« 県庁の星@ショートショート | トップページ | 読書日記2006-3-5 »

2006.03.05

夫婦犯罪

たよりない夫婦が,夫の異母妹の家にやっかいになっている。異母兄弟の父は政治家。妹の母は亡くなっている。夫は、版画家。棟方志功の贋作つくりをしたいたこともある。
(夫=春風亭昇太@「タイガー&ドラゴン」、妻=片桐はいり 若い女=辺見えみりの三人芝居)

妻=この家は、もともと、夫の父が金出してたてたものじゃない、妹さえいなきゃ、夫のアトリエをつくって思う存分、夫に版画に専念さすことができる。
妹=あのやさしい、兄が、がさつな妻のせいで、堕落している、兄にはちゃんと版画家の道を歩んでほしい。
夫=芸術家としての才能はない、しかし、かたぎの仕事もできそうにない。。。。。。
誰かが、誰かを殺してもおかしくない状況。妻は、妹が、自分の食事に毒をいれてるのではないかと疑ったりしてる。

万引きしてつかまった妻が帰ってきたときの会話
妹=信じられない、万引きがはじめてじゃないなんて
妻=いえ、捕まったのははじめてで
夫=もう、つかまるようなことはするな
妻=はい、もう、ヘマはしないわ
妹=おにいちゃん、そんなんでいいの!
ってな笑いがちりばめられてます。
どっちかつーと、片桐はいりの胸借りてる、辺見に春風亭。

台本は「子供騙し」(緒形拳、笹井英介、、)「缶詰」(角野卓造@渡る世間は、、のラーメンやの亭主)の水谷龍二。一応地元であったのだけど、どちらかというと、不便な土地でした(^^))。

|

« 県庁の星@ショートショート | トップページ | 読書日記2006-3-5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/8951324

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦犯罪:

« 県庁の星@ショートショート | トップページ | 読書日記2006-3-5 »