« 本年の稽古終了 | トップページ | 日本語でいきるとは »

2005.12.19

戦争ビジネスはもうかる

「ロード・オブ・ウォー」
戦争がおこれば、国民の関心を外にむけることができる。税金上げたって文句言われない。思想の統制はできる。失政に文句をいわせない。国民に耐乏をしいたって文句言われない。戦争は、戦争の準備は、きっと、なにかに役立っている。

「海行かばみずくかばね、山行かば、、、、」=「海へいったら、土左衛門、山へいったら、野ざらし仏」
いわく「日本精神」「武士道」「大和魂」。。。。。。。自発的にひかれるのはいいが、上からは、いうなよ。
かっこいい言葉には気をつけよう、かっこいい言葉をいう人はどうなんだ。

戦争を知るには、遂行する人たちが何を考えていたか、を知ることのほうが大切だと思う。
被害者の悲惨は言い尽くされている、伝承はなされていない。。。。自分だけは、被害者の悲惨をまぬかれると思っている。これだけ、悲惨なんだから、もう、そんな悲惨なことはおこらないはずだ、起こらなければいい、起こらないにきまっている。って人は考える。

だが、戦争を仕掛ける人の考えをしると、私たちは、このような、ことでいいのか、何をしなくてはならないか、がわかる。そういう仕掛けをする人に政権をとらせないことだ。

おもしろい映画でした。どこか似たテイストの映画みたことがあるな~、大統領の暗殺を描いた映画、名前忘れてます。日本では、こういう戦争をしかける人たちのおろかさを描く映画ないな~。

|

« 本年の稽古終了 | トップページ | 日本語でいきるとは »

コメント

こんばんは。まず先にお詫びしなければ…。
せっかく送っていただいたTBを、ちょっとした手違いで消してしまいました。(号泣)
すみません。お手数ですが、もう一度送っておいてくださいませんか?(平伏!拝む!)

>海へいったら、土左衛門、山へいったら、野ざらし仏

笑っちゃいけない…と思いつつ、吹き出してしまいました。全く言い得て妙です。
「戦争!」と言い出す人は、自分が戦争に行かない人です。やりたい人から、順番に行くべきでしょうに。

そんな人に政治を執らせない。そのためには「選挙に行く」。どんなに無駄に思えても、意思表示する。若い人で、選挙に行かない人が増えてます。やつらの思うツボだというのが、わからないのだろうか…。いざとなったら、君たちが前線に赴くのだよ…と言ったところで「笑止」なのだろうなぁ。。。

投稿: あかん隊 | 2005.12.20 01:55

こんにちは♪
カッコいい言葉を言う人には気をつけます、ハイ!
そういえば日本ってこういう映画ないですね~。
だいたいがブラックユーモアのない国だし、戦争に関しては反省はあっても被害を受けたことを前面に出したがるし・・・。
兵器フェアでのの買い付けがあまりにもあっけらかんとしていて、ショー化されていてビックリでした。

投稿: ミチ | 2005.12.20 09:20

□こんばんは、あかん隊さん。
戦争ビジネスはもうかる、なんてタイトルだったので、ビジネスのお誘いかと思って消されたのでしょうか(笑)。TBしときます。
おいらの世代も、まさか徴兵かかんないって、安心していさましいのいますよ(笑)

投稿: 悠 | 2005.12.20 18:54

□ミチさん、こんばんは。
日本って、ユーモアのない国ですよね。
「ありえない」ものをいうジョークで、
ドイツ人のユーモアじゃないや、コメディアン、日本人のプレイボーイ、なんてのがありますが、日本人のユーモアもあぶないですよね(笑)

投稿: 悠 | 2005.12.20 19:17

こんばんは。すみませんでした。ありがとうございます。お手数かけてしまって…。
何やら、同じところからのTBが山のように来ていたので、ぷちぷちぷち…、とチェック入れていたら、入れすぎてしまったようで、直下にあった「悠さんからの大事なTB」まで…「あああああ」、でした。本当にごめんなさい。以後、十分気を付けます。m(_ _;)m

