« いろんな売り込み | トップページ | 東京の神社や寺院は、縄文期の記憶を宿している。 »

2005.12.17

むかし、”加藤の乱”があった。

「老兵は死なず」野中広務 文春文庫2005-15-10
「新しき日本のかたち」加藤紘一 ダイヤモンド社2005-11-17

2000-11-9 加藤 読売新聞渡邊恒雄主催の会で森内閣批判発言
   (10月時点での森内閣国民支持率15%以下)

     加藤このころよりTVでも批判発言
   (このころ、飲み屋がからになり。
    家に帰ってTVをみる人続出)

2000-12-20(月)野党森内閣不信任案 投票 本会議
   加藤派、山崎派、欠席

   (記者 ドラマをこれで終わらせていいのか!)

加藤発言を聞いた野中ー加藤派の古賀と連絡をとり、加藤派分断

加藤支持の国会議員の選挙区を調べ、8割が地元で民主党議員と
争っていることを調査。

18日(金)に決議が不信任案の投票と思っていたが、この日不信
案提出されず、金、土、日をつかって、加藤支持議員に圧力。
(自民党公認候補資格剥奪をちらつかす)

ってな、裏のドラマがかかれてました。
身の下(選挙事情)政治家ってのは、すごいな〜、やっぱり。
身の上(理想論)政治家も、身の下事情を考えとかなきゃ、
喧嘩はできませんぜ〜。

追記 「学はあってもバカはバカ」川村次二郎 かまくら春秋社 2005-11-13に学のあるバカとは、「ケンカの仕方を知らない人」といって、加藤が紹介されていた。ついでに、宮沢喜一元総理も。あそこの派閥学のある人おおかったし。

追記 こういう分野の本がすくないので、高村薫「新リア王」で、マーケット拡大したのかな〜。

|

« いろんな売り込み | トップページ | 東京の神社や寺院は、縄文期の記憶を宿している。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/7661668

この記事へのトラックバック一覧です: むかし、”加藤の乱”があった。:

« いろんな売り込み | トップページ | 東京の神社や寺院は、縄文期の記憶を宿している。 »