« 「脳の中の人生」 | トップページ | 国語元年と日本語 »

2006.01.28

「単騎千里を走る」「フライトプラン」「オリバー・ツィスト」

サスペンスものでした(あれ、ちがったっけ)。

「単騎、、、」は、病気の息子に代わって、中国奥地での京劇風「単騎千里を走る」を録画するために、中国にでかかる父@高倉健、演じ手は刑務所にいる、刑務所での録画の許可を取らねばならない、さらに、難題がまっている、、、、、果たして父は、中国にいる間に、録画することができるのか????

「フライト。。。」は、夫を失った飛行機の設計技術師が、娘とともに、飛行機に乗る。娘は、後ろのシートで眠る、母が眠っている間に、娘がいなくなる、娘を訪ねるが、誰も、娘が飛行機に乗ったことを証言してくれない、スチュワーデスすら。夫を失った妻は、夫の死でナーバスになっている。。。スチュワーデスから、機長に「娘さんは、夫とともに亡くなっている」という報告される。果たして、娘は、いるのか、いないのか?

まー義経主従が安宅の関を越えられるかどうかっていうサスペンスものなんだけど。
「単騎」は、父が、仏心をだして、演じ手に、もう「単騎」を録画しなくていい、ってあたりで、緊張が切れた。

「フライト」は機内に娘がいるってところで、緊張がきれた(ここから、別のサスペンスがはじまるんだけども^_^;)

義経主従が安宅の関を抜けてから「安宅」@能、「勧進帳」@歌舞伎は、富樫が酒をもって、義経主従を追っかけてきて、弁慶に酒をのますのだけど、サスペンスの緊張はきれない、弁慶の富樫は、まだ追いかけてきているのではないかという、疑心が続いているから。

サスペンスで、緊張がきれるとねぇ(単騎は、サスペンスちゃういうてますやろ!)。

「オリバー」マルクスが「資本論」で書いてる、イギリス初期資本主義前の時代の有様ってあんなのだったんだって、感想が簡単になってます。3本みちゃいけません、反省。

|

« 「脳の中の人生」 | トップページ | 国語元年と日本語 »

コメント

こんばんは。こっそり、やってきました(笑)。
まだまだ、修羅場が続きます。

悠さん、3本もいっぺんに観てしまったんですか? これはたいへんでしたね。
「単騎…」は、観たいと思ってますが、他の2本は、観ないかもしれません。

『ホテル・ルワンダ』が、観たいな、と思ってますが、なかなか…。
そうそう、『博士の愛した数式』、これは観ます。<しかし、いつ行けるだろう。

本、届きましたか? たくさんの本を在庫しているところへ、申し訳ないかな、とも思ったのですが、送ってしまいました。ご笑納ください。

投稿: あかん隊 | 2006.01.28 22:57

■こんばんは、あかん隊さん
3本は邪道ですね、池波正太郎も、一日二本みてはいけないってどっかでかかれてました^_^;。
本お送りいただいたんですね、ありがとうございます。楽しみにしてます。仕事場に行かなかったもんでm(__)m。
お体お気をつけ下さいね。

投稿: 悠 | 2006.01.28 23:30

こんにちは♪
3本ハシゴお疲れ様でした。
うふふ、実は私も「博士」「アメノナカノ」「フライト」は同日に見ました。
見る順番が良かったので、それほど飽きませんでしたよ。
真ん中に見たものが一番印象が薄くなるかなぁ?
でもやっぱりせいぜい2本ですよね。
午前中に映画館へ入って、帰るときは夕方っていうのはなんだか不健康な生活のような気がします(笑)

投稿: ミチ | 2006.01.30 00:38

■ミチさん、こんにちは。
3本はちとねぇ、って、歌舞伎なんかは、2場あって、能会も、能ー狂言ー能なんてのがあるから、3本もいいんですけどね(笑)。

投稿: 悠 | 2006.01.30 13:26

オリバー雑感
うーんとね、子供が悲惨だし、オリバーが殺されそうなことを密告する少女も(その後殺される)、また、オリバーのスリ仲間も。そして、子供を使ってスリ団を組織してる大人も、少女を殺す大人も、そうしか生きられないよねって感じだし。子供らが腹すかすかしてる救貧院の運営員の大人の連中、よくあれだけ太った人間あつめられるよね、って配役だし。窃盗団と関わりのある大人も子供が口を割れば、絞首刑だし、貧しさがずっしりくる映画でした。
といまごろ感想が浮かんでます。

投稿: 悠 | 2006.01.30 13:49

悠さん・・こんにちわ\(^o^)/
「単騎千里を走る」村長さんが、「あんた通訳やのに通訳できてへんやん!!」←こんな感じの言葉に笑ってしまいました(笑)
あの通訳(あまり日本語が喋れない)味があってよかったです。。