投稿: あかん隊 | 2005.12.20 22:41

TB返し恐縮です♪
視点を変えるだけでヘタな反戦映画よりも恐ろしくなるものですね。

投稿: 別冊編集人 | 2005.12.21 14:14

□あかん隊さん、こんばんは。
なーに、気にしないで下さい。おやすいご用なんで。
おいらも、うっかりがおおいので、ご迷惑かけたときは、よろしく。

投稿: 悠 | 2005.12.21 20:13

□別冊編集人さま、こんばんは。
現実はさらにすすんでて、民営化された部隊が、武器もってゆきそうですね。
主人公が、レーニン(革命の輸出ってことは、内乱の輸出をもくろんでた)の横倒しになった像に腰掛け、そろばんをはじくってのは、レーニンにふさわしいかもですね(笑)。ほんと、現実のほうがシュールです。

投稿: 悠 | 2005.12.21 20:20

こんばんわ!!悠さん
本当に面白く、そして分かりやすく描いてましたよね。。
分かりやすくってところが、この映画凄いなぁと思いました。。
あのニコラスケイジの感情無しな部分がとてもよかったです\(^o^)/

投稿: はむきち | 2006.01.10 23:06

■おはよう、はむきちさん。
わかりやすいよね、戦争ってこうなんだって。
そういやぁ、あの戦艦大和、みたとき、戦艦の制作費、いくらかかったんやろとか、飯炊きさん、何千人の食事つくって、どこで仕入れるんやろとか、思ってました(笑)。

投稿: 悠 | 2006.01.11 07:46

こんにちは。コメントとトラックバックありがとうございました。

日本でこういう映画を作ったら、「不謹慎だ」って怒る人も出そうな気もします。
ニコラス・ケイジみたいに、軽妙な味を持つ俳優も考えつきませんし。
こういう説教臭くなく主張する映画は素晴らしいですね。

投稿: いわい | 2006.01.17 08:02

□いわいさん、こんにちは。
不謹慎っていわれそうですよね。でも、こういうのって作ってほしいですよね。直球じゃなく、変化球の映画。

投稿: 悠 | 2006.01.17 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/7702279

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争ビジネスはもうかる:

» ロード・オブ・ウォー、私にはできそうにありませんが… [cococo]
これは、初っぱなの映像にしてやられた! こうも巧みに、まるで自分が「銃弾」になっ [続きを読む]

受信: 2005.12.20 01:49

» 映画「ロード・オブ・ウォー」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ロード・オブ・ウォー」★★★☆ ストーリー: レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然銃撃戦に巻き込まれたことから、武器商人として生きていく道を思い立ち、弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買の事業を始める。 金属が成型されて一発の銃弾になり、様々な人の手を経て、銃に装填され、発射される。それは確実に一人の人間の命を奪う。このオープニングが印象的。 見たあと何... [続きを読む]

受信: 2005.12.20 09:11

» ロード・オブ・ウォー [別冊 社内報]
土曜日に封切された作品です。予告編を見て以来、楽しみにしてました。期待通りの上物♪ 「死の商人」から連想するのは「サイボーグ009」。機能性重視により後年は、戦うサイボーグ の色合いが濃くなってしまいましたが、当初は兵器の発展形、兵士の兵器化の実験的意味合い がありました。その開発の元締めが「死の商人」として登場しています。子供心に聞き慣れない 言葉でしたが、以後も馴染みの薄いものだったので、ここにきて懐かしささえ覚えます。 そんな「死の商人」武器貿易に携わる方のお話。板金... [続きを読む]

受信: 2005.12.20 11:35

» ロード・オブ・ウォー [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  生と死の狭間をビジネスする究極リーマン [続きを読む]

受信: 2005.12.22 02:16

» ロード・オブ・ウォー [よーそろー]
ニコラス・ケイジ主演の実在した武器商人をモデルにした映画。 テレビCMの「ランボーの銃ある?」「1,2,3全部あるよ」というセリフにかなりウケたので、てっきりブラックコ [続きを読む]

