« 竜馬の妻と夫とその愛人 | トップページ | SAYURIよりKAORI。。。 »

2005.12.09

薪は灰になるけど、灰は薪にならない。

「薪が先で、灰が後じゃない、灰は灰、薪は薪、でも後先はあるんだけど」(道元、正法眼蔵」)。何度か挑戦したけど、「正法眼蔵」はわからない。「うまず女は、夜児を産む」など歯がたたない。

大学時代、参禅会ってのがあって、近所の禅寺で、1週間泊まり込みがあった。おいらは、軟弱だから、昼間だけ、参加させて下さい、夜は下宿で寝ます、あ〜いいよってんで参加したことがある。禅をすると、感覚は鋭敏になって、離れで老師が、うどんをすする音が、聞こえる(こらぁ、そんなに大きな音たててすするな!)(っても、普段なら聞こえないのですが)(まー空腹のとき、角をまがった焼き肉屋がにおいでわかるってのにも似てる(^^))

40歳終わり頃、1年だけ、月1回の参禅会に1年だけ参加してた。これは、食事、座禅堂の掃除もこみだった。ここで、「正法眼蔵」の購読を受けた。でも、ますますわからない。寺田透、森本和雄の解説も読んだがますます、わからない。

ちなみに、禅はエリート主義だから(だって、己一人が仏になれればいいってな仏法だから)、これにつかれた人のなかには、「あ、あ、この人禅さえやらなければ、いい人なのに」ってな人に、何人かであった(^^)。

「ゾウの時間、ネズミの時間」の著者が、「ネズミも時なり、竹もときなり」という道元の時間論を読み解いてゆく。「いくたび過去を思っても、それは今なんだ」ってのを、一瞬のうちに違う曲にとぶMDを例に、時間が長いテープのような時間じゃないことを説明してくれる。

おもしろい本でした。

「おまけの人生」木川達雄著、阪急コミニュケーションズ2005-6-19

|

« 竜馬の妻と夫とその愛人 | トップページ | SAYURIよりKAORI。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/7541362

この記事へのトラックバック一覧です: 薪は灰になるけど、灰は薪にならない。:

« 竜馬の妻と夫とその愛人 | トップページ | SAYURIよりKAORI。。。 »