« 「覇王別姫」@DVD | トップページ | 高校生のための実践劇作入門 »

2006.01.02

あけましておめでとうございます。

喫茶店で、コーヒ飲んで、のんびりぼーっとしてればいいのに、新聞読んであきると、本が読みたくなる、、、人を観察してるを、あの話に一生懸命な男女は、夫婦ではあるまい、あの、身なりからすると等と考えなくてもいいストーリーを考えてるうちに芝居と映画が観たくなる、、、本、芝居、映画、なくっても、なくってもかまわないのに、このコロコロと動く、コロコロ心というのが困ったもんだ。

「天保12年のシェイクスピア」@新感線版、DVDをみる。
あかるい蜷川演出より、こちらの暗い画面で、巳代治@上川隆也、王子@阿部サダヲ、お光@沢口靖子の方が、芝居としてはおもしろい。
副音声を聞くと、新感線の古田新太、高田聖子らの場面を見ながらの雑談が入っていて、これがかなりおもしろい。

古田「ここから、コントで、小劇場風でしょ。吉本新喜劇ばりやな~(笑)」とか、
夫を殺し、他の男と一緒になり、姉×妹で縄張り争いを演じていた妹役の人が、姉が、一緒になった男に尽くすタイプの女に変わって演じているのを観て、「私、この場面みると、腹たつねん、なんや、いい子になりやがって!私なんか、悪のまま死ぬんやでぇ、って気になるねん」とかのコメントに笑いころげる。

「連獅子」@NHK教育でみる。染五郎×幸四郎の親子獅子みてると、新春ってな感じです。
途中ででてくる、宗論の浄土僧を演じていた人の台詞、おいおい、そんなんじゃって感じだし、長唄のおじさん、そこで、いきついじゃあかんのではって(たとえば、「石の橋」、「いしい~~の~~はあああああ~・し~」この「・」で息継ぎが観客にわかったらあかんのではって感じがする。いつもなら、唄の文句がわかんないんで、どうってことはないんだけど、NHKはテロップで唄の文句をながしてくれてるし。。。。。
永井荷風が「江戸芸術論」で書いてるように、江戸情緒、台詞ではなく、唄なんだから、なんとかしてよ。

DVDで、「天保」みてて気がついたんだけど、DVDでみてると、声たてて笑うことがなくなってる。。。なぜだろう。。笑ってはいるんだけど、、、。

|

« 「覇王別姫」@DVD | トップページ | 高校生のための実践劇作入門 »

コメント

おめでとうさんどす。暮れからこっち、連日徹夜組でごわす。<どこぞの人じゃ…。
おはようさん。(っていうんでしょ?京都)<違うか…。
いいな~。お芝居づけ。映画づけ。読書づけ。
悠さんも「ぼー」っとできないタチですか…。自分も、だめです。つい、いろいろ思考が飛んでしまうのです。ブンレツ?
DVDをひとりで見ていて、笑ってる…って、端から見たら、ちょっと不気味かも(汗)。いいんじゃないですか、声立てて笑わなくても…、と言いつつ、自分は、大笑いしていることもあったりします。(爆)

投稿: あかん隊 | 2006.01.03 06:30

■あかん隊さん、おめでとうさん。
連夜徹夜、ひゃ~、お体お気をつけて下さい。

いえね、「東京の客は笑わない」なんて書いたもんで、DVD観てるときに声出して笑わないのに似てるかなって思ったもんで。

投稿: 悠 | 2006.01.03 08:18

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

読書もしたい、映画も見たいと思いながら
今は写真一筋
写真のために目を使う作業を控えて
PCはこれからのデジタルの時代のために
と言い訳して
悠さんのぶつぶつくさを読んで
ついて行けへん事が多いけど
それなりに賢くなったつもりで行きましょう。

投稿: かと | 2006.01.03 11:07

■かとさん、おめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。
かとさん、写真とPCなんですね。わたしも、PCとは、ずっと、お付き合いがつずきそうです(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.01.03 20:56

あけおめことよろ‥でございます。
コロコロ屋でございます(笑)。

「天保」蜷川版は大河、新感線版は金曜時代劇、っていうキャスティングな気がします。
ただ、ワタクシ的には、「吉原」の誠さんが上川くんで、三世次が堤くんのがしっくりくるような。
新感線のDVDって、副音声やおまけ映像、隠しボタン等など、ひと箱で何度も美味しい!ってのがツボですよね。
「天保」買おうかどーしよか考え中~♪

投稿: そよ | 2006.01.05 13:26

■おめでとうさんです>元祖コロコロ屋さん、そよさん。
もう、なんちゅう会話してんねん、きみらは、ちゅう楽しいものでしたよ、DVD@副音声は(笑)

投稿: 悠 | 2006.01.05 20:51

悠さん、すっかりご無沙汰しております。
突然ですが、HNを「ゆっこ」に変えました。
前のは長くて入力がメンドーなうえ、昨年末はさんざんだったので、
気分を切り替えるためにも、この際、新年に「かこつけて」ってコトで(笑)。
大幅に出遅れましたけど、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

私の昨年の芝居納めは「12人の優しい日本人」でした。
そして、今年の芝居初めは野田地図の「贋作・罪と罰」です。
8日に見るので、記事をUPできるようガンバリます。

投稿: ゆっこ(旧snowflower_001) | 2006.01.07 03:58

■ゆっこさん、おめでとうございます。
初観劇が、「罪と罰」なんですね、いいな~。また、ぼちぼち、感想、聞かせて下さりませ。
1月、東京へは、会議でいくので、ついでに、お芝居みようと画策してます、おいらの場合、会議が主か、芝居が主かわからないとこがあるんですが(笑)。

投稿: 悠 | 2006.01.07 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/7966772

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます。:

« 「覇王別姫」@DVD | トップページ | 高校生のための実践劇作入門 »