« 2005-11-05悠亭日乗 | トップページ | あなたは、未来の指輪がみえますか? »

2005.11.06

なぜ男は老いに弱いのか?

三好春樹著 講談社文庫 2005-10-5
老いに待ち受けているのは、「女性中心社会」。ここで、男が、快適に生きるには、今までの生きかた(ちゅうか、会社、肩書き、金、、、)なんぞを忘れることだ。必要なのは、近代的合理的個人主義ー自立した個人ではなく、依存する個人だ。

成熟した大人、自立ーーうーん、こんなのはもう、身についてないし、つかないや、でも、一応目標ではあったんだけど、おいら(笑)

スターバックスへ、初めて行ったときのように、トレイもってうろうろしていると、
店員「なにかおさがしですか」
おいら「このサンドイッチと、コーヒーがほしいんじゃが、どうすればいいんかのう?」
店員「こちらへおいでください」
ってなことがあった。あれをニコニコと笑ってやってればいんのだ。「わしゃ、なーも、わからんけーのー」(急に広島弁になってます)、これだ!。

男は、女とくらべると、あわれだ。女の実感しか信じないちゅう、健全性を学べ、と言う。勤めてて効率的・合理的な感覚をもった男が軽蔑する「女の長話」。おいらも、軽蔑していたが、ある日気がついた。あれは、長話力ともいうべき、才能なんだと、気がつくべきだぜ、男ども!。男どうしで長話ができるの相手ちゅうのは、少ないな~、やっぱり。

こどもは、神聖だちゅう伝統があって、老人は、こどものようになるっていう日本のモデルって、いいんじゃない、って思う。

著者は、高校生のとき逮捕され(おいおい、逮捕されるようなことをするのは、大学生になってからだぜ、って言ってもしょうがないか)、中退し、老人介護の現場にはいった人。吉本隆明(吉本ばななのパパ)と対談集(「老いの現在進行形」)も出している。

|

« 2005-11-05悠亭日乗 | トップページ | あなたは、未来の指輪がみえますか? »

コメント

なるほど、なるほど…と妙に納得して拝読しました。現実的かもしれませんね。

男性「言わなくてもわかるだろ!」
女性「言われないとわからない」

男性「おれの生き様を見ればわかる。察しろ!」
女性「見えないものは、信じない。信じられるのは行動」

ってな会話をしたことがありました。(爆)
まさしく…という感じですね。どうしてかな、と考えると、すぐに思いつくことは「男性は男性であることに依存している」ってことかな。女性が「女を売り物」にできるのは、期間限定だし、下手をすると「女性であること」に寄りかかっていると同性からも嫌われたりするので、男性とは異なる「自立」ってことを早くから考え始めるものなのかもしれませんねぇ。

投稿: あかん隊 | 2005.11.06 15:11

どうなんでしょうかね。男だから女だからって言うより どんだけ興味を持ってるかってことじゃないかな?
きちんと「てにをは」まで正しく文章にしてやらないと理解出来ないやつ、空気を読んですぐ動けるやつ、一晩中でも話しの尽きないやつ、
そんなのに囲まれてますけ~、男女差って問題ぢゃないっすよ。笑
同性でも話し続かないやつなんて いっくらでもおるし、お互いが同じ土俵に立てなくちゃ、つか歩み寄らなきゃ 通じないんすよね、たぶん。

投稿: pちゃん | 2005.11.06 16:56

■あかん隊さん、こんばんは。
男はねぇ、上野千鶴子によれば、独身時代は、母が、結婚してからは妻が下着をかってくれる、って書いてました。でも、老後は、女性の天下ですよ。(夫の公式お葬式とは別に、仲間で、ビールでカンパイってな裏お葬式をききますもの(T_T))。

投稿: 悠 | 2005.11.06 21:02

■pちゃん、こんばんは。
pちゃん、おじさん度、たかくなってない~~。
>同性でも話し続かないやつなんて いっくらでもおるし
ほんと、おいらは、無駄はなしばっかりしてるんだと、女性を尊敬してたのに(T_T)。

投稿: 悠 | 2005.11.06 21:04

本日の記事といい、堅田訪問記といい、「ALLWAYS」の記事といい、全部を総合して、
「悠さまは、一体おいくつなのだ???」
と思案中のわたくしです。

>男性「言わなくてもわかるだろ!」
>女性「言われないとわからない」

ウチの元夫婦は、全く逆バージョンでした。

私「おれの生き様を見ればわかる。察しろ!」
ダンナ「たぶん、いや、絶対ついていけない・・・」

と、離婚の運びになりました・・・。

投稿: RIN | 2005.11.06 22:07

なんでも、女性は、人生で幸せな時期が二回はある…という話を聞いたことがありました。

○結婚式
○夫の葬式

「裏お葬式」は、初耳でしたが、なるほど~って思いますもんね。(笑)
pちゃんさんの仰るように、「性別には無関係」かもしれません。自分も、つまらない…と思う話は、相手がどんなに一生懸命話していても「聞いてない」状態だなぁ、と感じることが少なくありません。(爆)

クリスチャンのおばあさんが、
「男性は、こまごまとした世話を焼いてもらうように神様がお作りになった」
「女性は、世話を焼かずにはいられないように
(以下同文)」
なんて言ってましたが、どうでしょう?

勤め人ではないし、かといって普通の「主婦」とは、とても言えない生活をしているので、まわりには、自分が交誼したいと思う人しか残っていないような現状です。まずいかなぁ…。

投稿: あかん隊 | 2005.11.06 22:08

横レスです。すみません。>悠さん

きゃー! RINさん、お見それしました!
「察することのできる男性」って、少ないと思いますデス。RINさんの思い、なんだかとてもよくわかる。「姉御肌」…、本当は傷つきやすくて、繊細なのに、そうは見えない辛さのようなものがあるんです。多分。

悠さんはねぇ、多分…自分と似たり寄ったりの年代かなぁ。。。>すみません>悠さん

投稿: あかん隊 | 2005.11.06 22:15

まさに 二度の幸福を手にして 再青春を謳歌してるのがいますわ、友人に。さすがに裏葬式はしなかったと思いたいですけどね(^^;

>>RINさん、「よ!姐御!ついていきやすっ!」って言ってもいいでしょうか?笑
まあね、選んだ相手にも言い分があるでしょうから、と思うようにしてますが。。。空気の読めるやつに助けられてます。(^^;

>>悠さん、おじさんちっくでしたか?失礼いたしました。m(_ _)m
たまに出てきて熱くなっちゃいけませんね~。苦笑。

投稿: pちゃん | 2005.11.07 00:54

■RINさん、あかん隊さん、おはよう。

おいらの年で遊んでくれてたのね(笑)。
プロフィールに書いてるって思ってたけど、引っ越すとき、消えてます^_^;。んで、あかん隊さん、フォローありがとうさんです。私は、団塊の世代だから、あかん隊さんよりは年齢、上ですよ。RINさんのお父さんくらいの年齢かな。

投稿: 悠 | 2005.11.07 05:48

■pちゃん、おはよう。
空気の読めないやつ、仕事場の話でしたら、訓練しときましょうね(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005.11.07 06:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/6921157

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ男は老いに弱いのか?:

« 2005-11-05悠亭日乗 | トップページ | あなたは、未来の指輪がみえますか? »