« 素人狂言舞台がちかずく、、、カウントダウン | トップページ | ヴェニスの商人@映画 »

2005.10.29

春の雪

行定監督の「北の零年」はみてないけど、おいらの周辺では評判よくなかったし、どうしよう、と迷ったけど観てきました。

あんのじょう、×でした。清顕@妻夫木、聡子@竹内結子とおさななじみで、愛してるのに、わざと、つれなくしてる。聡子と、宮家との結婚がきまると、今度は、聡子からもらった手紙を宮家に送るなんて脅かして、聡子とあって妊娠させる、聡子は堕胎し、一生涯、清顕とあわない決意で、尼僧になる。清顕は、こんどは、寺まで一目あいたいとおいかけて、、、あえずに、結核で死んじゃってな物語。

聡子と清顕が、小さいころ百人一首をやっていて、「瀬をはやみ、岩にせかるる滝川のわれてもすえにあわんとぞおもう」って歌で将来を誓い合う。この歌って、「阿修羅城」でも、キーワードになってましたよね。

清顕が、ぜんぜん、ぼっちゃんで、こどもで、ええぃ、そんなんでいいんかい、「ヴェニスの商人」に出てくるのあまいくどき文句でも、いえるようにしたほうがいいんでないかい。
門の外であってたら、親友が、門跡に頼んだら、清顕が、聡子にあえるかのような、情緒っぷりはなんともで、おおーい、法の厳しさを描いた「ヴェニス」みならえよ、って。
(やっぱり、一日2本映画みてはいけませぬ(T_T))。

あ、でも、映像はきれいでしたよ。衣装も。俳優さんも。脚本はいただけませんでしたが(T_T)

|

« 素人狂言舞台がちかずく、、、カウントダウン | トップページ | ヴェニスの商人@映画 »

コメント

やっぱり…。三島由紀夫の文学…よくは知りませんが、(「金閣寺」くらいなら、読んだけど)文章だから「すてき」なのだと思っています。選び抜かれた言葉と表現で、特別な世界がひろがっている印象があります。「言葉と表現」それ自体で芸術を創作している感があります。映像そのものとして再現するのは、意味があるかもしれないけど、お話自体は、どうなんでしょう。脚本にして、話し言葉になった時点で、まったく別物になってしまうような気がしてます。

投稿: あかん隊 | 2005.10.30 21:08

■あかん隊さん
原作本と映画は別物なので、いいんですけど。映画は、原作とことなっていても、かりに、題名かりただけでも、いいのですけど、(私も、原作は読んでないんですけど)。
映画なりに、あ、清顕は、そうなるしかしようがないんだよねって、なっとくさせてほしいで~す^_^;

投稿: 悠 | 2005.10.30 21:47

こんにちは♪
悠さんのアドレスが分からなくて、やっと探し当ててTBさせていただきました。
うーーん、悠さんは駄目でしたか~(笑)
がんばっていたと思いますよ~俳優も監督も。
でもやっぱり原作はなんといってもすごいです!
原作を読んだときの感動はこの映画にはなかったかな?
清さまの行動の幼稚さばかり目に付くとどうにもならなくなっちゃうかもしれません。

投稿: ミチ | 2005.10.30 22:09

■ミチさん、こんばんは。
あれれ、ひっこしのご挨拶があとになりましたm(__)m。
原作、読んでないんですけど、映画みてから、原作気になって読みました^_^;。原作って、「命を失った明治維新の記憶がまだ残っている」時代に清顕が「唯一危険な恋愛にかける」ってな物語構造みたいでした。こっちの清顕はまだ理解できるかな~などと(笑)。

投稿: 悠 | 2005.10.30 22:41

もう一回コメント入れさせていただきますね。
お引越しのご挨拶はお受けしているんですが、ほら、私のパソコンがまだ修理中で、「お気に入り」のアドレスがまったく分からない状態なんです。
それでなかなかこちらからいろんなところを巡回できなくて困っております。

原作読まれたんですね。
さすがに早いわ~。
映画の清顕よりはちょっと複雑さが分かるでしょう?
本多と清顕の間の独特のムードもなかなかだと思いませんでしたか?

投稿: ミチ | 2005.10.30 23:31

あれ、つまらなかったの?原作がすごすぎたのかしら?
そっかぁ~~
 

投稿: b | 2005.10.30 23:38

コメントTB有難うございます。。
原作は知らないですが・・う~ん・・な感じでした。。妻夫木君がね・・う~ん。。
「北の零年」は好きな作品なんですが、この作品はう~んでしたね。。
期待しすぎたのかな???