「フライトプラン」あれはないですよね??(爆)
カイルの機内をバタバタには、引いちゃいました(^_^;)
アラブ人が可哀想でした(T_T)

投稿: はむきち | 2006.02.03 15:15

□はむきちさん、こんばんは。
単騎は、通訳さん、いい加減でしたよね。善意ではありましたが(^^)。
フライトプランは、肩越しにボソッ「子供みんかったで〜」とみんなでささやくってのあれば(爆)。

投稿: 悠 | 2006.02.03 18:20

単騎・・・は、サスペンスじゃないんですけど、
イーモウ監督が、健さんをイジる気がないんだ・・・
というのがわかった段階で、緊張感が切れてしまいました。
まあ、佳作だとは思いましたが。

投稿: RIN | 2006.02.12 00:14

■わんしゃんはお♪ RINさん。
やっぱり緊張がきれましたか(^^ゞ。
息子との対立が、直接息子とまみえずして終わってしまう、解消してしまう、ってのが、よくなかったかな、私(T_T)。

投稿: 悠 | 2006.02.12 00:42

こんにちは♪
「単騎、千里を走る」観てきました。
健さんのナレーションが説明してしまうので、サスペンス感をかんじなかったわたしです。

「安宅」は未だ観たことないんですが、「勧進帳」は何回もあります。
酒をガブガブ飲んでる場合じゃないだろ、早くこの場を去ってくれ〜、といつもドキドキしてしまいます。
そうですね、これはサスペンスですね。

投稿: いわい | 2006.02.16 00:21

■いわいさん、こんばんは。
「単騎」はやくビデオ録画して、はやく息子のとこへかえんなきゃって思いで観てましたので(^^ゞ。
「能」をとって「歌舞伎」にしたもの@松羽目物は、「歌舞伎」の方がテンポがいい(つうか能は退屈なんですけど)、安宅はテンポがいいです。

投稿: 悠 | 2006.02.16 00:38

悠さん・・こんばんわ!!
昨日「オリバーツイスト」を観てきました!!
う~ん・・何なんでしょう(^_^;)
オリバー君の努力なしで、幸せになる感じ・・微妙やなぁ(^_^;)
この映画を観ながら、この時代のイギリスはこんなんやってんなぁ・・とは思い遠い目になっちゃいました(笑)

悠さん・・もうすぐ「大人計画」イープラスで先行予約をやるみたいですね!!

投稿: はむきち | 2006.02.19 19:03

■はむきちさん、こんばんは。
ねぇ、あこがれてたイギリスも、むかしはあんなもんなんですね。児童働かすのありーの、児童虐待ありーの、「衛生」なんて言葉なし~の世界。
はーい、e+チェックします。
はむきちさん、ハゲレット、大阪でやりますよ。チケット売出しは2・25日で~す。

投稿: 悠 | 2006.02.19 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/8384898

この記事へのトラックバック一覧です: 「単騎千里を走る」「フライトプラン」「オリバー・ツィスト」:

» 映画「単騎、千里を走る。」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「単騎、千里を走る。」★★★★☆ ストーリー: 長年の間絶縁状態だった息子が病に倒れ、余命わずかだと知った父親の高田(高倉健)は、息子のやり残した仕事を代わりに完成させようと、単身中国に旅立つ。 私が映画を見始めた頃、高倉健はすでに大スターで、不可侵の存在だった。「自分は不器用ですから」という言葉で有名な彼は寡黙で辺鄙な場所が似合う男ナンバーワンかもしれない。この映画での「高田さん」という役はそれを満たしてい�... [続きを読む]

受信: 2006.01.30 00:32

» 映画「フライトプラン」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「フライトプラン」★★★ 先行上映にて鑑賞。 ストーリー:事故死した夫の亡骸を乗せた飛行機に、娘のジュリアとともに乗り込んだカイル(ジョディ・フォスター)。その機内で、突如として娘の姿が見えなくなる。必死で探すカイルだが、誰一人として娘の行方を知る者はいなかった。 うーーん、少しは期待して見に行ったのだけど、ちょっと期待外れだったかもしれない。突然娘を奪われ、周囲の人たちは誰もその存在さえ見... [続きを読む]

受信: 2006.01.30 00:33

» 映画「オリバー・ツイスト」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「オリバー・ツイスト」★★★☆ ロマン・ポランスキーがディケンズの名作を映画化。「アカデミー賞」だの「感動大作」だのおすぎの絶賛だの、あまり耳に入れないようにしていたのだけど・・・。 原作を知らないので、オリバーを次々と襲う運命から目が離せない。これでもかこれでもかと苦難に遭う彼をハラハラしながら見守らなくてはいけない。しかし、救貧院にいようとスリの集団にいようと、オリバー(バ�... [続きを読む]

