« いまどきの「常識」@香川リカ | トップページ | 寝音曲@狂言会@八坂神社11-13(日) »

2005.11.12

結婚ビジネスより、老人ビジネスを!

人は、自分を、愛情をもってみてくれる他人の目を必要としている。これがないと、自分が自分らしいと感じられない。(追記 箱庭療法ってのがある、箱の中に砂をいれて、人形などをただ、ならべる、それをカウンセラーがみている。カウンセラーは、なにもしないが、カウンセラーがいないと効果がない、こういう目が成長のために必要

「イン・ハー・シューズ」@映画

弁護士の姉ローズと、離読症だが、ルックス・スタイルのいい、はちゃめちゃな人生を送る妹マギーの物語。母は死亡、父は再婚、祖母は、リタイヤー後の施設にいる。
母の死、母と祖母の確執、祖母と父の確執、姉妹と父母、養母の確執。うーん、家族の不幸と、家族の再生がかかれている。ってことは、アメリカは、家族の深い傷をかかえた物語があるんだ(<簡単にまとめるな!)新婚旅行に出かける姉を見送り、マギーが踊りながら、、、エンディングになったときに、ひさびさに、拍手したい、って思いました。

ローズは、大人になって初めてのボーイフレンドを妹マギーにとられる。マギーは、どんな職業にもつけない。
ローズの結婚できるのは、弁護士を休業し、犬の散歩のアルバイトをしながら、婚約者からこころをひらけといわれ、祖母を訪ねたりして、マギーとも仲直りしてっていう面倒な手続きが必要である。キャリアウーマンのままでは、結婚できないぜ、っていう寓意じゃないでしょうね(^^)

マギーは、金をひきだすために、祖母とであうが、このリタイア施設で、老人の世話を仕事にしていく。そこで、退職教授に詩を読む世話をし、離読症をなおしてゆく。おいら、マギーが、詩を流ちょうに読むシーンで、おもわず、泣けました(どの場面かは映画でたしかめてくだされ)。マギーも、ローズも老人の力をかりて、立ち直ってゆく。ビジネスは老人あいてだぜ、ってもうじき、おいらは、世話される方にまわりますが(笑)

ローズがボスからシカゴ出張を命じられて
ボス「(ローズ)どうだ、いってくれるか」
ローズ「シカゴは、今、さむいので。。。。(行きたくない)」
ボス「じゃ、手袋をはめればいい」

ってな笑わす、小ネタがいっぱいはいってます(^_^)。

舞台は明日なのに、台詞さらわなきゃってんですが、だんだん、後回しになる、、現実逃避(爆)

|

« いまどきの「常識」@香川リカ | トップページ | 寝音曲@狂言会@八坂神社11-13(日) »

コメント

私も初日を見てきました。
私も悠さんと同じシーンで泣きましたよ~。
キャメロン、あんな素晴らしい演技もできるのね、と少し見直しました。

そして悠さん、今日が本番なのですね!
頑張ってくださーい、そして美味しいお酒を飲んでくださいませ。

投稿: snowflower_001 | 2005.11.13 02:55

■snowflower_001さん、こんにちは。
大皿で、3杯、くいくいとお酒飲んできました(って舞台のお話です、笑)。まー終わってほっとしてます。
映画、よかったですよね。

投稿: 悠 | 2005.11.13 17:29

こんにちは♪
この映画、私の中で久々のヒットです!
靴好きなのもありますが、なにより女性3人の描き方が良かったと思います。
いろんな確執が氷解していく所なんてよかったわ~。
マギーの人間離れした足にクラクラきませんでしたか?

投稿: ミチ | 2005.11.14 23:52

■ミチさん、こんばんは。
マギーさんは、足だけじゃなく、かっこよかったです(って何いわせるんですか(笑)。教授の息子とむすばれる予感がありましたね。
ほんと、「話す」ことによって「わだかまり」を「はなし」て行く(駄洒落のコメント(笑)。

投稿: 悠 | 2005.11.15 04:12

仕事が詰まってしまい、なかなか映画に行けない今日この頃。。。
キャメロン・ディアスが、「かわいこちゃん」を脱したと思う、この映画は、なんとか観たいです。

「美人」が「美人」を売り物にしなくなる、「頭脳明晰の人」が「能力・知識」で張り巡らせたバリアを解除する…というか、あえて「自分の弱さ」をさらす勇気を持つ…少し語弊があるかもしれませんが、そのような姿勢が、案外、窮地を脱するきっかけに成り得るような、そんなお話を期待しちゃってマス。どうだろう?

投稿: あかん隊 | 2005.11.16 17:19

■あかん隊さん、こんにちは。
美人だけがとりえの妹は、隠れていた知性を、キャリアを重ねた知性派の姉は、隠していた靴=女性性をとりもどす。必要なのは、オープンハートと、見守ってくれる、妹は退職教授、姉は婚約者。図式化するとこんなものですかね。たぶん、みんなは、妹にひかれるはずだと思う。ひとつ推理してるのがあるんだけど(笑)。

投稿: 悠 | 2005.11.16 18:27

こんなにいい映画とは思いませんでした!!
この二人の主人公が、どこか自分にあてハマる部分があって、胸が痛かったです。。
マギーがだんだん自信出てくるところも良かったですよね~♪
結婚式でのサプライズも良かったなぁ~♪

投稿: はむきち | 2005.11.17 13:43

□はむきちさん、こんばんは。
はまりますよね。やっぱしマギーにはまられましたか。おいらは、マギーにはまる人がおおいっておもってるです。自分の中の「宝」がうまってるよ、それをゆっくり、ゆっくりさがそうよってメッセージがやっぱりうけますよね。

