« コントとコメディ | トップページ | 新リア王 上@高村薫 »

2005.11.22

新リア王

雪の中で子犬が死んだのを嘆く禅僧の息子を眺める政治家の父ーーー終章読み終わったとき、「悲しみの器」(森進一が歌ってた)のピアノ演奏がどぉっーと流れてきて。あ、おいらさっきから喫茶店で本読んでたのだ、と気づく。
日経新聞、今、渡辺淳一の「愛の流刑地」連載してるけど、この前の連載小説。やっと、本になった。連載中は、しんきくさい物語だよな〜って思ってた。

青森の代々の政治家が、崩壊する過程と家庭(しゃれではありません)を描く上下刊あわせると900ページを超える大作。下のみ読み終えました。

雪深い貧乏禅寺で修行する息子を没落した政治家の父が、訪れての、4日間の物語。
対話で、浮かび上がってくる、政治。
たとえば、地方分権などは、貧しい地方と豊かな地方を生み出すにすぎない、政治にたよって潤うしかない地方の現実、集団就職列車をなくせっていうのが悲願であった地方とその政治。むつ小川原開発の実態。

政治家のスキャンダルの噴出は、政治家同士の暗闘の結果マスコミにリークされる現実。

ひゃ、まとまらないんですが、おもしろいのです。

ってまだ、上読んでないのですけど(^^)

|

« コントとコメディ | トップページ | 新リア王 上@高村薫 »

コメント

はじめまして。キムチです。よろしくお願い致しますm(_ _)m。とっても、楽しいブログを拝見致しまして、私もお仲間に入れていただきたいなーなんて思いまして・・・・つれづれなるままに書き込んでしまいました。まづはご挨拶から・・・   リア王とはまったく関係ございませんがお許しを。  韓国にハマっております今風のキムチでした(*^_^*)

投稿: キムチ | 2005.11.22 22:28

■キムチさん、こんばんは。
韓流なんですね。ひょっとしてヨンさまファンなのでしょうか。四月の雪の感想かいてますので、どこかにありますので、読んでみてくされぃ。(酷評してますがm(__)m)バックナンバー10月のどこかにあります。
相手役のソン・イェジンさんは、今週の「サンデー毎日」の表紙を飾ってます(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.11.22 22:40

「4月の雪」をご覧になられたのですね。私も見ました。私の頭では理解に苦しみました(>_<)。あれは、いったい何が言いたかったのか。未だ解りません。「私の頭の中の消しゴム」将来の自分を見るようでマジこわかったです・・・キムチの不安(^^;)。

投稿: キムチ | 2005.11.22 23:35

■キムチさん、再コメントありがとう。
四月の雪ですか、あれは、ヨンさんファンにヨンさまをみせればいいのではないでしょうか(^^ゞ
消しゴムが、頭をごしごしするなんて、気持ちわるいですよね(爆)。

投稿: 悠 | 2005.11.22 23:52

渡辺淳一。「無影灯」くらいでしょうか、少しばかり読んだ作家です。が、彼の「女性蔑視」を感じてからは、受け付けなくなりました。
小説の中でだけ、なのかもしれませんが、どうも彼の描く女性は、「男性が理想とする女性」でしかない。生きてない。呼応するだけの人形みたいな気がして。思いこみですか?(汗)
でも、悠さん、「下巻」から読んで大丈夫ですか?

投稿: あかん隊 | 2005.11.23 03:42

■あかん隊さん、おはよう。
「新リア王」は、高村薫さん作なんです。映画レディ・ジョーカーの原作者。こんど、11月29日(?)かな、阿部寛、渡辺えり子らで、「地を這う虫」(だったかな??)の中の作品がTV放映されます。
高村さんの本、おもしろいんだけど、なんせ、重厚なもんで^_^;
本は、途中から読んだりしてるので、推理小説のいい読者ではないです(T_T)。

投稿: 悠 | 2005.11.23 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/7265104

この記事へのトラックバック一覧です: 新リア王:

« コントとコメディ | トップページ | 新リア王 上@高村薫 »