« 「スタンドアップ」 | トップページ | 橋は端っこと端っこをつなぐ、、、 »

2006.01.20

「ボン・ヴォヤージュ」@DVD

女優が舞台を見ているところからはじまり、その女優の映画を見ている元恋人と、その元恋人の新しい恋人。見ている映画の「fin」ってな文字が出て、本体の映画も終わる。

時代は、ナチドイツがフランスを占領し、親独政権@ペタンをができる時代。
原爆を発明したらしい、ユダヤ人教授、イギリスへ逃げようとしている。
女優は、殺人をおかしたが、その罪を元恋人にかぶせ、庇護してくれる大臣の愛人になっている。元恋人は、ナチがパリを占領する間際に脱獄に成功する。

教授は、元恋人は逃げおおせるか?ってなサスペンス喜劇。

この女優にかかわったばかりに、ついつい、不運を招き寄せる、恋人。
自分の魅力を知り、これを利用し、つぎつぎ、男を利用し、生き延びてゆく女優。

思いしろい映画でした。
おかげで、もう一本借りてきた「トニー滝谷」がかすんでしまった^_^;

|

« 「スタンドアップ」 | トップページ | 橋は端っこと端っこをつなぐ、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/8249848

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボン・ヴォヤージュ」@DVD:

« 「スタンドアップ」 | トップページ | 橋は端っこと端っこをつなぐ、、、 »