受信: 2006.01.30 00:34

» 『フライトプラン』 [京の昼寝〜♪]
高度一万メートルの密室、ひとりの少女・・・。容疑者=425名の乗客。それは、史上最悪の飛行計画(フライトプラン)。 ■監督 ロベルト・シュヴェンケ■脚本 ビリー・レイ■キャスト ジョディ・フォスター、ショーン・ビーン、ピーター・サースガード、エリカ・クリステンセン、マーリーン・ローストン□オフィシャルサイト  『フライトプラン』 夫が事故死し、悲しみに打ちひしがれた航空機設計士�... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 20:53

» 『オリバー・ツイスト』  [京の昼寝〜♪]
涙のあと、幸せはやってくる。 ■監督 ロマン・ポランスキー■脚本 ロナルド・ハーウッド■キャスト ベン・キングスレー、バーニー・クラーク、ハリー・イーデン、ジェイミー・フォアマン□オフィシャルサイト  『オリバー・ツイスト』   19世紀のイギリス。 救貧院に連れて来られた、オリバー・ツイスト(バーニー・クラーク)は、粗末な食事に腹をすかせた孤児を代表し�... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 22:48

» 映画館「フライトプラン」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
飛行機の中で消えた娘、、、探す母親~! 「パニックルーム」といい、ジョディ・フォスターは娘を守る母親役が多いですねぇ。今度は、息子を守る役なんてどうでしょうか? 前半は、予告編で見たそのままでした。どうして?なんで?娘はいなくなっちゃったの??テロリ...... [続きを読む]

受信: 2006.02.03 05:20

» フライトプラン [はむきちのいろいろ日記]
愛する夫を突然の事故で亡くし深い悲しみに暮れる航空機設計士のカイル。彼女は夫の遺体を引き取り、6歳の娘ジュリアと共に最新型のジャンボジェット機で帰国の途上にあった。ところが、飛行中の機内でジュリアが忽然と姿を消してしまう。 [続きを読む]

受信: 2006.02.03 15:16

» 「フライトプラン」 [ANQ Ritzberry Fields]
 公開初日から「フライトプラン」を見てきた。ジョディ=フォスター主演作品を劇場で見るのは「コンタクト」「パニックルーム」に続いて3回目。やたら映画見まくってる訳でもない私だが、どうやら結構、ジョディファンらしい。以前、友人から、「ジョディファンだろ」と「....... [続きを読む]

受信: 2006.02.03 20:41

» 【劇場鑑賞9】フライトプラン(FLIGHTPLAN) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
彼女は、航空機設計士。そして、一人の母。 高度一万メートル上空で、幼い娘が失踪した・・・。 高度一万メートルの密室、一人の少女・・・ 容疑者=善乗客425名。 それは、史上最悪の飛行計画(フラトプラン) そのとき、最新鋭の旅客機は、史上最...... [続きを読む]

受信: 2006.02.04 00:54

» 名子役が高倉健を食う「単騎、千里を走る。」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 「紅いコーリャン」(87年)以来、チャン・イーモウ(張芸謀)監督にひかれ続けてきた僕にとって彼の最新作「単騎、千里を走る。」は観なくてはならない映画だった。それにしても、予告編の出来が悪かった。どうにも暗く、広がりのないストーリーに思えた。しかし、実際....... [続きを読む]

受信: 2006.02.09 16:07

» 疑問点ナシ・・・単騎、千里を走る [凛大姐&小姐的極楽日記!]
前評判では、「幸せ三部作」還りしている・・・という噂だったので、 千手観音チャン・イーモウ監督、イーポウからイーモウに戻ったのかな? と偵察に行くことに・・・。{/arrow_r/}   ワケわかんない方はコチラをどぞ   観ての感想・・・。 「幸せ三部作」とも、ちょっと違う気がしますねー。 基本的に、チャン・イーモウって、商業的な計算をしっかりしつつ、 自分のやりたいこ... [続きを読む]

受信: 2006.02.11 23:52

» 『単騎、千里を走る』 [狐の穴にて]
高倉健が主演を演じる、チャン・イーモウ(張芸謀)監督作品。高倉健といえば、不器用で無口。そんな健さんのイメージを活かしつつ、健さんはいろいろと挑戦させられている。チャン監督は、健さんのことをとても好き... [続きを読む]

受信: 2006.02.16 00:20

« 「脳の中の人生」 | トップページ | 国語元年と日本語 »