« 南への思いはあつい、、、、 | トップページ | 悠亭日常2006-4-21② »

2006.04.21

悠亭日常2006-4-21

今日は、ほぼ仕事なし。読書日。

■編集グループSURE刊 セミナーシリーズ《鶴見俊輔を囲んで》 
☆第1巻 「論語を今読む」井波律子(中国文学者)
桑原武夫(フランス文学者)が「論語」を書くときにチュウーターをしていた当時の大学院生井波さんが講師。
孔子って、諸氏百家の前の人で、小集団のなかで、弟子と対話しながら、全国をさすろう孔子の姿~健こやかな~が浮かんでくる。井波説で、論語の解釈が違うのは、論語が詩みたいなもんだから、イメージが広がるからではないか、とのこと。

☆第2巻「欲動を考える」作田啓一(社会学者)は、よくわかんなかった^_^;。

■「日本という国」(小熊英二 理論社2006-3-30)
若手の学者だけど、でる単行本は分厚いので、気にはなってたけど、これは、190ページ程度で、このシリーズ「中学生以上すべての人のよりみちパン!セ」ってあるくらいだから読みやすそうってんで買った。

冷戦後、ドイツ、韓国の米軍の駐留が縮小されてるけど、日本では減ってない。
1995、アメリカの国務次官補が、「駐留経費の7割を日本が負担してるから、米国内におくより、日本に駐留するほうがやすあがり」と議会で述べている。
2003年米国務省報告によると、米兵一人あたりの負担費、独 約1万ドル、韓国 約2万ドル、日本 約12万ドル。日本は、よく、中国、韓国にいさましいこといってるけど、アメリカにいさましいこといったことないし、、、ね〜。

|

« 南への思いはあつい、、、、 | トップページ | 悠亭日常2006-4-21② »

コメント

悠さぁん! 「ホテルルワンダ」見てきたよ。誘ってもらったから
あらゆる面で、きっつい映画だったヮ
で、こんな風に映画見ていられる何気ない普通な幸せ感じて帰宅

投稿: bee | 2006.04.22 22:27

■こんにちは、beeさん。
ホテルルワンダ、まだ、みてないんですよ。って、そのうち終わってしまいそうですけど(^^)。
>きつい映画だったワ
やっぱり、そうなんだ。にぶい出足がにぶりそおう(^_^;)

投稿: 悠 | 2006.04.23 12:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/9699727

この記事へのトラックバック一覧です: 悠亭日常2006-4-21:

« 南への思いはあつい、、、、 | トップページ | 悠亭日常2006-4-21② »