« ウルトラ・ダラー | トップページ | キューポラは、木の名前じゃなかった!! »

2006.04.08

木村佳乃は、きれいじゃった。。。

チ、チ、チ♪「おれの心は、トタン屋根、かわらない(瓦ない、変わらない)」チントンシャン♪
映画「寝ずの番」
三味を引く佳乃もきれいでしたが、たって、スカートを上げてるときの顔もきれいでした。

これR-15指定です(^^ゞ三味線が弾けるといいな~(おいら、何回か挫折してるな~、三味線もってるけど、どこへしまっただろう??)

生死は一定、つーか、死は、性、エロス、タナトス、ごちゃにして、日本的に味付けすれば、ってな、ブラックユーモアの映画。
昔、日活の無国籍映画、昔、笛吹童子や破天荒な時代劇映画の後みてたような、わくわく感がよみがえってきて、やっぱり映画はこうじゃなくっちゃ(^^ゞ

笹野高志さんの一人がたりも、中井貴一さんのほら話も、師匠の息子の下手な落語家の岸部一徳が、弟子に、「こらぁ、お前、それは俺の落語が下手や、 言うてんのか」、弟子「それ、それ、ずっと前からゆうてませんでした?」岸部「こらぁ~」ってな、自由な師弟関係での「うちの一門、みてみぃ、みな、落語 へたやで~!!」ってな一門の笑い。

落語「らくだ」のネタを演じたりとか、最後の三味線合戦、、面白いですが、お子様とはいかないように。

|

« ウルトラ・ダラー | トップページ | キューポラは、木の名前じゃなかった!! »

コメント

>悠さま
迷ったのですが,みなさまの映画評を拝見してからということで,終了間近のクラッシュに行ってしまいました。爆笑出来そうですね。

投稿: とみ | 2006.04.08 23:57

■とみさん、こんばんは。
クラッシュ、結局みられませんでした。
本日の京都シネマ、「かもめ食堂」は立ち見席がでてましたし、「寝ず、、」も第一回目は立ち見席がでてました。私のみた回も満席でした(^^ゞ。笑いは、ブラックなのと、ちと、R-15な笑いも入ってるんで、とみさんに、おすすめしていいのか、わかりませぬが(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2006.04.09 00:50

予告編で、結構すごいことになっているな、とは思いました。
まだ、観ていませんが。(^^;)
木村佳乃さん。いろいろなキャラクタに化けることもできるように思います。べたべた感がないので、気に入っています。
時間が許せば、観ようかな、と。

投稿: あかん隊 | 2006.04.09 05:51

■あかん隊さん、おはよう。
この映画、あまりのばかばかしさに卒倒なされませぬよう(笑)はっきりいいまして、なんちゅーますか、B級です、文科省のどこかの財団から映画奨励金というか、補助金というかが出てますが、出していいの?(いいんです。笑。)って怒られぬように(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.04.09 10:09

こんにちは♪
土曜日から公開されたんですね?
私の地元ではまだまだ先です(涙)
とっても楽しみにしております。
津川さんもいろんな番組で宣伝なさっているし、多分私好みのエロスとブラックが満載なのでは?と期待しています。
ジョニデの「リバティーン」にもエロスを期待していたのですが、あれはワイセツでしょうね~。ちょっとパスでした(汗)

投稿: ミチ | 2006.04.09 16:16

■ミチさん、こんばんは。
エロスとブラックユーモアはねぇ、うまく、ぎりぎりでとめてましたね(^^ゞ。
粋な小唄、その下ねたバージョンは、まー神社参りと精進落としがセットになったみたいなもんですかね(笑)

投稿: 悠 | 2006.04.09 21:48

悠さん・・こんばんわです!(^^)!
本当・・木村佳乃さん可愛かったですね~♪
あのスカートを恥ずかしそうにめくるシーンは最高でした!(^^)!
私は笹野高志さんの手のお話大好きです(爆)
岸部さんをみんなでからかうシーンもいい感じでした!!

投稿: はむきち | 2006.04.18 21:29

■はむきちさん、おはよう。
はむきちさんのって
佳乃はんは、「うちは、もっと、ええねんよ」
笹野さんのは、「指輪はずしてくれる?」でしょ。
いずれも、艶笑小咄ですよ(^^ゞ
岸部さんの「DNA」「やかん」の話はちがうけど(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.04.19 08:03

こんにちは~♪
なんだ、一ヶ月も鑑賞が遅れていますよ~(涙)
確かにクスクス笑えたし、ちょっと意味がわかんないのもありましたが(カマトトじゃありません>爆)、あまりにも全編艶っぽい歌と話ばかりだったので、お腹一杯になりました~。
男の人の頭の中ってやっぱり凄すぎます(爆)
マキノ監督は第二作目は何を題材に撮るつもりでしょうか?
勝負どころですね~!

