« 堤真一@梅芸-2005-10-14 | トップページ | 語りの芸 »

2005.10.16

2005-10-16悠亭日常

昨日は、稽古さぼってしまった。うーん、稽古のための稽古していない日は、いくのがつらい。っても、来週までに稽古してるかちゅうと疑問なんやけど。毎日、5分とか、決めて、稽古しようと、これって、できそうに思うけど、絶対だめだと思う。
毎日10円貯金しようと思うのと同じで、年間3650円を貯金するのはたやすいけど、毎日なんてできっこないことを思い知らなきゃ(T_T)。

石川九楊さんの著作めくってたら、「ムンクの絵は、モデルに対する感情、モデルがムンクに抱く感情までが生き生きと書かれている」ってのがあった。べつに、エロスというわけじゃないんだけど、この生き生きした感じが、日本の絵には、ないよな。外国の映画にでてくる街って、そういえば、生き生きしてる。

新国立劇場で、ボイストレーニングを担当する人が、腹式呼吸とか、そんなのじゃなくて、役者の「言いたいこと」をどうやってひきだすか、なにも、言いたいことがないのに、発声法だけ達者になってどうすんだ、みたいなことを書かれてました。これは外国で学ばれたとのこと。演出家の指示に「それはどうしてでしょう?」「そこができないのですが、どうすえば?」って役者が聞くってことは、日本ではない、ってのを変えたいとも。
これと、生き生き感が関係する気がする。

うーん、伝統芸能の世界の稽古で、「それはどうしてでしょう?」ってなことを言ったら、ぶっとばされそう(笑)。この世界は、演じ手が、演出をするので、演出ってのが確立していない。こんなのも、関係あるのかな。

近所のシネコンの映画、活劇は「七剣」と「ステルス」、どちらも評判わるそうだし、どうしようかな等。「最後まで、椅子に座ってる」ってことじゃなく、途中で出るって映画かもしれんし。最近では、何回も書いてるけど「MAKOTO」。映画の後半からみたので、出るチャンスの逸した「容疑者室井慎次」。

新劇関係の雑誌読んでたら、ジャンジャンのことを永六輔さんとかが対談されている。むかし、東京にいるとき、楽屋って芝居みたんだ。そういやぁ、四国の田舎からでてきた友に連れれて「銀パリ」も何回かかよった。四国の友人、なぜ、銀パり知ってたんだろう??。おいらは、そのときまで、名前もしらなかった。

|

« 堤真一@梅芸-2005-10-14 | トップページ | 語りの芸 »

コメント

こんにちは。
毎日続けるって、本当にたいへんだと思います。それを言い訳にして、なかなか新しいことを始められない自分。例えば、これをあと10年やったところで、いったいどうなる…などと考えるとなおさら。自分で自分に箍(たが)をはめてどうする…。

日本はずっと「没(隠)個性的」なことが、美徳とされてきた気がします(一般的には)。そこに「個性」や「主張」があったとしても、それ、とわかるように、他者に向かって表現したり、主張したりすることには慣れていないのかもしれませんね。

投稿: あかん隊 | 2005.10.16 12:24

■あかん隊さん、こんにちは。
毎日すこしずつやれば、、、、英会話とか、なんとか、こういう歌い文句があるのはねぇ、それと、毎日習慣つけている食事(これだけは、生まれてからずっとですもんね)をわずかの間カットするダイエット法とか、この日常の習慣のおそろしさをしらないんじゃないか、と。ついでにいうと、「たばこをやめられない、意志が弱い」っていうけど、「あんたのたばこを吸おうって、意志はつよいんだから、人から何をいわれようと、自分で決意しようと、やめない、(習慣)」これって見事だよ、「弱い」と嘆くにはおよばないっていつも、いってるんですけど(笑)

>他者に向かって表現したり
ってのがないんですよね。おいらも、そう、思います(^^)
狂言での会話も独り言を互いにいいあってるみたいなとこがありまして。。。
つねずね、伝統芸の神髄は、「語り」にあるんじゃないかっておもってるんですけど。「那須の語」やっても、そう思いました。

投稿: 悠 | 2005.10.16 13:44

まあ、私は実際やったことないので詳しくはわからないんですけど、「型」の美学ってのもありますよね。
「型」からさらに上を行って、「個性」が出る凄さとか・・・。
一日10円貯金は簡単じゃないですよお~(苦笑)
私には向かないです・・・ハハハ

投稿: RIN | 2005.10.22 10:29

あ、そうそう「七剣」早く行かないと終わっちゃいますよっ!
私的には、今年のベストランキング上位です!
でも、酷評多いですねえ・・・。
香港魂がないと、観るのがツライようです・・・
あじゃじゃ・・・

投稿: RIN | 2005.10.22 10:32

■RINさん、こんばんは。
「七剣」RINさんちで評をみてやめたのに(^^ゞえぇ、もうおわったんじゃないかな(T_T)。

そうそう型の美学ってあるんですよ。まー、今のTVのお笑いの台本の質高くなってますんで、台本借りて素人がやっても、ある程度受けるってのに似てます(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.10.22 22:48

が~~~ん・・・・
ウチの記事で、「観るのはヤメ」になったんですか???
あんなに褒めちぎったのにっ!!
「華流推進委員会」なのに、裏目に出たとは・・・。
記事の書き方のどこが悪かったんでせう?
参考までに教えてくださいませっ

投稿: RIN | 2005.10.23 14:14

■RINさん、すいませぬ。
>紅一点の女剣士」なんだから、やっぱり見事な立ち回りを見せていただきたいもの。やっぱ、チャン・ツィー
これ、これなんですよ。こんなとこで反応しちゃいました。「天保」で、篠原涼子の下手な立ち回り見せられてたもんで、そのあとで見るのは、つらいぞなどと(^^)

投稿: 悠 | 2005.10.23 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6421433

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-10-16悠亭日常:

« 堤真一@梅芸-2005-10-14 | トップページ | 語りの芸 »