« 主人公の不在~① | トップページ | 悠亭日常 »

2006.02.26

革命の不在~②

「革命はバカのやることだ」
父、母、ゼリグ、妹の前で父はいう。父は、自分の意見をもたなかったのに、収容所で「びろびろ」説に固執して制裁を受けていたが、「でろでろ」説に変更した翌日死ぬ。
「労働者M」の感想の続き。

革命がなくなってしまうと、収容所の中は、監視するものと監視されるものは入れ替わり可能だ。事務所の中も、自殺志願者と、自殺志願者の電話を受けるものが入れ替わり可能だ、ただし、収容所の所長は不在、事務所の所長も不在だ。

え、これって、今生きている、おいらたちの日常と、おなじじゃん(すいません、つい、お江戸にいくと、お江戸言葉になっちゃってます)。

事務所でくりかえされる「4つのタイ」=「認められたい、役に立ちたい、すてきに生きたい」(あれ、もうひとつなんだっけ、忘れてます(T_T))。が支配するのは同じじゃん。

ここで繰り広げられるナンセンスな笑い。
「動物園を解放するのではなく、植物園を解放すればよかった」
土星人(死んでるのか、生きてるのかわからない)をさして「朝鮮人参」。「これを焼いておいしそうなにおいがしたとき、食べちゃわないかと心配になるんだ」
「私が、今、二度観したのわかった?、ちゃんとリアクションしてね」。

でてくる俳優は、収容所、事務所、どちらにもでてきます。パンフでは、俳優さんの名前は、ロシア文字で記載されています。堤さん、市民運動の指導者役でもあるんだけど、あっけらかんとして、バカっぽい役。この芝居にぴったし。キョン2は、収容所では、黒皮のコートに身を包んで、エロスがにおい立つ感じ。田中哲司さんは、「城」のボッーとしたイメージかな。秋山さんは、精神科医、かっこいいな~。スズキさんのギャグが、なんともすてきでした。

|

« 主人公の不在~① | トップページ | 悠亭日常 »

コメント

こんばんは♪
4つめの「タイ」は、結局出てこなかったと記憶しています。
二度目に「二度観した」タイミングには、やられました。
秋山さん、素敵ですよね。いつみても、しびれます。

投稿: いわい | 2006.02.26 22:37

悠さーん、すっかりご無沙汰しております。(*^。^*)
芝居を見て、寝台列車でお帰りでしたかぁ。
なんか、よく眠れなかったそうで、お疲れ様でございました。

さてさて、感想を拝見しました。
私はケラさんの芝居って、あまり相性が良くないようで、去年の『カメレオンズ・リップ』はダメダメだったんですが
今回の舞台はなかなか面白かったようですね。
何より、キャストが個性的でいいですよねぇ。
秋山さんは、私も大好きな女優さんの一人です。

投稿: ゆっこ | 2006.02.26 23:46

■いわいさん、おはよう。
「タイ」でてきませんでしたか^_^;。てっきり聞き逃したのかと。秋山さんの舞台の隅でのトイレ場面、結構ドキッとしました(笑)。

投稿: 悠 | 2006.02.27 08:06

■ゆっこさん、おはよう。
ケラさん、だいぶ前、木村佳乃がでてた、あっ、竹中直人の会に書かれたものは、つまんなくて、途中で、帰ろうと思ったくらいでした。なんか、相性がありますね。
(こっちの体調によるときもあるんですが)。
キャストがねぇ、すごかったですね。

投稿: 悠 | 2006.02.27 08:10

悠さん・・こんにちわ!!
労働者M面白かったですよね!!
この「でろ~り~んと・・」とか
松尾さんの土星人とのお喋り最高ですよね。。
「あなたが喋れたらなぁ・・」「せまてここだけでも意味がわかれば・・」とか最高でした\(^o^)/

モリィちゃ~~ん!!も大好きです

せっかく二度観上手く出来たのにな~(爆)

投稿: はむきち | 2006.02.27 13:44

■はむきちさん、こんにちは。
みんな喜劇役者じゃ、うまかったですね。
関西の吉本のわらいとはちがうぞってかんじでしたけど(爆)。

投稿: 悠 | 2006.02.27 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/8840883

この記事へのトラックバック一覧です: 革命の不在~②:

« 主人公の不在~① | トップページ | 悠亭日常 »