投稿: はむきち | 2005.10.31 03:56

☆bさん、こんにちは。
うーん、映画みるときは、原作読んでなかったんだけど、映画、絵的にはきれいでしたよ。おいらは、ドラマとしては、どうかな~ってのがありますけど(笑)。

投稿: 悠 | 2005.10.31 16:23

☆はむきちさん、こんにちは。
う~~ん、でしたか、わたしもです。

投稿: 悠 | 2005.10.31 17:06

☆ミチさん、こんにちは。
三島の劇作ー「鹿鳴館」「弱法師」「卒塔婆小町」「葵」とか見た劇作、読んだものでは、「我が友ヒットラー」「サド侯爵」とかは好きなんですけど、もともと小説は??だったからかもしれません。

投稿: 悠 | 2005.10.31 17:13

悠さん、ぜんぜん関係ないんだけれども
はむきちさんのことを 「はちむきさん」て書いてある

どこみてんよぉ~~~~!♪

投稿: b | 2005.10.31 19:40

■bさん、あんがとね。
はちきんからの連想かな^_^;。ハム吉ですね、きっと、ってちがうか(笑)
はむきちさん、ごめんなさーーーい。名前で遊んでますm(__)m

投稿: 悠 | 2005.10.31 21:13

はじめまして。
とても正直な感想ですね♪
私は、この映画の脚本、前半は買います。でも、後ろの方が、ラブストーリーという点から整理しすぎて、かえって後味がなくなってしまったような気がします。
原作のイメージからすると、清顕が月修寺に行く前から咳こんでて、体調不良なのに聡子に会うために月修寺に行って、それで結核?をこじらせて死ぬというような設定は、ちょっとまじいんですよね。
まあ、勝手なこと書いてごめんなさい。

投稿: lunatique | 2005.11.02 08:41

悠さん、見てきた。もともと原作4巻の第1巻めの話
で、結構忠実すぎるくらいの描写のように思うょ。
原作ほどの凛とした(これは私の感想)感はなかったけれども、
それなりによかった。でも竹内さんだっけ、似合わないように思った

もう、感想いらんてか!ふふふ

投稿: b | 2005.11.02 09:46

☆bさん、こんにちは。
竹内さんは、きれいでしたね。映像もきれいでしたよ。じゃ、何がってことになるんですけどねぇ(笑)

投稿: 悠 | 2005.11.02 14:56

☆lunatiqueさん、はじめまして。
原作読んで分かったのですが、聡子と清顕は、恋の駆け引きみたいなのですよね。
それと、月修寺の門の外でずっとまってるってのも、まじい、かな(笑)。

投稿: 悠 | 2005.11.02 15:01

ホントは仕事をしなくてはいけないんですが、友人と前々から約束したものですから、見てきちゃいました(苦笑)。
でも、その友人も忙しいらしく、映画が終わったら二人とも速攻で帰宅しました。

うーん、私も悠さん同様、あの清様には納得いきませんでしたねぇ。
妻夫木君は頑張っていたけれど、あの役は彼のニンではなかったと思います。
映像も期待が大きすぎたのか、何かが物足りない。

投稿: snowflower_001 | 2005.11.20 02:50

■snowflower_001さん、おはよう。
やっぱりでしたか。知性だけ成熟した少年が、大人の聡子とせいいっぱい恋のかけひきをしてる、って感じがでればいいんですけどねぇ。

投稿: 悠 | 2005.11.20 07:08

原作を見事に(?)骨抜きにしましたね。
原作読まれたんですよね?
幕末の生き残りである祖母が、妊娠させたことを褒めるシーンなんかは、原作ではかなりあざといですよね。
「あっぱれ」と言いつつ、清顧を無視して、大将が「戦後処理」するような祖母の姿が見事です。
あんな「物分りのイイ孫の味方」みたいな祖母じゃあないですよねえ。
大正デカダンスが、「明治は遠くなりにけり」のはずの人物にパシッとやられちゃうイイシーンですよ。
両家の親が、聡子不在のまま、「鬘」で盛り上がるシーンとか、娘の出家後も平然と歌を詠む父親とか、いいシーンが全部なくなっちゃってますよね・・・。
無難な部分だけ残してツギハギしました・・・みたいな映画になっちゃいました。

投稿: RIN | 2005.11.27 00:13

■RINさん、コメントありがとう。
出かけてましたので、放置したままですいません。

原作読んだといっても、10分でわかる「春の雪」的よみかただったもんで、ちゅうか、映画で、疑問をもったところをたしかめたちゅう程度ですが。
「わたくしがもし急にいなくなってしまったとしたら、清様はどう」なんて言葉の謎かけがわからず、わかって、自尊心を傷つけられるってな少年の心理をかくのは、映画では無理かとも、じゃ映画にするなって感じで(笑)

投稿: 悠 | 2005.11.28 06:44

CMが凄く素敵やったから楽しみで出かけたんですけど、
ちょっと自分の想像してた作品とは違ったんですよね・・・。
北の零年は泣きポイント多くて、酷評するほどでは無いと思うのですけど、
それでも微妙におや?って部分もあったのは間違いないので

もしかすると自分も行定監督は、あまり好みがあう監督さんじゃないのかも知れませぬ。

投稿: chishi | 2005.12.01 23:44

■chishiさん、おはよう。
「北の零年」は、その前にみた吉永さんの「千年の恋」(天海さんも出てた)が、ひどい映画で、迷ったのですよ^_^;。
で、評判きいたら??だったんで、みなかったんです。
監督より、脚本がだめだったんじゃないでしょうか?

