« ブログ一周年記念日 | トップページ | 「覇王別姫」@DVD »

2006.01.01

「初恋のきた道」@DVD

「初恋のきた道」
おいらが脚本家とすると、まず、僻地に学校をつくる物語を思いつく。学校のない村ってどんなだろう、村の人は無文字で生きてきたはずだ、どんな思いで、学校をつくり、何を期待するのだろう。

これでは、おもしろくないないので、村人の寄せる思いを体現する女性を主人公にしよう、この無文字で生きてきた少女は、何を期待するだろう。。。。。ってな感じでつくるかな(笑)

学校に対する村人の思い、学校の周りで、教師が教える声を40年聞き続け、、、「昔、今をくらべ、、、、記録し、、、」とか、教師の声。夫が死んだところで終わらせずに、教え子が延々と、教師の棺を担いで街から村へ運ぶ、、、ためてきたお金を学校建設に差し出す教師の妻。。チャン・ツィイが、教師のためにご飯をつくり、教師を待ち伏せ、一度街に帰った教師を待ち続ける、封建的な村なのに、恋に積極的な女性に女性に描かれているのも、きっと、この村人の思いがあるからじゃないって、思う。

100思って1かなう(100冊の本で、珠玉の1行に出合える>ちとちがう(笑))思いが、映像化されている、そういえば、チャン・イーモウ監督作品の「hiros」も始皇帝を暗殺する「壮士ひとたび去ってまた帰らず」なんてのの映画化だし。思いにこだわってる監督さんかな、と、おいら。

チャン・ツィイ、SAYURIよりこちらの方がいいかな、でも、SAYURIのハリウッド進出はうれしい(^^ゞ
 

|

« ブログ一周年記念日 | トップページ | 「覇王別姫」@DVD »

コメント

すごく好きな映画の1つです。
何回見ても泣いてしまいます。あんな風に、おばあさんになっても、旦那さんのコトを愛しく思い続けたいです。

投稿: maki | 2006.01.01 17:30

■makiさん、おめでとうございます。
40年も授業をする夫の声をきいて暮らしてき、夫亡き後は、ためてきた金を、夫の思いである学校建築資金にする、チャン・ツィイが、きれいななまま、終わりそうな映画でしたが、きれいでなくなった後の、夫婦を描く、いい映画でした。

投稿: 悠 | 2006.01.01 21:57

チャン・イーモウ監督の「幸せ三部作」では、「あの子をさがして」が一番好きです。
コレも、まあ悪くはないんですけど・・・。
チャン・ツィーの為の映画、って感じですよね。(苦笑)
きのこ餃子持って、バタバタ走る少女が後にあんなアクションを繰り出す女優になろうとは
夢にも思いませんでした・・・。
あ、ウチのファミリー紹介記事に、「きのこ餃子レシピ」へリンクが貼ってあります。
ご興味がおありでしたら、TBしますが・・・。
(料理はされませんか???)

投稿: RIN | 2006.01.02 11:51

■わんしゃんはお、RINさん。
チャン・ツィイ、うまい。肩を揺らしてあるく姿で少女を演じて。あれだけ、モーレツにアタックして、ぜんぜん、ういういしですもんね。
料理しませんが、「きのこ餃子レシピ」貼っといていただくと、探す手間がたすかりますm(__)m。

投稿: 悠 | 2006.01.02 22:19

RINさん、こんにちは~

きのこ餃子のレシピ拝見しました!ありがとうございます。具だけ参考にして作ってみようかな。
皮は難しそう^^;
中国人の友だちが確かに、挽肉を買うと美味しくないからとお肉を細かくたたいて具に入れてました。レシピ読んで思い出しましたよ。彼女は皮作りもすごい上手。

投稿: maki | 2006.01.04 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/7933241

この記事へのトラックバック一覧です: 「初恋のきた道」@DVD:

» 改めて「ごあいさつ」〜登場人物紹介 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
トップ画像ですか??? いや、この写真見て、「ウチの弟ってウサギ顔だな〜{/usagi/}」と思ったので・・・。 それだけの理由です。 昨日、あかん隊さまから、「弟さんはミュージシャンなのですか?」 とのコメントをいただきましたので、このあたりで登場人物を整理 させていただきます。{/dogeza/} 3ヶ月更新中に、ウチに登場頻度の高い方々にはこちらから勝手に 役職進呈いたしました。あくま�... [続きを読む]

受信: 2006.01.02 23:14

« ブログ一周年記念日 | トップページ | 「覇王別姫」@DVD »