受信: 2005.12.22 23:47

» 『ロード・オブ・ウォー』 23日に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『ロード・オブ・ウォー』 公式HPはこちら ← 旧ソ連ウイクライナ生まれのユダヤ系アメリカ移民のユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。父のレストランを手伝って居たが。上昇志向の強い彼はやがて銃の密売に手を染め始め、自分の商才に目覚める・・・・ ●コラム... [続きを読む]

受信: 2005.12.24 00:14

» 映画「ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男」アンドリュー・ニコル/監督 [スチャラカランナーの日々]
 「ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男」観てきました。  実在の武器商人何名かをモデルにして人物を作ったものらしい。  監督のアンドリュー・ニコルは「ガタカ」「トゥルーマンショー」「シモーヌ」の監督です。この3作は観ていますが、捜査官役のイーサン・ホークはガタカ以来ということですね。主演はニコラス・ケイジ。  ストーリーは、ウクライナ生まれのユーリーが武... [続きを読む]

受信: 2005.12.24 10:45

» [ ロード・オブ・ウォー ]ダークスーツを身にまとった武器商人 [アロハ坊主の日がな一日]
[ ロード・オブ・ウォー ]@有楽町で鑑賞。 武器商人とは、こんなにもビジネスマンらしい服装をしてい るのか。名刺こそ出さないまでも、手には黒のアタッシュケ ースを持ち、上下黒のスーツに、白のシャツ、エンジのネク タイというイデタチ。情報命、信用第一、現金決済と普通の ビジネスマンよりビジネスマン然としている。 この映画は、実在する5人の武器商人から抽出したキャラク ターを融合して作られている。 監督は[ トゥルーマンショウ ]の脚本を手がけ [ ターミナル ]の原案も手が... [続きを読む]

受信: 2005.12.27 02:00

» 「ロード・オブ・ウォー」ニコラス・ケイジの新作 [soramove]
「ロード・オブ・ウォー」★★★ ニコラス・ケイジ主演 最初は古い銃を 売りさばく せこい売人だった主人公。 だんだんとコネクションを広げ、 でかい商売で莫大な利益を上げていく。 もちろんその一方で その武器で人が死んでいく描写もある。 その頃、...... [続きを読む]

受信: 2006.01.03 21:27

» ロード・オブ・ウォー [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
世界をまたにして活躍する大物の武器商人を主人公とした作品です。 ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユール・オルロフは、家族とともにニューヨークへ移住し、両親の営むレストランを手伝っていました。ある日、ロシア人ギャングの銃撃戦を目撃したことをきっかけに... [続きを読む]

受信: 2006.01.09 13:49

» ロード・オブ・ウォー [はむきちのいろいろ日記]
ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、少年時代に家族とともにアメリカに渡ったユーリー・オルロフ。やがてニューヨークにレストランを開いた両親を手伝い、そこで働くユーリーはある時、ギャング同士の銃撃戦を目撃する。この時彼は、食事を提供するレストランと同じように、いまの世の中では武器を必要としている人に武器を提供する仕事が求められていると気づき、弟のヴィタリーと2人で武器売買の事業を始める。危険と隣り合わせの裏社会で天性の才覚を発揮し、世界有数の武器商... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 23:07

» ★「ロード・オブ・ウォー」 [ひらりん的映画ブログ]
2006年1本目の劇場鑑賞映画。 戦争物は余り得意じゃないけど・・・ この映画は武器商人の話らしいし・・・ 今のニコラス・ケイジじゃ、シリアスな戦争物は作らないだろーーし。 [続きを読む]

受信: 2006.01.11 01:29

» 『ロード・オブ・ウォー』 [狐の穴にて]
これが、今年の映画はじめ。社会派エンターテインメント映画といった作品。 ウクライナ出身のユーリーが武器商人として成り上がっていく半生を描く。ユーリーを演じるニコラス・ケイジのナレーションによって、スピ... [続きを読む]

受信: 2006.01.17 08:01

« 本年の稽古終了 | トップページ | 日本語でいきるとは »