« 詐欺師こそが人のこころを知る! | トップページ | なぜ男は老いに弱いのか? »

2005.11.06

2005-11-05悠亭日乗

一年に一回か二回、同業者3人と、食べ歩きと、歴史関連をたずねる会合をもっている。今年は、堅田方面をあるこうか、という話だったが、土曜日(11-05)は雨だぜ、ってんで、京都国立博物館に行こうかって話しになっていた。でも、晴れた、でも、予定はかわらず、「最澄と天台の国宝」展に行ってきた。
滋賀県一部京都の寺のものが展示されている、中には、中尊寺からきているものもあった。

「信長が焼き討ちした寺は、比叡山にかぎらず、他もおおい」
「比叡山が焼き討ちになったとき、仏像をもってにげて、寺に保存してる、でも、比叡山には返してないって寺がこないだ行ったとこにあった」
「まさに、<火事場泥棒>じゃない(笑)」
ってな与太話をしながら。

で、堅田へ行って、小野神社は二つ(ひとつはドウフウ、ひとつはタカムラ)、妹子は古墳になってた。新田義貞の妻の勾頭内侍の墓、堅田源兵衛の首、などを見て、浮御堂ー浮御堂の横の料亭で、「かも」をたべてかえる。

膳所の義仲寺に芭蕉の墓がある(「木曾殿と背中合わせの寒さかな」って句がある)、ところがここに、日本浪漫派の「保田與重郎」の墓がある。これがなぜか、わからなかったが、(だって、木曾義仲でしょ、芭蕉でしょ、その墓しかないところに、墓をたてさせてくれっていっても立てさせてくれないですぜ)、わかった(義仲寺は、円満院末寺であったが、円満院からの独立にかかわる、らしいって書いておこう、与太話だから(笑))。

|

« 詐欺師こそが人のこころを知る! | トップページ | なぜ男は老いに弱いのか? »

コメント

いいですねぇ。そういう会合って。楽しそう。
お話する内容も、お互いの興味ある部分を刺激し合うようなところがあるから、すてきです。
「かも」食べたいかも。(おそまつ)

先だって、ブックフェアに行った折に「吉川弘文館」という出版社の『概論 日本歴史』と『事典 日本の名僧』。まだ、読んでいません。これを読めば、いくらかましになるかなぁ。。。

投稿: あかん隊 | 2005.11.06 15:02

■あかん隊さん、こんばんは。
なあに、言葉ちゅうか、語りのカラオケ状態(自分のはなしばかりして、人の話きいてないちゅう^_^;)
でも、保田與重郎の墓の話はちと役にたちました。
それと、神武の道先案内が「わに」、因幡の白兎ででてくるのが「わに」、共通するのは、誰かを案内する役で「わに」がでてくるって話。うーん、ま、こういう与太話は、仲間限定しないと、できないもんで(笑)

投稿: 悠 | 2005.11.06 20:56

浮御堂の横で、かも?!

呼んでよ、そこなら、カモ~~~ンつて(笑)

投稿: b | 2005.11.06 22:17

■bさん、おはよう。
浮御堂の下あたりに「かも」いたけど、さばいてくれるの?(^^ゞ(って、びわこの「かも」とっちゃいけないんだって)。
あのあたりに住んで、浮御堂と月みながら、お酒飲んでたら、勤労意欲は、きっと、なくなると、思うよ(笑)。

投稿: 悠 | 2005.11.07 05:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6921260

この記事へのトラックバック一覧です: 2005-11-05悠亭日乗:

« 詐欺師こそが人のこころを知る! | トップページ | なぜ男は老いに弱いのか? »