投稿: 悠 | 2005.12.02 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6730609

この記事へのトラックバック一覧です: 春の雪:

» 映画「春の雪」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「春の雪」★★★★ ストーリー:侯爵家の子息、松枝清顕(妻夫木聡)と伯爵家の令嬢である綾倉聡子(竹内結子)は幼なじみの仲だったが、聡子はいつしか清顕に想いを寄せるようになっていた。しかし、不器用な清顕はその愛情表現に対してうまく応えることが出来なかった。 日本文学の最高峰、三島由紀夫原作の「春の雪」をどうやって映像化するのかとても不安だったが、予想以上に美しい作品に仕上がっていて満足した。 大正時代の「�... [続きを読む]

受信: 2005.10.30 22:04

» 『春の雪』 [京の昼寝〜♪]
ケータイのない恋愛を、あなたは想像できますか。 ■監督 行定 勲■原作 三島由紀夫「春の雪」(豊穣の海第一巻)■キャスト 妻夫木 聡、竹内結子、高岡蒼佑、榎木孝明、岸田今日子、大楠道代、若尾文子、及川光博、田口トモロウ、石丸謙二郎、宮崎美子、山本 圭、高畑淳子□オフィシャルHP  http://harunoyuki.jp/ 大正時代の貴族社会。 公爵家の子息・松枝清顕と伯爵家・綾倉聡子。やがて悲劇の結末�... [続きを読む]

受信: 2005.10.30 23:48

» 春の雪 [はむきちのいろいろ日記]
大正初期。幼なじみの2人、侯爵家の嫡子・松枝清顕と伯爵家の令嬢・綾倉聡子は、いつの頃からか、互いに淡い恋心を抱くようになる。しかしやがて聡子に宮家の洞院宮治典王との縁談話が持ち上がる。困惑する聡子だったが、冷たい態度をとる清顕に失望し、ついに縁談を承諾するのだった。ところが、いざ婚約が正式に決まると、清顕は初めて聡子への愛の深さを自覚するのだった。一転して激しく聡子を求める清顕に、聡子の心も大... [続きを読む]

受信: 2005.10.31 03:59

» 春の雪 [Akira's VOICE]
静ひつな空気感と,話す言葉が心地良い文芸映画。 [続きを読む]

受信: 2005.10.31 10:25

» 春の雪 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
←読んだら押してね♪ あなたの清き一票をお願い致します。人気blogランキングに参加してます! 瀬を早み 岩にせかるる 滝川の   われても末に 逢はむとぞ思ふ 清様・・・もし・・・、わたくしがもし急にいなくなってしまったとしたら、清様はどう....... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 01:20

» 三島に負けた?映画『春の雪』 [le monde lunatique]
10月29日、六本木のVIRGIN TOHOで行定勲監督の映画『春の雪』を初日に観た。 いわずと知れた三島由紀夫の小説『春の雪』の映画化だが、自由な脚色が、前半は成功し、後半は乱れたという印象をうけた。 三島の小説、松枝清顕と朝倉聡子の恋物語だが、その恋は、小説を読み... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 08:31

» 19歳と21歳の恋愛には見えない◆『春の雪』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
11月13日(日)TOHOシネマズ木曽川にて 侯爵家の子息・松枝清顕(妻夫木聡)と伯爵家の令嬢・鎌倉聡子(竹内結子)は幼なじみ。そして時が経ち、聡子は清顕への恋心を伝えるが、清顕は聡子への気持ちを素直に表せずにいた。その頃、鎌倉家では、聡子に宮家の王子との縁談....... [続きを読む]

受信: 2005.11.15 10:25

» 二時間でわかる?「春の雪」 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
最近、本屋さんでは「30分でわかる夏目漱石」 (いや、10分だったかも・・・) とか、その手の本が多数並んでいます。 ちらっと立ち読みしましたが、(私が立ち読みしたのは、谷崎潤一郎バージョン) 編集した人も、その本のレビュー(?)を書いている人も、谷崎潤一郎の 全作は絶対に読んでいないと確信しましたね。 「あとがき」だけ読んで、レビュー書いた・・・に90ポイント賭けます。 (持ち点、何ポイントか知りませんが・... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 00:00

» 映画『春の雪』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ たとえ降ってもすぐに消えてしまう儚く美しい雪…それが春の雪。そ... [続きを読む]

受信: 2005.12.01 23:48

« 素人狂言舞台がちかずく、、、カウントダウン | トップページ | ヴェニスの商人@映画 »