« 「THE有頂天ホテル」 | トップページ | 「スタンドアップ」 »

2006.01.14

「プライドと偏見」

高慢ちきだと思っていた男、実は、恋する女の偏見だった、ってお話(短い要約ですいません)。

これは、ぜひ、結婚する前に見ておきなさい~~!って映画です。

男が、告白するまえに、リハーサルを行う場面。
ダンス(まー、お見合いパーティですな。笑。)で、どんな会話をするか。
どのようにほめるか(これを自慢するやつもでてきて、笑わせてくれます)。
これには、お芝居みたり、映画みたりするのが役立ちます(笑)。

でも、女性が、ふさわしい男性にあうのって、偶然だし、しかも、女性から男性に告白ってのがない時代だから、結婚って大変だったんだろうな。

お金持ちだったら、もうそれだけでいいというアメリカの薄っぺらい文化と、イギリスの文化は格がちがいますな~(もう、金持ちに伴う、教養ってのが必要なんです、音楽、絵、読書、、美術館みたいなお家には、圧倒されました(T_T))。
(これから、こういう社会になっていくんじゃないかな、日本。教養資産の高低で、人の価値がきます、ともでもいう社会)。

ってのと、人がうじゃうじゃでてくるのは、アジア映画の特色だと思ってたけど、おいらの偏見で、この映画も、人が密集する場面がおおいです。ただ し、土地をたがやすなんて、できそうもない自然(「嵐が丘」ってこういうのが舞台なんですね。って、本読んだことないんですが、そんな自然がでてきます。)

台詞は、結構、笑えるものが多かった。さすがユーモアの国ですね

|

« 「THE有頂天ホテル」 | トップページ | 「スタンドアップ」 »

コメント

>悠さま
とみです。
ワタクシも本日拝見しました。
一時英国映画と英国風アメリカ映画にはまりました。懐かしいです。
ユーガッメールでも,最高におもしろい小説と主人公が言及していましたし,期待のあまり映画館に走りました。
何と言ってもドナルド・サザランドさんです。

投稿: とみ | 2006.01.14 21:02

こんにちは♪
悠さんと全く同じ2本をハシゴしたんですね~。
今日の2本は大満足です。
本当はあと1本見たかったけど、主婦ですので(笑)あきらめました。
また後日ハシゴしよう~っと。
こういうのを見ると、風景や歴史などアメリカと違うな~~って思ってしまいます。

投稿: ミチ | 2006.01.14 21:30

■とみさん、こんばんは。
英国映画、英国風映画って、質が高いですよね。フランス映画もそうですけど(って、ごめんなさい>アメリカ映画)。
娘がお父さんの額にキスするとき、娘の小顔さ認識しました(笑)。

投稿: 悠 | 2006.01.14 22:00

■ミチさん、こんばんは。
アメリカとその他の国って、貴族がいるかいないかって差がありますよね。って、風土と背景のお話なのに、無理やり違いをこじつけてます、私(笑)。
映画で、キーラ・ナイトレイが、羽根をふっと吹くと、火がふっと風に吹かれる場面に変わる、ってな、場面展開すきなんですよ。光の使い方もうまい映画でした。音楽も(ってこちらは、よく、わからないのですが)

投稿: 悠 | 2006.01.14 22:04

悠さん、もうご覧になって、いいなー、いいなー!
私も早く見たいです。
この作品、ホントに大好きなんですよ。

マーク・トウェインは「意地の悪いジェーン・オースティン」と言って、彼女を嫌ってたらしいですけど、
私は彼女のその鋭い風刺とリアルな人物描写がお気に入りなんです。
ミーハー母と妹たち、レディ・キャサリン、ビングリー姉妹、従兄弟の牧師を見ていると
ああ~こういう人たち、今でもいるよなぁと思います(笑)。

