« 「プライドと偏見」 | トップページ | 「ボン・ヴォヤージュ」@DVD »

2006.01.15

「スタンドアップ」

うーん、アメリカの民主主義は、この極東の小島とは、格がちがいますな、「ドッグウィルドッグヴィル」と言い、この映画と言い。

さえない弁護士、元アイスホッケーの選手が、法廷で証人を挑発する言葉が、おもしろい。

「セクシャルハラスメント」を「性的迫害」って訳していたけど、「セクハラ」で通じるようになってるのに。昔って30年くらい前、禁煙権って言葉が出てきたとき、国鉄の課長が、「禁煙の車両をもうけるということは、煙草をすう人の権利を侵害するのでは。、。。。」なんてコメントしてた(「嫌煙権」@岩波文庫)。日本で、「禁煙権」が定着するまで、アメリカでこの権利が確立されてから20年はかかってる。

嫌煙権もアメリカで、訴訟が起こって認められたものだ。アメリカで確立された権利が、日本へ輸入されるまでの時間が短縮されている。セクハラも訳が定着しない間に、権利が定着したんだろうな。

法廷劇でもある。訴訟を最後にささえてくれるのは、仲間である。

|

« 「プライドと偏見」 | トップページ | 「ボン・ヴォヤージュ」@DVD »

コメント

震えが止まらない映画でした。。
悠さんと同じく「ドッグウィル」を思いだしちゃいました。。
ほんま小さな町って格が違いますね。。
あの最後の裁判のシーンは本当に胸が痛いかったです。。
女として一番辛い話ですもんね。。

投稿: はむきち | 2006.01.16 14:04

■はむきちさん、こんばんは。
やはり「ドッグウィル」おもいだすでしょ。
でも、こういう映画つくれるっては、アメリカっていいですよね。日本でつくってみてくれないっすよね(T_T)。
嫌煙権も、セクハラも日本に入ってきたとき、みんな冷笑してました。「煙草のけむりかけたろうか」(>かけるな)「好きな男やったらええのんか」(>お前がいややねん)って受け止め方でしたもん。

投稿: 悠 | 2006.01.16 23:14

こんにちは♪
あ、私も「ドッグヴィル」思い出しましたよ!
女性として本当に震えるほど屈辱感がありました。
セクハラしたりするような男性はだいいちこういう映画は見に来ないですよね。

投稿: ミチ | 2006.01.20 15:44

■ミチさん、こんばんは。
あ、「ドッグヴィル」でした。
あれもむごかったですね。でも、こういう映画作れる国ってのは、底力があるんですよねって、思います。
でも、最近、邦画も大人の鑑賞にたえる映画は目白押しだし、TVではじまった「時効警察」「神様はサイコロを振らない」とか、うれしいです(っても時効警察1話見逃しましたので、本日は録画します(^^ゞ)

投稿: 悠 | 2006.01.20 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/8177863

この記事へのトラックバック一覧です: 「スタンドアップ」:

» スタンドアップ [はむきちのいろいろ日記]
全米で最初にセクシャルハラスメント訴訟に勝った実在の女性をモデルに映画化した感動ドラマ。2人の子どもを持つシングルマザーが、鉱山労働者として“男の職場”で悪質な嫌がらせに苦しみながらも、ついには勇気を持って立ち上がる姿を描く。主演は「モンスター」でアカデミー主演女優賞に輝いたシャーリーズ・セロン... [続きを読む]

受信: 2006.01.16 14:05

» スタンド アップ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
「モンスター」で美貌以外のところでも十分に勝負できる女優であることを証明して見せたシャーリーズ・セロンの主演作です。 夫の暴力に耐えかねて離婚し、故郷の北ミネソタに帰ってきたジョージー(シャーリーズ・セロン)は、連れてきた2人の子どもとの生活のため、給料の高... [続きを読む]

受信: 2006.01.19 14:26

» 大切なものを守るために立ち上がった女性◆『スタンドアップ』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
1月16日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 暴力の耐えない夫のもとから、二人の子供を連れて実家へ向かって飛び出したジョージー(シャーリーズ・セロン)。しかし、実家の父親は彼女を暖かく迎えてはくれなかった。早く自分の家を手に入れ、子供たちと三人の暮らしをしたいと...... [続きを読む]

受信: 2006.01.19 22:52

» 映画「スタンドアップ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「スタンドアップ」★★★★★ ストーリー: 離婚して故郷の北ミネソタに帰って来たジョージー(シャーリズ・セロン)は2人の子供を抱え給料の高い鉄鉱山で働くことを決心する。しかし、その職場には想像を絶するような男性社員からの嫌がらせが待ち受けていた。 厳しいミネソタの冬の映像、すべてが大型で圧倒される鉱山の映像。そして裁判シーンをはさみながら実話に基づく“女性鉱山労働者”のストーリーが始まる。 夫のDV�... [続きを読む]

受信: 2006.01.20 15:40

» 「スタンドアップ」〜シャーリーズ・セロンの魅力再認識 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 映画好きの人には笑われると思うが、僕は「サイダーハウス・ルール」(1999年、ラッセ・ハルストレム監督)でのシャーリーズ・セロン(30)しか知らない。当時、正統派のアメリカ美人女優が現れたな、と思ったものだ。その後、「モンスター」という作品で、13キロ....... [続きを読む]

受信: 2006.01.26 16:40

« 「プライドと偏見」 | トップページ | 「ボン・ヴォヤージュ」@DVD »