投稿: ミチ | 2006.05.16 14:07

■ミチさん、こんばんは。
艶笑小咄の世界だったでしょ(笑)。
男は、エロイのですわ(^^ゞ。
「川の深さぁ~を竿でぇ~知る、船頭さん、こころをはかる、竿はないかいなぁ~♪」って小唄の世界も、裏に回ると、あーなってます^_^;。

投稿: 悠 | 2006.05.16 19:49

こんにちは。
わたしは、2ヶ月も鑑賞が遅れてます。
ロングランでしたね。
木村佳乃は、色っぽかったです。
三味線の音も良かったです。三味線を弾けるようになりたいなー。

同じパターンが3回続くって、映画にするの難しいんでしょうけれど、ちょっと長く感じてしまいました。

投稿: いわい | 2006.06.26 08:27

■いわいさん、こんにちは。
ちょっと、3回は、しつこいと感じられるとこありましたよね。
三味線、小唄用と、長唄用と、もうひとつなんでしたっけ??ちがうのです、おいらは二つもってたはずなんですけど(ってことは、2回挫折してます)。おいらは、謡と狂言の声の声より、長唄の声、三味線の音に弱いのです、ほんとは。

投稿: 悠 | 2006.06.26 16:40

こんばんは。
三味線。
長唄用と義太夫用は舞台で見てます。バチも違いますよね。小唄用のは、バチで弾かないやつでしょうか?
細棹と太棹だから、後は中棹?

投稿: いわい | 2006.06.26 23:37

■いわいさん、こんにちは。
>細棹と太棹だから、後は中棹?
そうですよね、って、忘れてます。
つまびくのは、小唄だけなんですね。
三味線の稽古は、糸の音を会わせることができなくって(おいらの耳は音痴です、耳だけじゃないですけど(--;)

投稿: 悠 | 2006.06.27 12:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/9492100

この記事へのトラックバック一覧です: 木村佳乃は、きれいじゃった。。。:

» 「寝ずの番」 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
シネスイッチ銀座で昨日公開された「寝ずの番」を見てきました。 俳優の津川雅彦がマキノ雅彦の名で初の監督作品。 津川姓ではんなくなぜマキノ姓なのかというと、 津川雅彦の祖父が日本映画界を築いた、 マキノ省三で、叔父がマキノ雅弘の親族関係にあるからだ。 そして三..... [続きを読む]

受信: 2006.04.09 12:47

» オススメ映 [gozoukan]
オススメ映画  マキノ雅彦監督 「寝ずの番」 [続きを読む]

受信: 2006.04.10 21:14

» “マキノ” [gozoukan]
“マキノ”雅彦、初監督…映画「寝ずの番」で舞台あいさつ [続きを読む]

受信: 2006.04.10 21:16

» 寝ずの番 [映画評論家人生]
動物園前シネフェスタ 伊丹十三監督は「お葬式」でデビューした。伊丹監督が亡くなるまで、すべての映画 [続きを読む]

受信: 2006.04.27 00:03

» ★寝ずの番@シネスイッチ銀座:5/4 GW [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
私のお気に入りの俳優(タレント)は、中井貴一と岸辺一徳と及川光博とジュリーである。 中井貴一は、デビューの時からずっと好きだった。 私は男の人だったら、お育ちの良さそうな雰囲気の人がいいのである。 岸辺一徳は私なりに一言では言い尽くせない理由が色々あって好き..... [続きを読む]

受信: 2006.05.04 22:42

» 映画「寝ずの番」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「寝ずの番」 上方落語会の重鎮・笑満亭橋鶴の臨終〜通夜〜一番弟子の通夜〜妻の通夜にいたる、3つのお通夜で寝ずの番をする故人ゆかりの人々の人間模様を表した喜劇。 故人にまつわる思い出話やエッチなエピソードなどが次から次へと語り明かされ、爆笑したりホロッときたり。内輪話でお酒も入っているためグダグダで、話もあっちへ行ったりこっちへ行ったり取り止めが無く、笑ったと思えばまた泣きが入ったりして、余計にリアルな感じ。お通夜�... [続きを読む]

受信: 2006.05.16 14:03

» 『寝ずの番』 [狐の穴にて]
お父さんお母さんも、子供から「おそ●って、何?」って聞かれたら、困るだろうから、PGでもないのだろうけど、 濡れ場はないのに、R-15!“おそ●”だの“ち●ぽ”だの、いけない単語が目白押し。... [続きを読む]

受信: 2006.06.26 08:25

« ウルトラ・ダラー | トップページ | キューポラは、木の名前じゃなかった!! »