投稿: ゆっこ | 2006.01.15 02:04

■ゆっこさん、おはよう。
>ミーハー母と妹たち、レディ・キャサリン、ビングリー姉妹、従兄弟の牧師
妹たちというか、姉妹に圧倒されました。女性ばかりの姉妹ってのがうらやましいですね。私は、男ばっかりの兄弟なもんで、会話がもたない(笑)。

投稿: 悠 | 2006.01.15 08:59

悠さん、TBとコメントをありがとうございました!
私もTBさせていただきたいんですけど
なぜか反映されない。(>_<)
ココログさんとgooって、相性悪いのかしら??
結婚の「カオとカネの法則」が、ここでもしっかり機能してましたよね(笑)。
200年以上前の話なのに、今と変わらぬ要素がてんこ盛りで、
人間の考えてること、とくに男女の問題って、
いつの世も大して変わらないだなぁ~なんて思いました(笑)。

投稿: ゆっこ | 2006.07.02 23:17

■ゆっこさん、こんにちは。
すみませぬ。TBつかないときがあるんですよねm(_ _)m丁寧なレビュー読ませていただきました。
男女の問題って、いつも、そうかわるわけはないんですよね。って、イギリスは大人の国だと、感心してますけど。

投稿: 悠 | 2006.07.03 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/8157300

この記事へのトラックバック一覧です: 「プライドと偏見」:

» プライドと偏見 [風知草]
プライドと偏見 PRIDE PREJUDICE監督: ジョー・ライト出演: キー [続きを読む]

受信: 2006.01.14 21:04

» 映画「プライドと偏見」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「プライドと偏見」★★★★☆ 原作である「自負と偏見」(オースティン著)が大好き。 18世紀末のイギリスの上流階級では女性に財産相続権が無かったということを、まず頭に入れておかねばならない。だから、その時代、女性にとって“結婚”は人生のすべてだった。 ベネット家には5人姉妹がいて、母親はなんとか娘たちにいい嫁ぎ先を探そうと躍起になっている。隣に大金持ちが引っ越してくれば娘たちを売り込みに行き、軍隊が駐屯すれば将校... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 21:28

» プライドと偏見 [Alice in Wonderland]
本日ラストはキーラ・ナイトレイ主演の映画です。昔の女性役がすごく似合ってたな。 フランス革命の余波が押し寄せる18世紀末の英国。片田舎に住む5人姉妹のベネット家の隣に、大金持ちの貴公子ビングリー(サイモン・ウッズ)が越してくる。ベネット家の長女ジェーン...... [続きを読む]

受信: 2006.01.16 14:33

» プライドと偏見 PRIDE & PREJUDICE [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド マシュー・マクファディン主演 ジェーン・オースティン原作の映画化 18 世紀後半のイングランドのハートフォードシャーに ベネット家があります その時代は階級による支配関係がまだはっきりしていました ベネット家は一応使用人を使える身分なのですが いたって質素な暮らし 世話好きでおしゃべりな母親と 紳士風ですがあまり稼ぎの無い父親 それと5人の娘達 家系を継ぐ男子はいなく夫が亡くなると 家と財産は 遠縁で神父のコリンズ氏が受け継ぐ事になります 母親は... [続きを読む]

受信: 2006.01.17 01:05

» 「プライドと偏見」ただひとつの恋 [soramove]
「プライドと偏見」★★★★ キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン主演 ジョー・ライト監督、2005年イギリス 18世紀末のイギリス、 階級社会が鮮明で 堅苦しい挨拶や言葉 そんな枠の中でも 生き生きと人物が描かれた秀作。 かんたんに男女が言葉...... [続きを読む]

受信: 2006.02.09 07:51

» プライドと偏見 [風知草]
プライドと偏見 PRIDE PREJUDICE監督: ジョー・ライト出演: キー [続きを読む]

受信: 2006.03.05 13:25

« 「THE有頂天ホテル」 | トップページ | 「スタンドアップ」 »