« 稽古はじめ | トップページ | 「THE有頂天ホテル」 »

2006.01.14

「小泉純一郎」

さるパーティに行ったら、挨拶に、「小泉純一郎」が登場、えぇぇ、主催者側で芸たっしゃな人が物まねしてんじゃなあい、って、出席者は、醒めた目でみてた。ところがこれをギャグにして『こんなテンションの低いのはじめてです』って、ギャグ連発、会場が沸きだした。

おお、これって、小泉さんとか、田中真紀子の物まねしたり、政治風刺劇を演じている「ニュースペーパー」の人だって確信した(舞台みたことないんだけど、おもしろいとは聞いていた)。

「みなさん、私のことを、思いつき、何も考えてないっていいますが、わたしは、ほんと、何も考えていません」「小泉のための小泉の政治をやりたいだけです」「憲法は、「紛争を解決するための手段として」戦争を禁じていますが、紛争を解決するのではなく、起こすのは禁じていません」「この前の選挙は、郵政民営化に賛成するか、反対しないか、を問う選挙でした」

「ライス長官、IQ200です、愛嬌は20%です、怖いです、だから、アメリカ牛肉の輸入を決めました」「ぜんぜん、問題ないです、j狂牛病、潜伏期間がありますすので、そのころ私は、総理をやめてます、ぜんぜん問題ないです」
「いま、財政はわるいです、みなさん、貧しさにたえて、たえて下さい。そのうち、耐えることに慣れます、きっと、大丈夫です」

しかし、ほんとに、このようなことを言ったとしても、小泉さんを支持する人がおおいのではないか、と思えたのが、こわかった。で、悪酔いして、祇園へでかけ、午前様の帰宅となりました。

|

« 稽古はじめ | トップページ | 「THE有頂天ホテル」 »

コメント

なんか、笑うに笑えない「ギャグ」の数々ですね。
先日、TVで石原都知事のインタビューをやってましたけど、
「アメリカは命がけで日本を守る気なんて毛頭ないよっ。未だに植民地の一つとしか思ってないんだから」
「中国とアメリカが本気で戦争やったら、アメリカが負けるに決まってる。だって相手は5000万人(だったかな?)の国民が死んでも、屁とも感じない国なんだから」
などの乱暴発言に、思わず肯きそうになりました。
石原さんも限りなく「小泉純一郎的」だと常々感じているのに、
共感しちゃう自分がコワイ(汗)。

ところで、悠さん
「祇園」で午前様なんて、ちょっとウラヤマシイです(笑)。

投稿: ゆっこ | 2006.01.15 02:59

■ゆっこさん、こんにちは。
石原発言って、リアルですね、そうだって人おおいんでしょうね。
>「祇園」で午前様
こんな生活した日には、仕事がたまって、今日ははたらいてます(T_T)。

投稿: 悠 | 2006.01.15 09:06

>「みなさん、私のことを、思いつき、何も考えてないっていいますが、わたしは、ほんと、何も考えていません」
「小泉のための小泉の政治をやりたいだけです」

私のブログのことかと思いましたよ・・・(汗)
(注:小泉→大姐、政治→ブログ に直してください)

>相手は5000万人(だったかな?)の国民が死んでも、屁とも感じない国なんだから
コレ、あたってると思いますよ。(苦笑)
だって、中華映画のメイキング見てたら、「俳優の一人や二人(ましてやエキストラ)なんか死んでも、
屁とも思ってないでしょう???」って思いますもん。。。

投稿: RIN | 2006.01.15 14:57

■わんしゃんはお♪ RINさん。
ねぇ、支持されるのがわかりますでしょ、なんとなく、小泉さん(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2006.01.15 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/8157497

この記事へのトラックバック一覧です: 「小泉純一郎」:

« 稽古はじめ | トップページ | 「THE有頂天ホテル」 »