« 冬じゃ、冬じゃ。。。 | トップページ | コントとコメディ »

2005.11.20

歌わせたい男たち@びわこホール

あらすじ、配役は下に、(トップにhを足して飛んでくだされぃ)
htp://www.nitosha.net/stage/about.php

喜劇なんですが、デモにいったこともない、軟弱と言われた教師が、卒業式「君が代」演奏でたたない、歌わないと表明している。彼を歌わせようとする、校長、推進派の教師、保健室の化粧しながらの保健の先生、君が代演奏のために講師に採用された元シャンソン歌手。

歌わない教師「シャンソンすきなんだわ、うたってちょ」
講師「それより、校門の、野良猫はどうなっただぎゃ」
歌わない教師「ブチはいただぎゃ」
講師「茶トラが、おらないかんぎゃ」
教師「ブチに、おい、茶トラは?って聞いたら、不登校だに、って言うとった」

でも、校長(教師時代は、君が代反対派)が、屋上で、「内心の自由は、君が代を歌うことでおかされない」「卒業式で、一人でも、歌わない、たたないと言う人がいたら、私の責任です、私は、ここから飛び降りておわびします」ってアジるんだが(これが小泉さんか、ヒトラーの演説みたいなんだけど)、これにまいった。あー---日本的、人が死ぬことで、その責任を誰かにおわす、そういうメンタリティってあるよな、と。「いじめとベケット」で紹介した鹿川くんの遺書にも、「僕が死ぬのは、@くん、*くんに聞いてください」ってなこと書いてあったし(こちらはちと違うけれども)。

このアジのあと、「愛の言葉はいま」ってシャンソンを、戸田恵子さんが歌って舞台くらくなる。(戸田さん、16歳くらいで、演歌歌手アイドルだったってのをアフタートークで知りました)

作者・演出家の永井愛さんのアフタートークで、京都の某国立大学で、国旗国歌法成立後、朝早く守衛さんが対陣を組んで、朝早く、日の丸を揚げる、これを写真にとる、で過激派に追いかけられるってなことになってるってな話があったし。。。。
日の丸裁判で、東京都の通達で、卒業式の式次第が決められており、裁判官が「学校の自由というのがあるのですか」課長「はい、いろいろあります」「たとえば、紅白の幕を引くか、引かないかは自由です」ってな答弁があって、法廷が大笑いになったことも話されてました。アフタートークの永井さん、おしゃれで、かっこよかったですよ。

|

« 冬じゃ、冬じゃ。。。 | トップページ | コントとコメディ »

コメント

アフタートークがあったんですね、いいなぁ。
戸田恵子さんって、演歌歌手アイドルだったんですか(笑)?
永井さんのお話、私もいろいろ聞きたかったなぁ。

校長のアジは笑えるけど、何か恐ろしいですよね。
裁判所の答弁といい、「大真面目で」アホな規制をしている国・お役人の感覚というのが、
このお芝居で端的に表現されていたと思います。
そして何より、
そういうことに無自覚で、結果としてお上の言いように「飼いならされている」私ら庶民の無知というのもね。
やっぱり永井さんの視点は鋭いです。

投稿: snowflower_001 | 2005.11.20 19:49

■snowflower_001さん、こんばんは。
おいら音楽関係はわからないのですが、戸田さん、うまかったですね。(さすが元演歌アイドル、はじめてしりましたが)。
愛さん、日本のチェホフとかいわれてるらしいですが、「劇の中の人物としてあなたが生きるなら、どう生きたらいいですか?」って問いかけがあるので、ブレヒトみたいと思ってたら、演説の場面、今年、新国立でやった、ブレヒトの「アルトゥロ・ウイの興隆」の演説場面みて思いついたって話されてて、うれしくなりました(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.11.20 20:43

悠さん、「春の雪」にもこちらの記事にもTBしたいのですが、何度トライしても反映されません。
ごめんなさい。
日ごろの家主の行いが悪いせいか・・・(涙)。

愛さん、「日本のチェホフ」ですか?
うーん、どうかなぁ。
わたし、チェホフの笑いって実は苦手なのですよ。
あの「かみ合わない」会話が気持ち悪いし、妙に、いたたまれなくなって、面白いとは思えないのです。
オコチャマですかねぇ(笑)。

悠さんがおっしゃるように、チェホフよりは「ブレヒト」に近いんじゃないかしら。
自分の想像(予想)と作者の意図が一致してるってわかったときは、やっぱり嬉しいですよね。
悠さん、お見事っ!(拍手)

投稿: snowflower | 2005.11.21 00:51

□snowflowerさん、こんばんは。
拍手、ありがとうさんです。
びわこでは、ベニサンほど演説のところが笑いがなかったって言われてました。いやぁ、あの演説、命がけですもんね、やっぱり、それなりにこころをうって、「これに、心うたれたら、やばいよね、おいら」って感じでした。東京の高校生から、あの演説で「内心の自由」がよくわかりましたって言われて、永井さん、なんのためにこの芝居かいたのか、って反省されてました(笑)

投稿: 悠 | 2005.11.21 19:16

悠さんのコメントに思わず反応。

校長の命がけ演説、あれ笑いが少なかったんですか?!
え~ビックリ。
東京ではみんな笑ってましたよ。
爆笑というか、「冷笑」に近いんですが。
悠さん、これに心うたれたら、確かにかなり「やばい」デス(笑)。
しっかし、東京の高校生の感想には、私もPCの前でズッコケました。
何、見てんだよ~っ!!

投稿: snowflower_001 | 2005.11.22 01:09

■snowflower_001 、おはようさん。
愛さんがなぜなんでしょうね、笑いがすくないのは、って言われてました。大谷さんの演技、迫真だもんな、笑えないっすよ(笑)

投稿: 悠 | 2005.11.22 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/7230379

この記事へのトラックバック一覧です: 歌わせたい男たち@びわこホール:

» 歌わせたい男たち [すりこ木日記]
みなさんの1クリックが「すりこ木日記」のエネルギーなのです 今日は二兎社公演「歌わせたい男たち」をみた! 開演間際まで、チケットを買うか、どうするか迷っていたけど、結局衝動的に見てしまいました。お芝居を見るのは久しぶりで今から10年位前に「なんばグランド花月」で吉本新喜劇を見て以来だと思う。 このお芝居は、戸田恵子さん主演で、脇には私の大好きな近藤芳正さんが陣取っていたので、「見たいなあ」と�... [続きを読む]

受信: 2005.11.21 22:28

« 冬じゃ、冬じゃ。。。 | トップページ | コントとコメディ »