投稿: 悠 | 2005.11.17 20:48

詩の朗読はよかったですねえ。
あの詩が原作にも載っているか、立ち読みで確認したかったんですが、
原作はかなりの長編で、ちょっと立ち読みでは確認できませんでした。
でも、何篇かの詩の引用がありましたよ。
ここのシニアハウスの老人達がステキですね。
なんか、しみったれた感じとか、陰気臭さが全然なくて・・・。
でも、「ああ、年をとっても恋愛せねばならんのですねっ!!」
と、ちょっと「ああああ、まだまだ先の長い人生なのだ・・・」と感じてしまいました。

投稿: RIN | 2005.11.18 00:11

■RINさん、おはよう。
あの施設いいですよね。
日本にはなさそうですね(^^ゞそろそろ、物色しなきゃあかんのですが(笑)。

投稿: 悠 | 2005.11.18 05:18

クライアントに知られたら「こら!」と言われそうなのですが、ちょっとの隙に、ばんばん映画を観てます。(爆)
あー、やばい。映画、やめられない。好きだ。大好きだ!もう何本でも、掛け持ちできそう。一日中映画でもいいくらい…って思うのは、なかなか劇場に行けなかったアオリかも。(汗)
この映画、とっても良かったです。気に入った台詞がたくさんありました。TBさせていただきました。

投稿: あかん隊 | 2005.11.22 03:05

■あかん隊さん、おはよう。
やっぱり、忙しいと、みにいきたくなりますよね。(ってみにいったりしてます)。忙しくなくなると、みないんじゃないかって思うこのごろ。私も、クライアントにみつからないようにしてます(笑)。

投稿: 悠 | 2005.11.22 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/7064854

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚ビジネスより、老人ビジネスを!:

» 映画「イン・ハー・シューズ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「イン・ハー・シューズ」★★★★☆ 「女の子はステキな靴をはかなきゃダメ!靴がステキな人の元へ連れて行ってくれるから!」っていうのは漫画「花より男子」のなかで静さんがつくしに言った言葉。(実際パリではそう言われているのかな?) 靴が好き! 綺麗な靴がいっぱい出てくるのを期待してたので、その点でも本当に楽しめた! 「In her shoes」は「彼女の立場だったら」という意味に使われるらしい。... [続きを読む]

受信: 2005.11.14 23:49

» 【試写会】イン・ハー・シューズ【2005・アメリカ】 [Happyになれる映画を観よう♪]
★★★★★☆彡 マギー(キャメロン・ディアス)は、ルックスは、イケてるけど、学歴も資格もキャリアもなく、無職。 姉のローズ(トニ・コレット)は、弁護士として成功しているが、恋のほうはさっぱりうまくいかない。 幼い頃に母を亡くした姉妹は、友達でもあり、... [続きを読む]

受信: 2005.11.15 00:18

» 映画館「イン・ハー・シューズ」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
なんか、久しぶりに感情移入して見ることの出来た作品でした。というのも、私には姉が1人いて2人姉妹だからなのかもしれません。 弁護士で外見的にコンプレックスを持つ姉ローズ(トニ・コレット)と難読症で自分に自身が持てず自堕落な生活をしている妹マギー(キャメ...... [続きを読む]

受信: 2005.11.15 23:34

» 理解しがたい姉と妹の関係◆『イン・ハー・シューズ』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
11月14日(月)TOHOシネマズ木曽川にて フィラデルフィアで弁護士をしているローズ(トニ・コレット)は、容姿に自信はないが、職場の同僚が新しい恋人となり、幸せな日々を送っていた。そこへ、義理の母親に家を追い出され、行き場を失った妹のマギー(キャメロン・ディ....... [続きを読む]

受信: 2005.11.16 22:16

» 1,5親等姉妹「イン・ハー・シューズ」 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
弟がいます私は、姉です。。          いやいや、コッチの弟もいますが、、リアルでも「姐」なんです・・・。 まあ、同性の姉妹はいないので、「異性の兄弟」と「同性の兄弟」では 相手に対する距離とか心理が微妙に違うと思うので、「姉・妹」を持たない 私には、ややわかりづらいところもありました。 弟に恋人を寝取られることは、まあ、そうそうあるもんじゃないですし。{/face... [続きを読む]

受信: 2005.11.17 23:41

» イン・ハー・シューズ(試写会)-IN HER SHOES- [Chic & Sweet * びいず・びい]
美人でスタイルバツグンのマギー(Cameron Diaz)。彼女がバーで男を見つめれば男は当然のように一杯おごってくれる。でも彼女は難読症で読み書きは苦手、定職もない。   姉のローズ(Toni Collette)はバリバリの弁護士だけど、ボーイフレンドの一人もいない堅物。共通点は足のサイズと子供時代の悲しい思い出くらい。それでも二人は親友だった。なのにマギーはある日とんでもないことをしでかして、決定的な喧嘩をしてしまう。ローズはマギーに言う。「私の人生から出ていって!」 行き場を失ったマギ... [続きを読む]

受信: 2005.11.18 10:06

» 「イン・ハー・シューズ」は、ヒールが折れても大丈夫! [cococo]
好き! スザンナ・グランドの脚本、バンザイ! カーティス・ハンソンの監督、サイコ [続きを読む]

受信: 2005.11.22 03:02

« いまどきの「常識」@香川リカ | トップページ | 寝音曲@狂言会@八坂神社11-13(日) »