときに見ました。
わたしも、当日券狙いなんてできない口なんですけど--東京まで行ってチケット手にはいらないと、たいへんですもんね。今回、たまたま、見られました(^^)。

投稿: 悠 | 2005.10.14 15:06

またまた、お邪魔します。
歌舞伎座のURLをありがとうございます。
早速確認してみましたが、スケジュールにしても、どこをどう見ればいいのかも、よくわからず…。今度、歌舞伎座に直接電話して、どうすればいいのか、聞いてみようと思っています。>いいのかなー、こんなに「遊んで」ばかりいて…。(汗)

投稿: あかん隊 | 2005.10.14 23:34

■あかん隊さん、おはようさんです。
>いいのかなーこんなに「遊んで」ばかりいて…。
わたしの場合は、机の上が仕事の山で、休日仕事場にいかなきゃいけないんです。
歌舞伎なんですけど、昔は、食事しながらみてたんで、食事しやすいように、ゆっくりと間延びしたとき--ま~相撲でいうと、塩まきの時間ーがあるんで、まじめにみてると、退屈するときもあるんで、ご注意を(^^ゞ。
映画、演劇は、見ながら食事なんて!って、緊張してみてなさいよ、っていう緊張強制型=西洋型ですけど(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2005.10.15 09:33

歌舞伎座に行ってまいりましたっ!
しかし、TBが相変わらず反映されないのはなぜ??
頼むよ、gooブログ~!!

『加賀見山』は泣きましたよ。
二幕目の尾上部屋の場がヨカッタなぁ。
自害を決意して悲壮な覚悟の尾上と、明るく屈託のないお初のコントラストがたまらなかったデス。
お初を使いに出した後、背中を向けて悲しみを表現する玉三郎がまた、すごいっ!!

投稿: snowflower_001 | 2005.10.23 22:52

■snowflower_001さん、こんばんは。
尾上と、お初の会話、お初をつかいにだすって場ですよね。自害を決意した町娘出身の尾上と、とめようとする剣の達人、武家出身のお初。自害するのをしってても、どきどきしますよね。

投稿: 悠 | 2005.10.24 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6385346

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-10-12:

« 蝉しぐれ〜その2 | トップページ | 堤真一@梅芸-2005-10-14 »