« 幽霊はここにいる | トップページ | おお、カミュ »

2006.02.18

幽霊~その2

これってハイナー・ミュ-ラー版の「抑えばとまるアルトゥロ・ウイの興隆」みたいなもんですね。ブレヒトの脚本をもとにミューラー演出する、これがちょっと別物になってる、そんなもんですね。だって、これが俳優座で演られてしても、楽器+歌ってのはないですもん(^^ゞ。

それと、舞台は簡素化されててドアとかないんですが、ドアをあけるとき、開ける人が「がらがら」閉めるときも「ぴしゃり」。これって狂言のしぐさですよね。

他にも、笑うとことか等などに、狂言様式というか、古典の様式がでてました。
スタニスラフスキーの演技様式とだいぶちがってます、現在でも、俳優座では、串田版はできないですよね(だって、楽器できたり、歌ったりは、うまくなさそう(^^ゞ
吉本で、これやってもいいんではないか(^^ゞ。

|

« 幽霊はここにいる | トップページ | おお、カミュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/8712352

この記事へのトラックバック一覧です: 幽霊~その2:

« 幽霊はここにいる | トップページ | おお、カミュ »